全国都道府県男子駅伝 2018 【優勝候補】群馬 戦力分析

      2018/01/20

 

2018年1月21日(日)に
広島で開催される
天皇杯 第23回全国都道府県対抗男子駅伝(ひろしま駅伝)。

 

今年も47都道府県から選ばれた各世代を代表するランナーが広島に集います。
 





スポンサーリンク

 

第23回全国都道府県対抗男子駅伝

 

【日時】

2018年1月21日(日)
午後12時30分 スタート

 

【コース】

平和記念公園前 発着 7区間 48.0㎞

1区 7.0㎞  高校生

2区 3.0㎞  中学生

3区 8.5㎞  社会人・大学生

4区 5.0㎞  高校生

5区 8.5㎞  高校生

6区 3.0㎞  中学生

7区 13.0㎞  社会人・大学生

 

 

チームは社会人や大学生の一般と、高校生、中学生で構成。
いろんな世代の走りを見ることができるのが魅力の全国都道府県対抗男子駅伝の優勝候補を勝手に予想してみたところ、

・長野県
・群馬県
・埼玉県

と予想。

関連記事


全国都道府県対抗男子駅伝 2018 展望と優勝候補を予想!

 

今回は、
全国都道府県対抗男子駅伝 2018年
勝手に優勝候補にあげた群馬の戦力分析をしてみました。
 




スポンサーリンク

 

群馬 戦力分析

 

 

メンバー

 

塩尻和也  (21歳順天堂大3年)
横川巧   (19歳中央学院大2年)
西山和弥  (19歳東洋大1年)
千明龍之佑 (17歳東京農業大学第二高3年)
栗原啓吾 (18歳東京農業大学第二高3年)
大澤佑介 (17歳樹徳高2年)
新井大貴 (17歳前橋育英高2年)
北村勇貴  (15歳笠懸南中3年)
森川凜太朗(15歳前橋第三中3年)
塩原匠   (13歳中之条中2年)

 

前回6位の群馬は一般区間が充実。

リオデジャネイロ五輪3000メートル障害代表の塩尻和也選手、
出雲駅伝2区4位の横川巧選手、
そして箱根駅伝1区区間賞の西山和弥選手ら実力者がそろいました。

また、
インターハイ5000m 8位の千明龍之佑選手ら力のある高校生もエントリー。

 

 

記録(本年度最高記録)

 

塩尻和也  (10000m 27分47秒87)
横川巧   (10000m 28分29秒12)
西山和弥  (10000m 28分44秒88)
千明龍之佑 (5000m 14分03秒27)
栗原啓吾 (5000m 14分05秒45)
大澤佑介 (5000m 14分22秒32)
新井大貴 (5000m 14分29秒37)
北村勇貴  (3000m 9分05秒16)
森川凜太朗 (3000m 8分58秒58)
塩原匠   (3000m 8分59秒84)

 

 

区間予想

 

第1区 千明龍之佑
第2区 北村勇貴
第3区 横川巧
第4区 大澤佑介
第5区 栗原啓吾
第6区 塩原匠
第7区 塩尻和也

 

若い世代を中心に実力者がそろった群馬。
奥谷亘監督によれば、
「能力の高い選手がそろい、調子を見極め起用を考える」ということですが
誰が起用されるでしょうか注目です。




スポンサーリンク


都道府県駅伝 2018 関連記事


全国都道府県対抗駅伝(ひろしま男子駅伝) 2018 エントリーメンバー


【皇后杯】全国都道府県対抗女子駅伝 2018 コース・エントリー(メンバー)


全国都道府県対抗男子駅伝 2018 展望と優勝候補を予想!


全国都道府県対抗女子駅伝 2018 優勝候補・展望を予想!

 

 - Sports