【野球】U-15ワールドカップ2016 メンバー・速報・結果!

      2017/01/28

 

2016年7月29日~8月7日まで
福島県で開催された
「第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップ2016 in いわき」のメンバーと
速報・結果です。

 

スポンサードリンク





 
【参加国】

グループA

日本、韓国、キューバ、オーストラリア、
チェコ、コロンビア

グループB

アメリカ、チャイニーズ・タイペイ、
ベネズエラ、メキシコ、パナマ、
ニュージーランド

 

 

【U-15 侍メンバー】

 

■監督

30 鹿取 義隆

 

■コーチ

31 田代 栄次

32 石崎 学

33 大野 久

 

 

■投手

1 北田 雅也(SASUKE名古屋ヤング)

3 不後 祐将(神戸須磨クラブ)

11 及川 雅貴(匝瑳リトルシニア)

17 岡田 幹太(京葉ボーイズ)

18 櫻井 佑輝(忠岡ボーイズ)

19 星野 恒太朗(糸島ボーイズ)

21 宮城 大弥(宜野湾ポニーズ)

23 増木 武寛(福岡アストロズ)

 

 

■捕手

2 鈴木 琉晟(勝田リトルシニア)

10 野口 海音(松原ボーイズ)

22 星子 海勢(北熊本ボーイズ)

 

■内野手

4 田口 夢人(栃木下野リトルシニア)

5 嘉手苅 将太(姫路アイアンズ)

6 近藤 大樹(嘉麻ボーイズ)

12 辻 憲伸(桑員ボーイズ)

15 中田 惟斗(和歌山御坊ボーイズ)

16 小山 翔暉(愛知木曽川リトルシニア)

 

 

■外野手

7 黒須 大誠(いわきボーイズ)

8 稲生 賢二(東海ボーイズ)

9 植田 太陽(武蔵府中リトルシニア)

 
スポンサードリンク




 

日本代表の成績・順位・表彰選手

 

グループAとグループBでそれぞれ総当たり戦を行い、上位3チームがスーパーラウンド進出。

オープニンググラウンド、スーパーラウンド
のトータルで上位2チームが決勝で対戦します。

 

【オープニンググラウンド グループA】

7月29日
日本 13-0 オーストラリア

7月30日
日本 4-0 キューバ

7月31日
日本 15-4 韓国

8月1日
日本 15-0 チェコ(5回コールド)

8月2日
日本 10-6 コロンビア

 

日本代表はオープニンググラウンドを
全勝で1位で通過しました。

グループAからは日本、キューバ、コロンビア
グループBからはアメリカ、パナマ、ベネズエラがスーパーラウンドへ駒を進めました。

 

 

【スーパーラウンド】

8月4日
日本 8-0 ベネズエラ

8月5日
日本 2-5 アメリカ

8月6日
日本 2-1 パナマ

日本はスーパーラウンドでアメリカに敗れましたが、
オープニンググラウンドでキューバ、コロンビアに勝利し、
スーパーラウンドも2勝1敗で
トータルでは4勝1敗になり決勝へ
駒を進めました。

決勝ではオープニンググラウンドで日本に
敗れましたが、
そのほかの試合では全勝したキューバと
戦うことになりました。

 

8月7日
決勝戦 日本 4-9 キューバ

残念ながら決勝戦でキューバに敗れ、
日本は準優勝に終わりました。

 

最終順位

1位・キューバ
2位・日本
3位・アメリカ
4位・パナマ
5位・ベネズエラ
6位・コロンビア
7位・チャイニーズ・タイペイ
8位・韓国
9位・メキシコ
10位・チェコ
11位・オーストラリア
12位・ニュージーランド

 

【表彰選手】

ベストナイン(二塁手)・田口夢人
ベストナイン(外野手)・稲生 賢二
最優秀防御率・及川雅貴
最多得点・稲生 賢二
最優秀守備選手・田口夢人
 
スポンサードリンク





 

まとめ

 

準優勝に終わった日本代表ですが、
U-15世代は世界のトップレベルということが
証明できました。

今回は匝瑳リトルシニアの左腕・及川 雅貴投手がエース的な存在でチームを引っ張りました。

及川 雅貴投手もスーパー中学生と言われて
いますが、
毎年のようにスーパー中学生が現れますね。

貴重な左腕ということで高校野球強豪校から
誘いがあると思いますが、
どこの高校へ進学するのか注目が
集まります。

また今回選ばれたU-15メンバーも
強豪校へ進学し、
注目を集めるのではないでしょうか。

そして、
将来的にはドラフト候補として注目され
プロ野球界へ進む選手もいると思います。

高校へ進学してもケガをせずに
高校野球界を引っ張ってもらいたいですね。
 

 


 

 - Sports