なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

全国都道府県対抗駅伝2017年 【男子 優勝候補】愛知 服部凱杏、馬場勇一郎がハイレベル!神野大地の走りにも期待!

      2017/01/22

 
【記事投稿日】2017年1月10日
 
【最終更新日】2017年1月22日

 
結果はコチラ

広島都道府県対抗男子駅伝 結果 順位と区間賞! 2区と6区で区間新記録も!

 

 

2017年1月22日(日)に
広島で開催される
天皇杯
第22回全国都道府県対抗駅伝徒競走大会。

 

47都道府県から選ばれた
各世代のトップランナーが
広島県の2つの世界遺産を結ぶコースで、
ふるさとの誇りを胸に
たすきをつなぎます。

 

 

日時

 

2017年1月22日(日)
午後12時30分 スタート

 

コース

 

平和記念公園前 発着
7区間 48.0㎞

 

1区 7.0㎞  高校生

2区 3.0㎞  中学生

3区 8.5㎞  社会人・大学生

4区 5.0㎞  高校生

5区 8.5㎞  高校生

6区 3.0㎞  中学生

7区 13.0㎞  社会人・大学生

 

チームは、
社会人や大学生の一般と、
高校生、中学生で構成。

いろんな世代の走りを
見ることができるのが
ひろしま男子駅伝の最大の魅力ですね。

今回は、
ひろしま男子駅伝 2017
優勝候補を勝手に予想してみました。

 

スポンサードリンク





 

都道府県 総合予想順

 

まずは、
出走予測選手の記録をもとに算出された
都道府県ランキングから
総合予想順を見てみます。

1位 長野
2位 群馬
3位 東京
4位 静岡
5位 栃木
6位 千葉
7位 愛知
8位 広島

 

 

社会人・大学生の一般の順位は…

 

1位 千葉
2位 埼玉
3位 愛知
4位 広島
5位 静岡
6位 東京
7位 長野
8位 鹿児島

 

高校生の順位は…

 

1位 長野
2位 群馬
3位 兵庫
4位 栃木
5位 東京
6位 岡山
6位 熊本
8位   宮崎

 

中学生の順位は…

 

1位 愛知
2位 長崎
3位 静岡
4位 埼玉
5位 千葉
5位 栃木
7位 群馬
8位 岩手

 

昨年の入賞チームは…

 

1位 愛知
2位 広島
3位 埼玉
4位 静岡
5位 長野
6位 福島
7位 群馬
8位 福岡

 

 

 

優勝候補 愛知県

 

今回、
広島で行われる
都道府県対抗男子駅伝。

優勝候補はどこかな…と考えてみたところ、

・長野県
・群馬県
・愛知県

この3つを予想。

 

今回は、
愛知県の戦力分析をしてみました。

 

関連記事

全国都道府県対抗駅伝2017年 【男子 優勝候補】長野県と予想 ! 關颯人に注目!!

 
関連記事

全国都道府県対抗駅伝2017年 【男子 優勝候補】群馬県と予想 !

 
スポンサードリンク




 

【メンバー】

田中秀幸 26歳(トヨタ自動車)
神野大地 23歳(コニカミノルタ)
山口浩勢 25歳(愛三工業)
蝦夷森章太17歳(愛知高)
野村翼  18歳(岡崎城西高)
黒柳陽汰 18歳(豊川高)
関口雄大 16歳(豊川高)
服部凱杏 15歳(千種中)
馬場勇一郎15歳(上郷中)
吉居大和 14歳(田原東部中)

 

 

【区間予想】

1区  7.0㎞ 高校生 蝦夷森章太
2区  3.0㎞ 中学生 服部凱杏
3区  8.5㎞ 大学生 田中秀幸
4区  5.0㎞ 高校生 関口雄大
5区  8.5㎞ 高校生 野村翼
6区  3.0㎞ 中学生 馬場勇一郎
7区 13.0㎞ 社会人 神野大地

 

 

【愛知 戦力分析】

昨年、
15年ぶり2度目の優勝を飾った愛知。
(タイム 2時間20分12秒)

 

2連覇を目指す愛知は、
中学生のレベルが高いですね。

 

昨年、
800mで日本中学新記録を更新した
馬場勇一郎選手(上郷中)、
そして、
全国中学校大会1500メートルで優勝、
全国中学駅伝では、
1区(3㎞)を走り
8分59秒の好タイムで区間賞を獲得した
服部凱杏選手(千種中)ら有力選手が
顔をそろえました。

 

一般からは、
前大回で3区(8.5㎞)を走り
区間賞(タイム 24分39秒)を獲得した
田中秀幸選手(トヨタ自動車)が
今年も3区を走ると予想。

田中選手といえば、
2015年、2016年の
全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で
6区(12.5㎞)を任され、
後続を大きく引き離す走りで区間賞を獲得、
トヨタ自動車の2連覇に貢献しました。

非常に頼もしい存在ですね。

今年のニューイヤー駅伝でも
6区を任された田中選手でしたが、
惜しくも区間 2位(タイム36分56秒)。

ちなみに1位は旭化成の
市田宏選手(タイム36分32秒)でした。

 

そして、
注目は青学大出身の
神野大地選手(コニカミノルタ)。

神野選手といえば、
箱根駅伝で、
山上りの5区を走り
2連覇の立役者に。

三代目”山の神”と呼ばれ
話題になりましたね。

今年のニューイヤー駅伝では、
エース区間の4区(22㎞)を走り
7位(タイム1時間3分49秒)に
終わりましたが、
実力のある神野選手の走りは注目です。

 

今回、
愛知から
ふるさと選手としてエントリーした
神野選手は、
第7区を走る予定。

 

 

愛知は、
中学生、一般のレベルが高いことから
優勝候補にあげましたが、
先日、
雪の中 行われた
皇后杯 都道府県対抗女子駅伝を
見ていて改めて思ったのは、
やはり、
1区が重要だということ。

優勝候補に挙げていたチームも
1区で出遅れてしまうと、
2区以降の追い上げが届かない場合が
多いですね。

 

ということで、
2区、3区に有力選手のいる愛知は、
1区を任された高校生
蝦夷森章太選手(愛知高)が
好発進できるかどうかが
優勝のカギを握りそうです。

 

スポンサードリンク




 
関連記事

広島全国都道府県対抗男子駅伝 2017 エントリー(メンバー)リスト

 
関連記事

広島 全国都道府県対抗男子駅伝 2017 注目選手

 
 


 
 

 - Sports