全国都道府県対抗男子駅伝 2019 展望と優勝候補を予想!

      2019/01/18

 
2019年1月20日(日)に広島で開催される天皇盃 第24回全国都道府県対抗男子駅伝(ひろしま男子駅伝)。

前回は、優勝候補というプレッシャーの中、見事 埼玉が3年ぶり2度目の優勝を飾りました。

埼玉は、6区区間賞の中学生 篠木珠良選手(吉川南中)が力走。
最終7区では、日本長距離界のエース 設楽悠太選手(ホンダ)が実力と存在感を見せました。

2連覇を狙った長野は2位で、千葉は過去最高の3位。
また、山口が6位で12年ぶりの入賞を、神奈川は7位で悲願の初入賞を果たしました。
 
先日、第24回全国都道府県対抗男子駅伝のエントリーが発表されましたが、47都道府県から各10人 計470人がエントリー。
社会人と大学生の一般が3、高校生4、中学生3で構成。
出身の中学や高校の所在地から出場できる「ふるさと選手」は31人。
 
各都道府県の注目選手を見てみると、前回覇者の埼玉からは、元日の全日本実業団対抗駅伝を欠場したマラソンの前日本記録保持者 設楽悠太選手(ホンダ)がエントリー。
昨年12月の福岡国際マラソンで優勝した服部勇馬選手(トヨタ自動車)は愛知からエントリーされました。
 
東京箱根間往復大学駅伝で初優勝を果たした東海大からは、8区の区間記録を22年ぶりに更新し最優秀選手に選ばれた小松陽平選手が北海道から、館澤亨次選手は神奈川でそれぞれエントリー。
惜しくも5連覇を逃した青学大からは3区区間賞の森田歩希選手が茨城から、2年生ながら9区で区間賞を獲得した吉田圭太選手は広島からエントリー。
 
アジア大会3000メートル障害銅メダルの塩尻和也選手(順大)は群馬からエントリーしています。
 
高校生は、昨年の全国高校駅伝を制した岡山 倉敷高から八木志樹選手ら4人がエントリー。
2位の世羅高(広島)からは梶山林太郎主将ら3人が入っています。
 
埼玉からは、同駅伝1区 区間賞の白鳥哲汰選手(埼玉栄)が出場。
青森からは田澤廉選手(青森山田)、熊本からは井川龍人選手(九州学院)ら全国トップランナーもエントリー。
 
中学生は、昨年の全国中学駅伝で初優勝に貢献した村尾雄己選手(桂)や、3000メートル1位の記録を持つ佐藤圭汰選手(蜂ケ丘)など京都勢が強力。
 
今回のひろしま男子駅伝、優勝するチームはどこでしょうか。
 

ここからは、第24回 全国都道府県対抗男子駅伝の注目選手や、展望と優勝候補を歴代優勝チームや前大会の成績、エントリーメンバーの記録をもとに算出された都道府県ランキングからから予想してみました。

 


スポンサーリンク

歴代優勝チーム

 
まずは、歴代優勝チームを見ていきます。

【歴代優勝チームとタイム】

第1回 (1996年) 広島 2時間17分34秒
第2回 (1997年) 京都 2時間16分36秒
第3回 (1998年) 福岡 2時間18分15秒
第4回 (1999年) 兵庫 2時間16分50秒
第5回 (2000年) 鹿児島2時間19分52秒
第6回 (2001年) 愛知 2時間20分7秒
第7回 (2002年) 福岡 2時間19分54秒
第8回 (2003年) 福岡 2時間19分6秒
第9回 (2004年) 長野 2時間20分8秒
第10回 (2005年) 長野 2時間20分2秒
第11回 (2006年) 長野 2時間20分23秒
第12回 (2007年) 兵庫 2時間19分40秒
第13回 (2008年) 長野 2時間21分6秒
第14回 (2009年) 長野 2時間18分43秒
第15回 (2010年) 兵庫 2時間20分2秒
第16回 (2011年) 栃木 2時間19分31秒
第17回 (2012年) 兵庫 2時間20分19秒
第18回 (2013年) 兵庫 2時間19分51秒
第19回 (2014年) 長野 2時間19分20秒
第20回 (2015年) 埼玉 2時間19分14秒
第21回 (2016年) 愛知 2時間20分12秒
第22回 (2017年) 長野 2時間19分9秒
第23回 (2018年) 埼玉 2時間19分10秒
 
※第4回までは47キロ、第5回以降は48キロ
 


スポンサーリンク


 

前回大会の成績 上位10位

続いて前回大会の成績 上位10位を見てみます。

【前回大会 総合成績 上位10位まで】

①埼玉  2時間19分10秒
②長野  2時間19分56秒
③千葉  2時間20分34秒
④福岡  2時間20分55秒
⑤群馬  2時間20分59秒
⑥山口  2時間21分1秒
⑦神奈川 2時間21分9秒
⑧茨城  2時間21分24秒
⑨福島  2時間21分25秒
⑩東京  2時間21分51秒
 
1区10位で発進した埼玉は、初出場を果たした3区 牟田祐樹選手(日立物流)が粘りの走りで6位をキープ。
4区 宮坂大器選手(埼玉栄)が順位を4つ押しあげ2位に浮上。
5区終了時は首位 長野と45秒差の5位でしたが、6区の中学生 篠木珠良選手(吉川南中)が区間1位の力走で13秒差の4位に浮上。
アンカー設楽悠太選手(ホンダ)が区間賞の力走で3人を抜きトップに立ち、優勝のゴールテープを切りました。
 
長野は、7区で逆転を許し連覇を逃してしまいましたが、佐久長聖高の4区 本間敬大選手と5区 中谷雄飛選手が区間賞の走りを見せました。


スポンサーリンク


 

前回大会 区間1位記録

続いて前回大会 区間1位を見ていきます。

【前回大会 区間1位記録】

1区(7km)
井川龍人(熊本 九州学院高)

2区(3km)
石田洸介(福岡 浅川中)

3区(8.5km)
田村和希(山口 青学大)

4区(5km)
本間敬大(長野 佐久長聖高)

5区(8.5km)
中谷雄飛(長野 佐久長聖高)

6区(3km)
篠木珠良(埼玉 吉川南中)

7区(13km)
設楽悠太(埼玉 ホンダ)
 

1区では、熊本の井川選手が唯一の19分台で首位発進。

2区は、福岡の石田選手が15人抜きで区間記録更新。

3区では、田村選手の好走で山口が3位に浮上。

4区は長野の本間選手が2年連続区間賞獲得。

5区では、長野の中谷選手が区間賞の力走で首位に浮上。

6区で埼玉の篠木選手が見事な走りで首位長野との差を縮める。

7区では埼玉の設楽選手が序盤で首位に立ち逆転優勝。
 


スポンサーリンク


 

都道府県 総合予想

 
前回は埼玉、一昨年は長野が優勝。
最近2大会で優勝したチームは事前のデータ通りでした!
今回も事前に発表された総合予想データは気になりますね。

ここからは、出走予測選手の記録をもとに算出された都道府県ランキングから総合予想順位とタイム、一般(社会人・大学生)の順位、高校生の順位、中学生の順位を見ていきます。
 

◆ 都道府県 総合予想・タイム

 
1位 福島 2時間15分57秒 
2位 広島 2時間16分8秒
3位 群馬 2時間16分51秒
4位 山口 2時間16分53秒
4位 長崎 2時間16分53秒 
6位 埼玉 2時間17分2秒
7位 茨城 2時間17分13秒
8位 京都 2時間17分19秒
9位 鹿児島2時間17分21秒
10位 愛知 2時間17分22秒

 

◆ 一般(社会人・大学生)順位

1位 福島
2位 広島
3位 埼玉
4位 東京
5位 山口
6位 栃木
6位 和歌山
8位 群馬
9位 静岡
10位 長崎
 
社会人は12月の福岡国際マラソンで2時間7分27秒をマーク、日本勢14年ぶりの優勝を飾った服部勇馬選手(愛知 トヨタ自動車)や2017年の福岡国際マラソンで2時間10分1秒をマークした竹ノ内佳樹選手(大阪 NTT西日本)が7区を走る予定。
昨夏の北海道マラソンを制した岡本直己選手(鳥取 中国電力)は3区で出場予定。前人未到の通算100人抜きまであと5人!今大会で100人抜き達成なるか、注目です。
前回の埼玉優勝の立役者で、2時間6分11秒の前日本記録を持つ設楽悠太選手(Honda)は、年末の高熱の影響で出場が微妙いわれています。
体調も良くなって練習はしているようですが、東京マラソンは欠場とのことで、ひろしま男子駅伝も欠場が濃厚のようですね。
 
つづいて、大学生ランナーですが、箱根駅伝総合初制覇した東海大だけにとどまらず、5連覇は阻まれたが復路優勝の青学大、2年連続往路優勝の東洋大や、五輪経験者らを軸に学生トップ級が勢ぞろい。
 

【大学生1万メートル自己記録】

①塩尻和也(群馬 順大)   27分47秒87
②阿部弘輝(福島 明大)   27分56秒45
③鬼塚翔太(福岡 東海大)  28分17秒52
④相澤 晃(福島 東洋大)  28分17秒81
⑤山藤篤司(愛知 神奈川大) 28分25秒27
⑥永山博基(鹿児島 早大)  28分25秒85
⑦吉田圭太(広島 青学大)  28分27秒40
⑧橋詰大慧(和歌山 青学大) 28分28秒08
⑨伊藤達彦(静岡 東京国際大)28分28秒62
⑩永戸 聖(岩手 山梨学院大)28分30秒59
 
塩尻選手は、2016年リオデジャネイロ五輪の3000メートル障害に出場、1万メートルでは現役学生最速の27分47秒87を記録。
今年の箱根駅伝でも各校のエースが顔をそろえる”花の2区”を走り日本人最高の2位。
阿部選手は今季の1万メートルで学生最速の27分56秒45を記録。

また、2年生ながら、今季の全駅伝で区間賞を獲得した吉田選手は地元広島でも活躍が期待されています。

このほか箱根1区区間賞の東洋大2年 西山和弥選手(群馬)や、兵庫からエントリーした中大4年堀尾謙介選手らもスピードは十分。

ルーキーでは、長野からエントリーした早大の中谷雄飛選手や、宮城からエントリーした帝京大の遠藤大地選手もトップ級の実力。
 
 

◆ 高校生 順位

1位 長崎
2位 茨城
2位 広島
4位 福島
5位 山口
6位 静岡
6位 長野
6位 宮城
9位 京都
10位 群馬
 
高校生は、5000メートル 14分台前半の有力選手がそろっています。
しかし、11年ぶりに5000メートル13秒台のランナーが現れず本命不在。
 

【高校生今季5000メートルランキング】

①田澤廉(青森 青森山田)  14分0秒27
②菖蒲敦司(山口 西京)   14分3秒15
③児玉真輝(神奈川 鎌倉学園)14分3秒21
④児玉悠輔(宮城 東北)   14分3秒42
⑤井川龍人(熊本 九州学院) 14分4秒21
⑥三浦龍司(京都 洛南)   14分4秒50
⑦白鳥哲汰(埼玉 埼玉栄)  14分5秒35
⑧中西大翔(石川 金沢龍谷) 14分5秒72
⑨花尾恭輔(長崎 鎮西学院) 14分5秒87
⑩櫛田佳希(福島 学法石川) 14分6秒07

トップの田澤選手は2年生だった昨季に13分53秒61をマークしていますが、今季は故障や不調でタイムが伸びず、前回1区区間賞の井川選手も左足痛の影響もあり、全国高校駅伝では1区4位に終わりました。
今回の高校生区間は、エース級が集う1区(7キロ)を中心に混戦が予想されます。
 
 

◆ 中学生 順位

1位 京都
2位 群馬
3位 鹿児島
4位 長野
5位 栃木
6位 愛知
6位 岡山
8位 茨城
9位 福島
10位 広島
 
中学生は全国中学校駅伝で優勝した桂をはじめ京都に力のある選手がそろっています。
ただ、最近2大会は3000メートル8分10秒台の超中学級の選手が現れ区間新記録が誕生しましたが、今季の3000メートルで8分30秒を切ったのは2人だけ。
 

【中学生今季3000メートルランキング】

①佐藤圭汰(京都 蜂ケ岡)  8分27秒39
②吉居駿恭(愛知 田原東部) 8分29秒64
③溜池一太(滋賀 野洲北)  8分33秒23
④藤宮歩(福島 大槻)    8分33秒96
⑤堀口花道(群馬 甘楽)   8分34秒55
⑥須山向陽(鹿児島 田崎)  8分36秒21
⑦村尾雄己(京都 桂)    8分36秒60
⑧大津勇人(茨城 東海)   8分36秒82
⑨山下結(奈良 富雄南)   8分38秒14
⑩滝沢愛弥(栃木 藤原)   8分38秒24

今季の3000メートルで8分30秒を切ったのは、京都の佐藤選手と、愛知の吉居選手ですが、8月に行われた全国中学校大会で優勝したのは福島の藤宮選手。

また、全国中学校駅伝を制した桂の村尾選手は、4区(3キロ)で9分3秒の区間新をマーク、京都府中学駅伝では1区で佐藤選手を破っています。

このほか、全国中学校駅伝でエース級が集う1区で区間賞を獲得した群馬の塩原匠選手(中之条)も有力候補。

中学生区間の2区と6区では混戦が予想されます。
 

 


スポンサーリンク


 

展望・優勝候補を予想

出走予測選手の記録をもとに算出された都道府県ランキングからみて、今回の全国都道府県男子駅伝の優勝候補は、社会人から中学生まで力のある選手がそろう福島広島群馬と予想。

中学、高校、一般のバランスがとれた福島は、東京箱根間往復大学駅伝で4区区間を塗り替える快走を見せ、東洋大の往路優勝に貢献した相澤晃選手が軸。
序盤でよい流れに乗り、上位で相澤選手につなぐことができれば初優勝も見えてきます。

第1回大会以来となる優勝に向け期待がかかる広島は盤石の布陣。
中国電力の主力 藤川拓也選手や、成長著しい青学大 吉田圭太選手、高校生は昨年の全国高校駅伝2位の世羅高の梶原林太郎選手ら実力のある選手がそろっています。
1、2区で好発進なるか、期待がかかります。

群馬は、前回同様に塩尻和也選手や西山和弥選手ら有力大学生がけん引。
全国中学駅伝1区 区間賞の塩原匠ら中学生も充実しており、悲願の初優勝を狙います。
 


スポンサーリンク


 

優勝候補 戦力分析

ここからは、優勝候補にあげた有力チーム 福島、広島、群馬の戦力分析をしていきます。

 

福島

【福島県 エントリーリスト・記録】

阿部弘輝 21歳 明治大3年
10000m 27分56秒45

相澤晃  21歳 東洋大3年
10000m 28分17秒81

半澤黎斗 19歳 早稲田大1年
10000m 29分25秒05

櫛田佳希 18歳 学法石川高3年
5000m 14分06秒07

横田俊吾 18歳 学法石川高3年
5000m 14分16秒40

小指卓也 18歳 学法石川高3年
5000m 14分9秒37

松山和希 17歳 学法石川高2年
5000m 14分19秒16

藤宮歩  15歳 大槻中3年
3000m 8分33秒96

圓谷吏生 15歳 浅川中3年
3000m 8分53秒24

宍戸結紀 15歳 東和中3年
3000m 8分55秒35

 

【区間予想】

1区 櫛田佳希
2区 藤宮歩
3区 阿部弘輝
4区 小指卓也
5区 横田俊吾
6区 圓谷吏生
7区 相澤晃

 

【戦力分析】

一般から中学生まで全体的にバランスの良い布陣。

一般は、学法石川高の同期 明大3年の阿部弘輝選手と東洋大3年 相澤晃選手ら実力者が並びます。

阿部弘輝選手は、今季1万メートルで日本人学生 唯一の28分を切る27分56秒45を記録。
全日本大学駅伝2区 2位、箱根駅伝3区 2位。

相澤晃選手は、出雲駅伝1区 2位、全日本大学駅伝8区で区間賞獲得。
今年の箱根駅伝では4区で区間新記録の快走を見せ、2年連続7度目の東洋大往路優勝に大きく貢献しました。

高校生は、昨年の全国高校駅伝3位の学法石川から4人がエントリー。
全国高校駅伝では、10位スタートだった学法石川ですが、徐々に順位を上げ3位。
2区(3km)を走った小指卓也選手は区間賞を獲得(8分12秒)。
4区(8.0875km)を走った横田俊吾選手は区間2位(23分11秒)

中学生は全日本中学陸上 3000m優勝(8分33秒96)の藤宮歩選手が2区を走る予定。

悲願の初優勝なるか注目です。


スポンサーリンク


 

広島

【広島県 エントリーリスト・記録】

北魁道   26歳 中国電力
10000m 28分56秒23

藤川拓也  26歳 中国電力
10000m 27分58秒87

吉田圭太  20歳 青学大2年
10000m 28分27秒40

梶山林太郎 17歳 世羅高3年
5000m 14分06秒99

伊豫田達弥 18歳 舟入高3年
5000m 14分06秒98

中野翔太  17歳 世羅高2年
5000m 14分14秒03

倉本玄太  17歳 世羅高2年
5000m 14分08秒39

小江幸人  15歳 高屋中3年
3000m 8分41秒50

塩出翔太  15歳 栗原中3年
3000m 8分47秒13

吉川響   15歳 栗原中3年
3000m 8分55秒58

 

【区間予想】

1区 梶山林太郎
2区 小江幸人
3区 吉田圭太
4区 倉本玄太
5区 中野翔太
6区 塩出翔太
7区 藤川拓也

 

【戦力分析】

広島は、前回まで9年連続でエントリーしていた鎧坂哲哉選手(旭化成)が海外遠征のためエントリーされていませんが、一般と高校生に有力な選手が並んでいます。

一般は、別大マラソン6位、全日本実業団駅伝3区5位の藤川拓也選手が最終7区を走る予定。

中国電力の主力 藤川選手。
全日本実業団駅伝で中国電力は、2区終了時32位と出遅れましたが3区の藤川選手から区間上位でつなぎ9位に。
残念ながら、わずか数センチの差で入賞を逃してしまいましたが、藤川選手は12人抜きの快走で区間5位と奮闘。

青学大2年の吉田圭太選手はひろしま男子駅伝では初めて一般区間3区で出場予定。
出雲駅伝4区、全日本大学駅伝6区、箱根駅伝9区と、今季の大学駅伝 全てで区間賞を獲得しています。

好走の箱根デビューで青学大復路優勝に貢献した吉田選手ですが、総合で5連覇を逃した悔しさは大きかったようで、ひろしま男子駅伝では「東海大の選手には負けたくない」と語っています。
地元 広島でリベンジなるか、注目です。

高校生は、昨年の全国高校駅伝で前回20位から準優勝へと躍進した世羅高から3人がエントリー。

世羅高 主将の梶山林太郎選手は、全国高校駅伝で1区区間6位の力走で流れを作りました。
前回のひろしま男子駅伝では、1区30位と出遅れた梶山選手、「今回こそ結果を残す」と意気込みを語っています。

全国高校駅伝3区を走った中野翔太選手は冷静な走りで3位に浮上、区間5位と健闘しました。

全国高校駅伝で最終区を走った倉本玄太選手。
たすきを受けた時点では13秒差で、倉本選手の持ちタイムからして十分逆転も可能と思われていましたが、残念ながら14秒差の2位に終わってしまいました。
しかし、倉本選手は2年生ながら区間3位と健闘。来年も楽しみな選手です。

惜しくも優勝を逃してしまった世羅高勢。
ひろしま男子駅伝で都大路の悔しさを晴らすことができるか期待しています。


スポンサーリンク


 

群馬

【群馬県 エントリーリスト・記録】

塩尻和也 22歳 順天堂大4年
10000m 28分26秒64

牧良輔  32歳 SUBARU
10000m28分45秒60

西山和弥 20歳 東洋大2年
10000m 28分35秒72

大澤佑介 18歳 樹徳高3年
5000m 14分09秒06

西川魁皇 18歳 市立太田高3年
5000m 14分25秒06

北村光  17歳 樹徳高2年
5000m 14分25秒66

石田洸介 16歳 東京農大二高1年
5000m 14分09秒51

堀口花道 15歳 甘楽中3年
3000m 8分34秒55

塩原匠  14歳 中之条中3年
3000m 8分38秒99

杉森星彦 15歳 中央中3年
3000m 8分55秒91

 

【区間予想】

1区 大澤佑介
2区 塩原匠
3区 塩尻和也
4区 石田洸介
5区 北村光
6区 堀口花道
7区 西山和弥

 

【戦力分析】

群馬は一般区間が充実。
アジア大会3000メートル障害 銅メダルの塩尻和也選手(順大)や、箱根駅伝1区で2年連続で区間賞を獲得した西山和弥選手(東洋大)ら有力大学生が名を連ねています。

一般は、塩尻選手が全日本大学駅伝4区で区間賞獲得。箱根駅伝では2区2位と好走
西山和弥選手は出雲駅伝2区6位、箱根駅伝では1区で流れをつくり区間賞を獲得、東洋大 往路優勝に貢献しました。

高校生は、全国高校駅伝にも出場した樹徳高から大澤佑介選手と北村光選手が出場予定。
大澤選手は全国高校駅伝4区 5位。
北村選手は8月に熊本で開催された第44回全日本中学校選手権大会で男子800メートルと同1500メートルに出場し、全国の舞台を経験しています。

また、福岡 浅川中出身の石田洸介選手(農大二高)は、前回の都道府県男子駅伝で福岡代表として出場。
2区で15人をごぼう抜きし、区間新記録を出しています。

群馬は中学生も強力。
全国中学駅伝1区 区間賞の塩原匠や、全日本中学陸上 3000m 3位の堀口花道選手ら有力選手がそろっています。


スポンサーリンク


 

まとめ

今回は、2019年1月20日(日)に広島で開催される第24回全国都道府県対抗男子駅伝(ひろしま男子駅伝)の注目選手と、展望・優勝候補を予想してみました。

優勝候補にあげたのは、出走予測選手の記録をもとに算出された都道府県ランキングからみて、社会人から中学生まで力のある選手がそろう福島広島群馬

あと、2年連続3度目の頂点を狙う埼玉も一般が強力なので あなどれません。

しかし、前回優勝テープを切った設楽悠太選手(ホンダ)は年末の発熱の影響で全日本実業団駅伝を欠場。
都道府県駅伝では7区を走る予定になっていますが、もしかしたら走れない可能性もありますね。

 

 



スポンサーリンク

 

 - Sports