なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

全国都道府県対抗駅伝2017年 【男子 優勝候補】長野県と予想 ! 關颯人に注目!!

      2017/01/22

 
【記事投稿日】2017年1月10日
 
【最終更新日】2017年1月22日

 
結果はコチラ

広島都道府県対抗男子駅伝 結果 順位と区間賞! 2区と6区で区間新記録も!

 

 

2017年1月22日(日)に
広島で開催される
天皇杯
第22回全国都道府県対抗駅伝徒競走大会。

 

47都道府県から選ばれた
各世代のトップランナーが
広島県の2つの世界遺産を結ぶコースで、
ふるさとの誇りを胸に
たすきをつなぎます。

 

 

日時

 

2017年1月22日(日)
午後12時30分 スタート

コース

 

平和記念公園前 発着
7区間 48.0㎞

1区 7.0㎞  高校生

2区 3.0㎞  中学生

3区 8.5㎞  社会人・大学生

4区 5.0㎞  高校生

5区 8.5㎞  高校生

6区 3.0㎞  中学生

7区 13.0㎞  社会人・大学生

 

チームは、
社会人や大学生の一般と、
高校生、中学生で構成。

いろんな世代の走りを
見ることができるのが
ひろしま男子駅伝の最大の魅力ですね。

今回は、
ひろしま男子駅伝 2017
優勝候補を勝手に予想してみました。

 

スポンサードリンク




 

都道府県 総合予想順

 

まずは、
出走予測選手の記録をもとに算出された
都道府県ランキングから
総合予想順を見てみると…

1位 長野
2位 群馬
3位 東京
4位 静岡
5位 栃木
6位 千葉
7位 愛知
8位 広島

 

 

社会人・大学生の一般の順位は…

 

1位 千葉
2位 埼玉
3位 愛知
4位 広島
5位 静岡
6位 東京
7位 長野
8位 鹿児島

 

 

高校生の順位は…

 

1位 長野
2位 群馬
3位 兵庫
4位 栃木
5位 東京
6位 岡山
6位 熊本
8位   宮崎

 

 

中学生の順位は…

 

1位 愛知
2位 長崎
3位 静岡
4位 埼玉
5位 千葉
5位 栃木
7位 群馬
8位 岩手

 

 

昨年の入賞チームは…

 

1位 愛知
2位 広島
3位 埼玉
4位 静岡
5位 長野
6位 福島
7位 群馬
8位 福岡

 

スポンサードリンク




 

優勝候補 長野県

 
今回、
広島で行われる
都道府県対抗男子駅伝。
 

優勝候補はどこかな…と考えてみたところ、
 
・長野県
・群馬県
・愛知県
 
この3つを予想。
 
今回は、
長野県の戦力分析をしてみました。
 

関連記事

全国都道府県対抗駅伝2017年 【男子 優勝候補】群馬県と予想 !

 

関連記事

全国都道府県対抗駅伝2017年 【男子 優勝候補】愛知 服部凱杏、馬場勇一郎がハイレベル!神野大地の走りにも期待!

 
 
【メンバー】

上野裕一郎 31歳(DeNA)ふるさと選手
10000m 28分10秒77

關颯人   19歳(東海大)
10000m 28分48秒63

春日千速  21歳(東海大)
10000m 29分48秒69

名取燎太  18歳(佐久長聖高3年)
5000m 13分52秒61

中谷雄飛  17歳(佐久長聖高2年)
5000m 13分54秒65

本間敬大  16歳(佐久長聖高2年)
5000m 14分09秒87

松崎咲人  16歳(佐久長聖高1年)
5000m 14分11秒48

木村暁仁  15歳(女鳥羽中)
3000m 8分33秒87

石川晃大  15歳(墨坂中)
3000m 8分52秒50

眞田稜生  15歳(上田四中)
3000m 8分57秒41

 

 

【区間予想】

1区   7.0㎞ 高校生 中谷雄飛
2区   3.0㎞ 中学生 木村暁人
3区   8.5㎞ 大学生 關颯人
4区   5.0㎞ 高校生 本間敬大
5区   8.5㎞ 高校生 名取千速
6区   3.0㎞ 中学生 石川晃大
7区 13.0㎞ 社会人 上野裕一郎

 

【長野 戦力分析】

長野県は、
高校生、社会人・大学生と、
実力のある選手が顔を揃えていますから
優勝候補といえるのではないでしょうか。

まず、
1区、4区、5区を任される
高校生の走りは重要になってきます。

長野の高校生は、
5000メートルの平均タイムで
トップだった佐久長聖高で
固めています。

そういえば、
社会人・大学生の
上野選手、關選手、春日選手も
佐久長聖高出身ですね。

さて、
全国高校駅伝では、
8年ぶりの優勝を狙っていた
佐久長聖高ですが、
1位の倉敷(岡山)に
42秒差つけられ2位に…

ただ、
1区の名取選手が
区間賞の走りを見せると、
3区までは首位をキープ、
残念ながら、
4区で遅れたものの
2区(3㎞)で1年の松崎選手が
区間1位を獲得するなど
活躍していました。

そして、
優勝するため
決め手となるのが
社会人・大学生が走る
3区と7区。

今回、
長野の7区は、
上野選手が、
3区は關選手が走ると
予想されています。

上野選手といえば、
高校時代、
第8回(2003年)
全国都道府県対抗男子駅伝の
5区(8.5㎞)で17人抜きの快走を見せ
区間新記録を樹立、
2004年も5区を走り区間新記録の走りを見せ
長野県優勝に大きく貢献。

DeNAに所属してからは、
第19回(2014年)全国都道府県対抗男子駅伝
3区で区間賞の走りを見せ
長野県優勝に貢献しました。

そして、
元旦恒例の
全国実業団対抗駅伝
(ニューイヤー駅伝)では、
2016年3区 区間賞を獲得、
今年も3区を走り、
区間2位の好走を見せました。

 

 

長野で期待されているのが
3区を任されるであろう
東海大のスーパールーキー
關颯人選手です。

關選手といえば、
佐久長聖高時代、
全国高校駅伝の1区で
区間賞を取りましたが、
東海大に進んでからも活躍、
将来のエースへ名乗りを上げています。

關選手は、
日本学生個人選手権5000mを制し、
U20世界選手権10000mでは9位。

出雲駅伝では3区を走り
区間賞を獲得しましたが、
全日本駅伝は感染性胃腸炎のため欠場、
初の箱根駅伝では、
花の2区を走りましたが、
区間13位に終わりました。

ひろしま男子駅伝では、
どのような走りを見せてくれるでしょうか。

 
【追記】
3区は、
關選手ではなく、
春日千速選手が走るようですね。

 
スポンサードリンク




 
関連記事

広島全国都道府県対抗男子駅伝 2017 エントリー(メンバー)リスト

 
関連記事

広島 全国都道府県対抗男子駅伝 2017 注目選手

 
 

 

 - Sports