なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

全国都道府県対抗駅伝2017【女子】優勝候補を予想!

      2017/01/15

 

2017年1月15日(日)、
47都道府県チームが参加して行われる
皇后盃 第35回
全国都道府県対抗女子駅伝。

 

コースは、
京都市右京区の
西京極総合運動公園陸上競技場を
発着点に
左京区の国立京都国際会館前で折り返す
9区間 42.195㎞です。

 

全国都道府県対抗女子駅伝は、
様々な世代の走りを
見ることができるのが魅力ですね。

昨年は、
最終9区で猛追した愛知が
逆転で初優勝を飾り、
2位が兵庫、
3位が群馬でした。

 

今大会の見どころは、
エントリーされた選手の中に、
今夏のリオデジャネイロ五輪代表 4人をはじめ
2020年東京五輪を目指す
女子中距離のトップ選手たちが
顔をそろえているところ。

 

徳島から伊藤舞(大塚製薬)
鹿児島から上原美幸(第一生命)
東京から関根花観(日本郵政グループ)
三重から高見沢安珠(松山大) ら
リオデジャネイロ五輪代表

また、
2015年世界選手権北京大会代表では、
群馬から西原加純(ヤマダ電機)
愛知からは
鷲見梓沙(ユニバーサルエンターテインメント)
岡山からは小原怜(天満屋)が
選出されるなど
注目選手が名を連ねています。

今回は皇后杯・都道府県対抗女子駅伝2017の
優勝候補についてまとめてみました。

 

まず、
区間距離をみてみると
1区 6㎞
2区 4㎞
3区 3㎞(中学生区間)
4区 4㎞
5区 4.1075km
6区 4.0875㎞
7区 4㎞
8区 3㎞(中学生区間)
9区 10㎞

となっています。

 

最終9区が10kmと他の区間に比べて長い距離に
なっているので、
9区に実力のある選手がいれば、
順位は大きく変わってくると思います。

 

あとは高校生選手が3区間は最低でも
走らなくてはいけないので、
高校生選手もかなり重要ですね。

 

となると、
9区を走れる実力選手実力のある高校生選手
いるチームが優勝する確率が高くなります。

 

ここから
勝手に優勝候補を予想してみようと思いますが、
個人的な意見も入っているので、
どこまで核心につけるかは微妙です…

 

スポンサードリンク




優勝候補 本命チームは!?

 

■大阪府

【エントリーリスト(メンバー)】

岡 小百合  26歳(ダイハツ)
松田 瑞生  21歳(ダイハツ)
加賀山恵奈  20歳(立命館大)
前田 梨乃  19歳(豊田自動織機) ふるさと選手
嵯峨山佳菜未 18歳(薫英女学院高)
木下 文音  18歳(薫英女学院高)
髙松智美ムセンビ16歳(薫英女学院高)
竹内ひかり  17歳(薫英女学院高)
中島 紗弥  17歳(薫英女学院高)
村尾 綾香  16歳(薫英女学院高)
田村 麻衣  14歳(浜寺南中)
佐藤 千紘  15歳(取石中)
上野日菜子  15歳(峰塚中)

 

まず、
実業団選手ですが、
まだ、区間エントリーが発表されていないので、
誰が何区を走るかはわかりませんが、
おそらく松田瑞生選手が9区を走るのではないでしょうか。

松田瑞生選手は今回の大会でも注目選手の一人です。

 

そして、
高校生選手ですが、
2016年12月に行われた全国高校女子駅伝で
優勝した薫英女学院高の選手で固めてます。

 

特に、
全国高校女子駅伝で9人抜きし、
優勝に大きく貢献した髙松智美ムセンビ選手は注目です。

今回の大阪府チームは優勝候補の本命と言って
いいと思います。

 

 

■兵庫

【エントリーリスト(メンバー)】

竹地 志帆 26歳(ヤマダ電機) ふるさと選手
福田 有以 21歳(豊田自動織機)ふるさと選手
岩出 玲亜 22歳(ノーリツ)
太田 琴菜 21歳(立命館大)
髙橋 ひな 18歳(西脇工高)
田中 希実 17歳(西脇工高)
後藤  夢 16歳(西脇工高)
太田 麻衣 16歳(須磨学園高)
大西ひかり 16歳(須磨学園高)
樽本 知夏 17歳(須磨学園高)
小林  朝 14歳(赤穂西中)
松尾 瞳子 14歳(加古川山手中)
笹沼 美月 14歳(安室中)

兵庫県も実力のある選手が揃っています。

実業団選手では、
竹地志帆選手はクイーンズ駅伝で1区を任され11位。

また、
福田有以選手はクイーンズ駅伝で1区を任され3位。
岩出玲亜選手はクイーンズ駅伝でエース区間の3区を
任され19位でした。

ずば抜けた選手はいませんが、
安定した力を持った選手が揃っています。

高校生選手も
全国高校駅伝で2位になった西脇工の選手と
西脇工のライバル高校の須磨学園高の選手が
中心です。

高校生選手の実力は全国レベルです。

今回の兵庫県チームも優勝候補の一つと言って
いいと思います。

 

 

■鹿児島県

【エントリーリスト(メンバー)】

上原 美幸 21歳(第一生命) ふるさと選手
池満 綾乃 25歳(鹿児島銀行)
中原 海鈴 22歳(松山大)
髙木 結加 21歳(福岡大)
中島 愛華 18歳(神村学園高)
金丸 清香 17歳(鹿児島女高)
前田 海音 16歳(鹿児島女高)
平田 歩弓 16歳(神村学園高)
原田まつり 16歳(樟南高)
清水 麗奈 17歳(出水中央高)
原田まりん 14歳 (田崎中)
森  楓花 15歳(北指宿中)
塩福 莉音 15歳(隼人中)

 

今回の鹿児島県チームもバランスが良いと思います。

実業団では、
今大会注目の上原美幸選手がいます。
上原美幸選手は2016年リオデジャネイロ五輪で
5000mの日本代表選手です。
10000mも十分走る力があるので
おそらくアンカーでの起用となるのではないでしょうか。

 

高校生選手も
全国高校駅伝で3位だった神村学園高の選手を
中心に実力のある選手が揃っています。

 

今回の鹿児島県チーム、優勝候補の一つと言って
いいと思います。

 

 

■群馬県

【エントリーリスト(メンバー)】

西原 加純  27歳(ヤマダ電機)
石橋 麻衣  27歳(ヤマダ電機)
横瀬 彩也香 25歳(ヤマダ電機)
安藤 実来  24歳(ヤマダ電機)
岡本 春美  18歳(三井住友海上)ふるさと選手
樺沢和佳奈  17歳(常磐高校3年)
飯野 亜美  18歳(常磐高校3年)
坂尻 有花  17歳(常磐高校2年)
林 英麻  16歳(高崎健康福祉大学高崎高2年)
伊井 笑 歩   16歳(前橋育英高校1年)
小林 香 菜   15歳(前橋市立第三中学校3年)
塚越かれん  15歳(太田市立宝泉中3年)
不破聖衣来  13歳(高崎市立大類中学校2年)

 

群馬県チームもバランスが良いですね。

実業団選手では、
クイーンズ駅伝で3位だったヤマダ電機の選手が
中心です。

 

クイーンズ駅伝では、
2区(3.9km)で区間10位だった石橋麻衣選手と
アンカー(6.795km)で区間賞をとった
西原加純選手に期待がかかります。

高校生選手は、
全国高校駅伝で10位だった常磐高校の選手が
中心です。

全国高校駅伝では1区の樺沢和佳奈選手が
いつもの力を発揮できずに出遅れてしまいましたが、
都道府県対抗駅伝では、
ぜひリベンジしてもらいたいです。

 

今回の群馬県チームも優勝候補として
期待できるのではないでしょうか。

 

長野県

【エントリーリスト(メンバー)】

佐々木文華 23歳(第一生命) ふるさと選手
湯澤ほのか 22歳(名城大)
細田 あい 21歳(日本体育大)
玉城かんな 20歳 (名城大)
岡村 未歩 17歳(長野東高)
村上 愛華 18歳(長野東高)
和田 有菜 17歳(長野東高)
松澤 綾音 17歳(長野東高)
高安 結衣 16歳(長野東高)
小林 成美 16歳(長野東高)
高松いずみ 14歳(開田中)
小山 莉那 15歳(菅野中)
小原 茉莉 15歳(赤穂中)

2016年11月に行われた東日本女子駅伝で
長野県チームは優勝しています。

その時のメンバーは

1区 和田有菜(長野東高)
2区 松澤綾音(長野東高)
3区 高安結衣(長野東高)
4区 高松いずみ(開田中)
5区 湯澤ほのか(名城大)
6区 細田あい(日本体育大)
7区 岡村未歩(長野東高)
8区 久保田絢乃(丸子北中)
9区 玉城かんな (名城大)

今回の長野チームは、
東日本女子駅伝で優勝したメンバーが
中心となっています。

長野東高は戦力が充実しています。
全国高校駅伝でも終盤まで優勝争いをしました。

その中でも注目は 和田有菜選手でしょうか。
東日本女子駅伝と全国高校駅伝でも
1区で区間賞をとっています。

長野県チームも優勝候補と言えると
思います。

スポンサードリンク




優勝候補 対抗チームは!?

 

■愛知県

【エントリーリスト(メンバー)】

吉川 侑美 26歳(資生堂) ふるさと選手
鷲見 梓沙 20歳(ユニバーサルエンターテインメント)ふるさと
杉浦穂乃加 19歳(中京大)
山本 彩乃 19歳(小島プレス)
猿見田裕香 17歳(豊川高)
鈴木 純菜 16歳(光ヶ丘女高)
市原 和佳 16歳(千種高)
藤中 佑美 15歳(光ヶ丘女高)
浅田 遥香 15歳(豊川高)
加瀬  花 15歳(豊川高)
浅野 智尋 14歳(岩津中)
野津 里実 15歳 (宮田中)
松原 亜純 15歳(新川中)

 

前回大会で優勝した愛知県ですが、
前回アンカーで快走した鈴木亜由子選手が
今回はメンバーに入っていません。

今回はエースとなるのが、
鷲見梓沙選手です。

 

所属するユニバーサルエンターテイメントの監督、
小出義雄氏が「高橋尚子さんを超える逸材」とまで言っていた
鷲見梓沙選手、
将来的に期待できますね。

しかし、
クイーンズ駅伝ではエース区間の3区を
任されたものの区間13位と本来の力が発揮できません
でした。

 

高校生選手も
全国高校駅伝で愛知代表の豊川高校も7位と
本来の力を発揮できませんでしたが、
各選手が本来の力が発揮できれば、
十分優勝を狙えるかと思います。

 

 

■京都府

【エントリーリスト(メンバー)】

菅野 七虹 22歳(立命館大)
和田優香里 21歳(立命館大)
筒井 咲帆 20歳(ヤマダ電機) ふるさと選手
関  紅葉 20歳(立命館大)
一山 麻緒 19歳(ワコール)
青山友莉菜 18歳 (京都外大西高)
片山 弓華 16歳(立命館宇治高)
長谷川詩乃 17歳(桂高)
又村 菜月 17歳(立命館宇治高)
谷口 真菜 17歳(京都外大西高)
橋本 充央 14歳(大住中)
村松  灯 14歳(樫原中)
小林舞妃留 14歳(桂中)

 

今回、京都府チームには絶対的なエースが
いないような気がします。

しかし、クイーンズ駅伝では、
5区(10km)を任された
筒井咲帆選手が区間2位と健闘。

京都チームは、
筒井選手が
中心選手になると思います。

 

高校生選手も
全国高校駅伝では立命館宇治高が9位でした。

 

総合的に見て
各選手、安定した走りが期待できますが、
優勝するには、
なにか…決め手にかける気がします。
ですが、
そんなチームに限って優勝争いをするもので侮れません。

 

 

■岡山県

【エントリーリスト(メンバー)】

小原 怜  26歳(天満屋)
西脇 舞  23歳(天満屋)
谷本 観月 22歳(天満屋)
岡本 茶貴 21歳(天満屋)
大森 巴菜 18歳(TOTO)ふるさと選手
三宅 紗蘭 17歳(玉野光南高)
青木 未晴 17歳(興譲館高)
金光 由樹 15歳(岡山操山高)
室田 杏子 17歳(興譲館高)
酒井 想  15歳(興譲館高)
山本晏佳吏   14歳(琴浦中)
片山希美香   14歳(高屋中)
市本 桃子 15歳(琴浦中)

 

今回の岡山県メンバーは
実業団選手は充実しています。

クイーンズ駅伝で
1区(7km)を任され区間8位の西脇 舞選手、
2区(3.9km)を任され区間4位の谷本観月選手、
エース区間3区(10km)を任され区間6位の
小原 怜選手など
実力のある選手が揃っています。

あとは高校生選手や中学選手の頑張りによっては
優勝するチャンスはあると思います。

 

 

■福岡県

【エントリーリスト(メンバー)】

木村 友香 22歳(ユニバーサルエンターテインメント)ふるさと
川上さくら 20歳(TOTO)
園田 聖子 22歳(立命館大)
花田 咲絵 17歳(筑紫女学園高)
御﨑  舞 17歳(筑紫女学園高)
林田 美咲 17歳(北九州市立高)
松本 夢佳 16歳(北九州市立高)
藤井菜々子 17歳(北九州市立高)
柴田 佑希 17歳(北九州市立高)
松本 亜子 17歳(大牟田高)
河邊 茉琴 15歳(当仁中)
藤岡 加梨 14歳(浅川中)
大久保穂香   (姪浜中)

 

高校生選手は
全国高校駅伝で4位なった筑紫女学園高の選手と
筑紫女学園高のライバル・北九州市立高の
選手が中心です。

高校生選手は充実していると思います。
実業団選手もユニバーサルエンターテイメントの
木村友香選手はクイーンズ駅伝では2区(3.9km)、
東日本女子駅伝では千葉代表で出場し、
2区(4km)で区間賞をとっています。

序盤でいい流れを作り、
優勝争いに絡みたいところです。

 

 

■東京都

【エントリーリスト(メンバー)】

関根 花観  20歳 (日本郵政グループ)
寺内 希   20歳 (日本郵政グループ)
湯田 向日葵 19歳 (第一生命グループ)
谷萩 史歩  21歳 (大東文化大学)
金杉 侑香  19歳 (日本体育大学)
平賀 奏美  18歳 (順天高3年)
和田 美々里 18歳 (順天高3年)
前田 梅香  16歳 (八王子高2年)
伊東 明日香 17歳 (順天高2年)
持丸 美佐子 18歳 (錦城学園高2年)
橋場 さくら 15歳 (石川中3年)
会田  佳世 15歳 (銀座中3年)
福田  萌心 13歳 (東山中2年)

 

今回の東京都チームは
やはり関根花観選手に注目が集まります。

リオデジャネイロ五輪の10000mの代表選手なので、
今回の都道府県対抗駅伝ではアンカー(10km)を
任されると思います。

いい順位で関根花観選手にタスキを繋げることができれば
面白い展開になりそうです。

 

 

 

■広島県

【エントリーリスト(メンバー)】

安井絵理奈 27歳(エディオン)
田村紀薫  26歳(ユニクロ)ふるさと選手
小吉川志乃舞19歳(ユニバーサルエンターテインメント)ふるさと
向井優香  18歳(世羅高3年)
大西響   17歳(世羅高2年)
中田真優  17歳(世羅高2年)
森長彩理  17歳(世羅高2年)
神笠貴子  16歳(世羅高1年)
平村古都  16歳(世羅高1年)
平岡美帆  16歳(舟入高)
樫原沙紀  15歳(昭和中)
下高美総  13歳(坂中)
鍋島萌花  14歳(大野東中3年)

 

全国高校駅伝では8位に終わった世羅高校ですが、
戦力的には充実していると思います。

大西響選手や1年生コンビの神笠貴子選手、平村古都選手は
これから世羅高校で中心選手になると期待しています。

ただ
優勝候補の対抗として挙げた広島県チームですが、
優勝はちょっと微妙かと思っています。

序盤でいい流れを作り優勝争いに絡みたいところです。

 

 

■千葉県

【エントリーリスト(メンバー)】

松﨑 璃子 24歳(積水化学)
篠塚 麻衣 23歳(ユニバーサルエンターテインメント)
伊澤 菜々花25歳(ユニバーサルエンターテインメント)
上田 未奈 19歳(城西大)
関谷 夏希 19歳(大東文化大)
加世田梨花 17歳(成田高)
笹野 真愛 16歳(成田高)
佐々木瑠衣   16歳(日体大柏高)
端山 絢音 18歳(成田高)
新堂 桃子 16歳(成田高)
風間 歩佳 15歳(旭中)
土井 菜摘 15歳(昭和中)
杉山 明沙 14歳(鎌ケ谷二中)

 

千葉県チームは
松﨑璃子選手がアンカーを任されると思いますが、
クイーンズ駅伝でもいい成績でしたし
期待が持てます。

 

高校生選手も
全国高校駅伝で5位だった成田高校の選手が中心に
選ばれています。

 

各選手が本来の力を発揮すれば、
優勝を狙えるかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

勝手に優勝候補をまとめてみましたが、
今回挙げてないチームも上位進出する
可能性は十分あります。

 

選手のコンディション次第で順位が変わるので
当たり前の話ですが…
実際に走ってみなければわかりません。

 

今月15日に行われる全国都道府県対抗女子駅伝。

選手のみなさんのコンディションで
かなり順位が変わってきますから、
体調管理に気を付けて
大会に挑んでいただきたいところですが…

天気予報では、今季最強寒波とか…言っていましたね。

 

どの選手も

どうか、万全のコンディションでケガのないように…

応援しています。
 

スポンサードリンク





 
今月22日は、
広島全国都道府県対抗男子駅伝ですね。

 
関連記事

広島全国都道府県対抗男子駅伝 2017 エントリー(メンバー)リスト

 
関連記事

広島 全国都道府県対抗男子駅伝 2017 注目選手

 
 
関連記事
【皇后杯】全国都道府県対抗女子駅伝 2017 エントリー(メンバー)リスト

 
関連記事

全国都道府県対抗駅伝2017【女子】注目選手は!?

 

 - Sports