なる家のまねき猫

なるよしの気になる話題を紹介

全国高校駅伝 2019(女子)優勝候補を予想!

   

2019年12月22日(日)に京都で開催される全国高校駅伝の予選会が全国各地で行われ代表校が決まっています。

ここからは、予選の結果などから全国高校駅伝 2019(女子)の優勝候補を予想していきます。
 


スポンサーリンク


 

第31回
全国高等学校駅伝競走大会 日程

 

2019年12月22日(日)

10時20分 スタート
(雨天決行)

 

女子 コース・区間

 

たけびしスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園陸上競技場)を発着点とするコースで各都道府県代表47校が競う。

 

 

【女子5区間 21.0975km】

 

第1区6km
(たけびしスタジアム京都~平野神社前)

 

第2区4.0975km
(平野神社前~烏丸鞍馬口)

 

第3区3km
(鳥丸鞍馬口~室町小学校前折り返し~北大路船岡山)

 

第4区3km
(北大路船岡山~西大路下立売)

 

第5区5km
(西大路下立売~たけびしスタジアム京都)
 


スポンサーリンク


 

最近10年の女子優勝校

まず、最近10年の優勝校を見ていきます。

【2009年】

豊川(愛知) 1時間8分27秒

【2010年】

興譲館(岡山) 1時間7分50秒

【2011年】

豊川(愛知) 1時間7分29秒

【2012年】

立命館宇治(京都) 1時間7分22秒

【2013年】

豊川(愛知) 1時間6分54秒

【2014年】

大阪薫英女学院 1時間7分26秒

【2015年】

世羅(広島) 1時間7分37秒

【2016年】

大阪薫英女学院 1時間7分24秒

【2017年】

仙台育英 1時間6分35秒

【2018年】

神村学園 1時間7分25秒
 
最近10年の優勝校を見てみると、今年も全国高校駅伝への出場を決めています。
 


スポンサーリンク


 

昨年の女子成績 上位10校

 

次に、昨年の全国高校駅伝での女子の成績を見てみます。

上位 10校は次のとおり。

1位 神村学園(鹿児島)
1時間7分25秒

2位 長野東
1時間7分51秒

3位 仙台育英
1時間7分51秒

4位 大分東明
1時間8分4秒

5位 須磨学園(兵庫)
1時間8分15秒

6位 豊川(愛知)
1時間8分16秒

7位 立命館宇治(京都)
1時間8分20秒

8位 興譲館(岡山)
1時間8分32秒

9位 成田(千葉)
1時間8分34秒

10位 北九州市立(福岡)
1時間9分3秒
 
 


スポンサーリンク


 

有力校 予選タイム

 
続いて、予選タイムを参考に今年の全国高校駅伝(女子)の有力校を見ていきます。

 

【予選タイム上位校】
 
・神村学園(鹿児島)
1時間6分32秒

・仙台育英(宮城)
1時間7分38秒

・興譲館(岡山)
1時間8分41秒

・諫早(長野)
1時間9分5秒

・須磨学園(兵庫)
1時間9分16秒
 
予選タイムトップは、昨年の全国覇者 神村学園
 

☑全国高校駅伝2019予選会結果

 


スポンサーリンク


 

優勝候補 予想

 
ここからは、今年の全国高校駅伝(女子)の優勝候補を予想していきます。
 
優勝候補にあげたのは次の2校
・仙台育英(宮城)
・神村学園(鹿児島)
 

仙台育英

 
優勝候補の本命は仙台育英
 
仙台育英は、優勝した2017年の全国大会でアンカーを務めた木村選手をはじめ、小海選手、清水選手、ケニア人留学生 エスタ・ムソニ選手(3年)ら昨年の全国3位レギュラー4人が健在。
1年生ながら3区で区間新を獲得した米沢選手は全国中学選手権1500メートルで優勝しています。
 
■ 仙台育英 選手・予選タイム
 
1区(6キロ)
小海遥(2年)
19分21秒(区間新)

2区(4.0975キロ)
木村梨七(3年)
13分5秒(区間1位)

3区(3キロ)
米沢奈々香(1年)
9分24秒(区間新)

4区(3キロ)
清水萌(3年)
9分17秒(区間新)

5区(5キロ)
山中菜津摘(1年)
16分31秒(区間1位)
 
1区の序盤から独走。
3区間で新記録を出し、2位に7分以上の差をつけてゴールしました。
 
ムソニ選手を右足故障で欠きながら2017年の大会記録1時間7分30秒に迫る1時間7分38秒で28連覇を達成した仙台育英。
都大路でベストメンバーが組めれば、どんな強さを発揮するか楽しみです。

 
 

神村学園

 
昨年全国優勝の神村学園も優勝候補にあげました。

予選タイムトップの神村学園は、今夏の全国高校総体1500メートル覇者のバイレ・シンシア選手や、木之下選手、黒川選手、中須選手ら昨年大舞台を経験したメンバーがそろっており、連覇に向け充実した布陣で臨みます。

昨年の全国大会を思い返すと、神村学園は最終5区でチーム初の留学生 カマウ・タビタ選手がトップと31秒差の5位でたすきを受けると、4人をかわし区間賞の快走でゴール。
25度目の出場で初優勝を飾りました。

今年もカギを握るのは、ケニア人留学生のバイレ・シンシア選手ではないでしょうか。
 
■ 神村学園 選手・予選タイム

1区(6キロ)
木之下沙椰(2年)
19分40秒(区間1位)

2区(4.0975キロ)
バイレ・シンシア(2年)
12分32秒(区間新)

3区(3キロ)
黒川円佳(2年)
9分17秒(区間新)

4区(3キロ)
鳥居華(2年)
9分16秒(区間新)

5区(5キロ)
中須瑠菜(2年)
15分47秒(区間1位)
 
大会前、2区のバイレ・シンシア選手が右足を痛めていたそうですが、木之下選手が1区で流れに乗ると、2区バイレ選手、3区 黒川選手、4区鳥居選手が3人連続の区間新の走りで圧勝。
全区区間賞、大会新記録の1時間6分32秒で4年連続26回目の優勝を果しました。
 

 
 


スポンサーリンク


 

まとめ

 
今回は、各地で行われている予選の結果などから、2019年12月22日(日)に京都で開催される全国高校駅伝(女子)の優勝候補や展望を予想してみました。
 
優勝候補の本命にあげたのは、仙台育英神村学園
 
また、21連覇を達成した興譲館もあなどれません。
 
今年の全国高校駅伝は、どの高校が優勝するでしょうか。
楽しみです。
 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports