なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

全国都道府県対抗駅伝2017年 【男子 優勝候補】群馬県と予想 !

      2017/01/22

 
【記事投稿日】2017年1月10日
 
【最終更新日】2017年1月22日

 
結果はコチラ

広島都道府県対抗男子駅伝 結果 順位と区間賞! 2区と6区で区間新記録も!

 

 

2017年1月22日(日)に
広島で開催される
天皇杯
第22回全国都道府県対抗駅伝徒競走大会。

47都道府県から選ばれた
各世代のトップランナーが
広島県の2つの世界遺産を結ぶコースで、
ふるさとの誇りを胸に
たすきをつなぎます。

 

 

日時

 

2017年1月22日(日)
午後12時30分 スタート

 

コース

 

平和記念公園前 発着
7区間 48.0㎞

 

1区 7.0㎞  高校生

2区 3.0㎞  中学生

3区 8.5㎞  社会人・大学生

4区 5.0㎞  高校生

5区 8.5㎞  高校生

6区 3.0㎞  中学生

7区 13.0㎞  社会人・大学生

 

チームは、
社会人や大学生の一般と、
高校生、中学生で構成。

いろんな世代の走りを
見ることができるのが
ひろしま男子駅伝の最大の魅力ですね。

今回は、
ひろしま男子駅伝 2017
優勝候補を勝手に予想してみました。

 
スポンサードリンク





 

都道府県 総合予想順

 

まずは、
出走予測選手の記録をもとに算出された
都道府県ランキングから
総合予想順を見てみると…

1位 長野
2位 群馬
3位 東京
4位 静岡
5位 栃木
6位 千葉
7位 愛知
8位 広島

 

社会人・大学生の一般の順位は…

 

1位 千葉
2位 埼玉
3位 愛知
4位 広島
5位 静岡
6位 東京
7位 長野
8位 鹿児島

 

 

高校生の順位は…

 

1位 長野
2位 群馬
3位 兵庫
4位 栃木
5位 東京
6位 岡山
6位 熊本
8位   宮崎

 

 

中学生の順位は…

 

1位 愛知
2位 長崎
3位 静岡
4位 埼玉
5位 千葉
5位 栃木
7位 群馬
8位 岩手

 

 

昨年の入賞チームは…

 

1位 愛知
2位 広島
3位 埼玉
4位 静岡
5位 長野
6位 福島
7位 群馬
8位 福岡

 

スポンサードリンク





 

優勝候補 群馬県

 

今回、
広島で行われる
都道府県対抗男子駅伝。
 
優勝候補はどこかな…と考えてみたところ、
 
・長野県
・群馬県
・愛知県

 
この3つを予想。
 
今回は、
群馬県の戦力分析をしてみました。
 
関連記事

全国都道府県対抗駅伝2017年 【男子 優勝候補】長野県と予想 ! 關颯人に注目!!

 
関連記事

全国都道府県対抗駅伝2017年 【男子 優勝候補】愛知 服部凱杏、馬場勇一郎がハイレベル!神野大地の走りにも期待!

 

 
【メンバー】

戸田雅稀   23歳(日清食品グループ)ふるさと
塩尻和也   20歳(順天堂大学2年)
横川巧    18歳(中央学院大学1年)
西山和弥   18歳(東京農業大学第二高3年)
高橋光晃   18歳(藤岡中央高3年)
日野原智也18歳(伊勢崎商業高3年)
千明龍之佑16歳(東京農業大学第二高2年)
伊井修司   14歳(富士見中3年)
北村光    15歳(桐生川内中3年)
新井颯人   15歳(前橋富士見中3年)

 

 

【区間予想】

1区   7.0㎞ 高校生 西山和弥
2区   3.0㎞ 中学生 伊井修二
3区   8.5㎞ 大学生 塩尻和也
4区   5.0㎞ 高校生 高橋光晃
5区   8.5㎞ 高校生 千秋龍之佑
6区   3.0㎞ 中学生 新井颯人
7区 13.0㎞ 社会人 戸田雅稀

 

 

【群馬 戦力分析】
 
過去最高の3位を目指す
群馬は、
平均年齢 17.5歳と若いが、
穴のない布陣。
 
社会人・大学生、高校生、中学生と、
バランスも良く
優勝候補の一つではないでしょうか。

 

群馬の注目選手は、
リオデジャネイロ五輪
男子3000メートル障害日本代表の
塩尻和也選手(順大)
 
残念ながら
リオ五輪では、
見せ場を作れず
予選落ちしてしまいましたが、
帰国後、
最初のレースとなった
9月の日本インカレでは、
3000メートル障害で2連覇を達成。
 
そして、
今年の箱根駅伝では、
花の2区で区間5位の力走。
 
順大は、
1区で15位と沈みましたが、
2区を任されたエース塩尻選手が
8人抜きで、
流れを変えました。
 
そして、
ふるさと選手として
群馬からエントリーした
戸田雅稀選手(日清食品グループ)も
頼もしい存在。
 
群馬県 安中市で生まれ育った
戸田選手、
東京農大では、
3、4年時と、箱根駅伝を含め
3大駅伝に出場することはなかったが、
実業団入りを機に頭角を現し
日本選手権1500メートル1位に。
 
そして、
元旦恒例の全日本実業団駅伝では、
1区(12.3㎞)で区間1位(35分15秒)と好走、
流れを作りましたね。
 
また、
5000メートル13分54秒16の記録を持つ
東京農大二高西山和弥選手
高校生も充実しています。
 
全国中学駅伝4区 区間1位の
富士見中 新井颯人選手ら中学生の走りにも期待です。

 
 
関連記事

広島全国都道府県対抗男子駅伝 2017 エントリー(メンバー)リスト

 

関連記事

広島 全国都道府県対抗男子駅伝 2017 注目選手

 

スポンサードリンク




 


 
 

 - Sports