なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

全日本大学駅伝 2017 東海大学が優勝候補!?

   

 
2017年11月5日(日)に
第49回全日本大学駅伝対校選手権大会が
開催されます。
 
 
出場大学は、
 
第48回大会上位6チーム(シード校)
 
・青山学院大学
・早稲田大学
・山梨学院大学
・駒澤大学
・中央学院大学
・東洋大学
 
【各地区代表】
 
・北海道大学(北海道代表)
・東北大学(東北代表)
・神奈川大学(関東代表)
・東海大学(関東代表)
・國學院大学(関東代表)
・大東文化大学(関東代表)
・法政大学(関東代表)
・帝京学院大学(関東代表)
・明治大学(関東代表)
・順天堂大学(関東代表)
・城西大学(関東代表)
・新潟大学(北信越代表)
・愛知工業大学(東海代表)
・皇學館大学(東海代表)
・関西学院大学(関西代表)
・京都産業大学(関西代表)
・立命館大学(関西代表)
・広島経済大学(中国四国代表)
・第一工業大学(九州代表)
 
そして、
・全日本大学選抜
・東海学連選抜を含めた27チームが出場。
 

名古屋 熱田神宮から三重伊勢神宮 8区間の
106.8kmで競います。

 
 
注目は、
先月9日に開催された出雲全日本大学選抜駅伝で
10年ぶり4度目の優勝を果たした東海大学。
 
昨年の全日本大学駅伝では、
7位に終わりシード権を逃した東海大学は、
関東代表として出場しますが、
力のある選手が揃っており
全日本大学駅伝の優勝候補といえるのではないでしょうか。
 
 

ここからは、
全日本大学駅伝 2017で注目の
東海大学について
まとめています。

 

スポンサードリンク





 

全日本大学駅伝 昨年の東海大学は!?

 
昨年、
關颯人選手、鬼塚翔太選手、館澤亨次選手ら
全国高校駅伝で活躍したスーパールーキーの加入で
戦力に厚みを増した東海大学。

上級生を含めたチーム内の競争意識も高まり
その活躍が期待されました。

昨年の出雲駅伝で3区を走った關選手は区間1位の走りを見せ
総合成績3位(2時間11分13秒)。

しかし、
昨年の全日本大学駅伝では
關選手が感染性胃腸炎で欠場、
ベストメンバーを組めず
チームは7位に終わりシード権も逃しました。
(5時間20分55秒)

しかし、
3区(9.5km)を走った館澤亨次選手が積極的な走りで
区間賞を獲得(27分15秒)

今年はベストメンバーで挑めるかが
鍵となりそうです。
 
スポンサードリンク




 

出雲駅伝で優勝した東海大学

 
全日本大学駅伝は、
4大会連続30回目の出場。

先月9日に行われた出雲全日本大学選抜駅伝では、
新調された青のユニフォームで挑んだ東海大学。

優勝候補に挙げられ
そのプレッシャーの中、
2時間11分59秒で
10年ぶり4度目の優勝を果たしました。
 
ちなみに
3連覇を目指した青山学院大学は1分33秒差で2位。
 
 
【出雲駅伝成績】
 
2時間11分59秒
 
關颯人選手ら力のある2年生を5人起用。
 
1区(8km)  阪口竜平 23分16秒(区間賞)
2区(5.8km) 館澤亨次
3区(8.5km) 松尾淳之介
4区(6.2km) 鬼塚翔太 18分12秒(区間賞)
5区(6.4km) 三上嵩斗 19分15秒(区間賞)
6区(10.2km) 關颯人 29分58秒(区間賞)
 
気温27度を超える暑さの中、
スタートから阪口選手が主導権を握り
先頭で2区につなぐと
館澤選手も続きます。

3区では、
順天堂大学の塩尻和也選手ら
他校が実力者を並べており
トップを譲ったものの
5秒差でたすきを受けた4区鬼塚選手が
区間賞の走りで再び首位に。

また、
前回も5区を走った三上選手や
最終区を走ったエース關選手も
区間賞の快走を見せ
見事、
10年ぶりに王座奪還となりました。

 
スポンサードリンク




 

東海大学 登録メンバー

 


川端千都(4年)
生年月日:1995年12月20日
出身校:綾部(京都)
5000m:14分07秒71

國行麗生(4年)
生年月日:1996年1月9日
出身校:つるぎ(徳島)
5000m:13分51秒42

三上嵩斗(3年)
生年月日:1996年12月25日
出身校:岡崎城西(愛知)
5000m:13分47秒26

湊谷春紀(3年)
生年月日:1996年4月25日
出身校:秋田工
5000m:14分26秒56

鬼塚翔太(2年)
生年月日:1997年9月13日
出身校:大牟田(福岡)
5000m:13分38秒58

郡司陽大(2年)
生年月日:1997年4月3日
出身校:那須拓陽(栃木)
5000m:13分57秒89

阪口竜平(2年)
生年月日:1997年4月5日
出身校:洛南(京都)
5000m:13分41秒09

關颯人(2年)
生年月日:1997年4月11日
出身校:佐久長聖(長野)
5000m:13分35秒81

館澤亨次(2年)
生年月日:1997年5月16日
出身校:埼玉栄
5000m:13分51秒89

中島怜利(2年)
生年月日:1997年11月7日
出身校:倉敷(岡山)
5000m:14分12秒72

西川雄一朗(2年)
生年月日:1997年10月10日
出身校:須磨学園(兵庫)
5000m:13分56秒01

松尾淳之介(2年)
生年月日:1997年6月15日
出身校:秋田工
5000m:13分56秒07

塩澤稀夕(1年)
生年月日:1998年12月17日
出身校:伊賀白鳳(三重)
5000m:13分57秒03
 
昨年の全国高校駅伝で1区を走り2位
国体少年A 5000m 4位

 
 
熾烈な優勝争いが予想される
全日本大学駅伝 2017。
 

どの選手が何区でエントリーされるかは、
11月3日に発表されるようです。
 

今年は、
勝負に向けた調整と
体調管理を万全に
昨年の雪辱を誓う東海大学。
 

出雲駅伝のように
ベストメンバーで序盤から勢いにのることができれば
優勝を狙えるのではないでしょうか。

 



 

 - Sports