なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

全国高校駅伝 2017 宮城 仙台育英 (女子)

   

 

2017年12月24日(日)に
京都で開催される全国高校駅伝の県予選が
各地で行われています。

 

 

10月22日(日)に宮城県栗原市で行われた県予選は、
栗原市若柳総合支所前を発着点とする
栗原ハーフマラソン公認コース
男子 7区間 42.195km
女子 5区間 21.0975kmで実施、
男女とも仙台育英が制し
女子は昨年を3分20秒上回る
1時間7分30秒の好記録
26年連続26回目の優勝を果たしました。

 

ここからは、
予選結果から
全国高校駅伝 2017宮城 仙台育英(女子)の戦力分析をしています。

 

スポンサードリンク




 

 

仙台育英(女子)の予選

 

【区間】

1区 武田千捺 選手(2年)
2区 三浦瑠衣 選手(3年)
3区 木村梨菜 選手(1年)
4区 清水 萌 選手(1年)
5区 ヘレン・エカラレ 選手(3年)

仙台育英は、
全区で区間賞を獲得。

 

1区 武田千捺主将(2年)が
序盤で先頭集団から抜け出し
区間新のタイムで独走すると、
続く2区以降も安定した走りを見せ
他校を圧倒。

2区は区間賞、
3区~5区は区間新の走りで
2位と6分44秒もの大差をつけて優勝。

1時間7分30秒はコース新記録。

 
スポンサードリンク




 

注目選手

 

仙台育英(女子)の出場選手は
全員3000メートルを9分台で走り
平均タイムは9分15秒で
今季 全国トップの
力のある選手がそろいます。

 

その中でも特に注目なのが、
5区を走ったケニア人留学生
ヘレン・エカラレ選手(3年)。

 

ヘレン・エカラレ選手は、
今夏の南東北インターハイ 3000メートルで
優勝した実力を持つハイレベルな選手で、
「京都でも新しいレコードを出せるよう頑張る」と
笑顔で抱負を語っていました。

 

エカラレ選手といえば、
2015年 全国高校駅伝で2区(4.0975km)を走り
1年生ながら
12分27秒の区間新記録を樹立。

しかも29人抜き…してましたね。

 

昨年も2区を走り12分27秒(区間タイ)で区間賞獲得。

今年の全国高校駅伝では
3年生になったエカラレ選手が
どのような走りを見せてくれるのか注目です。

 

関連記事

全国高校駅伝 2017 予選会 結果


全国高校駅伝 2017 (男子) 優勝候補・展望を予想!


全国高校駅伝 2017 (女子) 優勝候補・展望を予想!

 
スポンサードリンク




 



 - Sports