脇坂英理子 坂上忍に激怒される! 現在は執行猶予中!医師免許は!?

      2018/05/16

 
2018年5月17日(木)に放送されるフジテレビ『直撃!シンソウ坂上』に、かつて数々のテレビ番組に白衣に金髪の派手な姿で登場し、豊富な男性経験、ホストクラブで豪遊するなど医者らしからぬ過激な発言で話題となった女医 脇坂英理子が登場します。
 
2016年3月、診療報酬 約155万円を水増し請求したとして詐欺容疑で逮捕された彼女は、なぜ不正診療詐欺に手を染めたのでしょうか。
 
この番組で脇坂英理子が坂上忍さんに激怒されているようで、気になります。



スポンサーリンク


 

脇坂 英理子
(わきさか えりこ)

【生年月日】
1978年12月5日

【出身地】
東京都

【出身校】
東洋英和女学院
東京女子医大

2003年に医師国家試験に合格し医師免許取得。
東京女子医大病院麻酔科で心臓手術などに携わる。

 

 

ホスト遊びで話題に!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2012年6月、千葉県船橋市で自身が院長を務める「Ricoクリニック」を開いた脇坂英理子

「Ricoクリニック」は美容内科や美容皮膚科として美肌や若返りをうたっていました。

 

脇坂英理子はタレントとしてバラエティ番組にも出演。

2014年6月に放送された日本テレビ系『人生が変わる!1分間の深イイ話』では、「年収 約5000万円」、「毎晩のように東京 歌舞伎町のホストクラブで豪遊」、「一晩にホストクラブで900万円使った」と豪語するなど華やかな私生活が話題になりました。

 

2011年に離婚してからホスト遊びで散財するようになったという脇坂英理子ですが、ホストをめぐってはちょっとした騒動もありました。

2014年11月、インターネット上の掲示板で脇坂英理子を名指しし「自殺しなければあなた殺されるみたいだよ。」と脅したとして当時23歳の風俗嬢が逮捕されました。

脇坂とこの風俗嬢は、歌舞伎町のホストクラブに客として来ており風俗嬢であることをバカにされたという理由から脇坂を誹謗する書き込みを始め、脇坂の家族に対する脅迫もあったそうです。



スポンサーリンク

 

 

華やかな生活の裏で…
◆◇◆◇◆◇◆◇◆

華やかな私生活が話題になった彼女ですが、その裏ではクリニック開業資金やホスト遊びなどで数千万円の負債を抱えており、医療機器のリース代も払えないほどの金欠に陥っていました。

 

2012年に開業した「Ricoクリニック」には患者が集まらなかったのでしょうか…2014年11月に休診し、その後ホームページで閉院することを表明。

また、治療費を前払いしていた患者から返金を求められるトラブルも発生しており、周囲にはクリニック再開のために必要な金を無心していたといいます。

脇坂英理子は不正に得たお金で豪遊生活を続けていたんですね。

 

詐欺容疑で逮捕!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2016年3月9日に詐欺容疑で逮捕された脇坂英理子。

2012年11月~2014年9月、脇坂が経営していた「Ricoクリニック」などで患者14人を何度も診察したように装うなど診療回数の水増しや虚偽の診療内容を記載したカルテを作成

8自治体に診療報酬を請求し約155万円をだまし取ったとされています。

「Ricoクリニック」は、2012年に千葉県船橋市に開業。
その後、東京都目黒区に移転。

この事件では、歯科医の重松武と指示役の会社員 早川和男も逮捕されていますが、重松は船橋市の同じビルで歯科医院を開業しており、脇坂に患者役を紹介していました。

脇坂は一度診察すると、その後は通院を続けたように偽って虚偽の診療報酬明細書を作成。

2012年8月~2014年11月に計約6900万円を不正受給したとみられています。

看護師の供述調書によると、来院者の9割以上が患者を装った紹介患者で脇坂は診察などせず、院長室でゲームなどをしていたとか!

クリニック開業資金やホスト遊びなどで数千万円の負債を抱えていたといいますから、不正に得たお金はその返済に充てられていたのでしょうか。

 

脇坂英理子は、2016年5月11日に東京地裁で開かれた初公判で起訴内容を認め、6月23日の論告求刑公判の被告人質問で、「不正請求はやめたいとずっと思っていたが、目の前のお金に夢中でやめられなかった」などと話しています。



スポンサーリンク

 

 

脇坂英里子の現在!
医師免許は!?
◆◇◆◇◆◇◆◇◆

懲役3年執行猶予4年の判決が下された脇坂英理子。

現在は執行猶予中ですが、気になるのが医師免許はどうなったのかということ。

2016年9月30日に厚生労働省が発表した行政処分では、脇坂英理子は医業停止3年となっています。

脇坂英理子が逮捕された時のスッピン顔には驚きましたが、それと同じくらい驚いたのがこの行政処分。

タレント女医 西川史子先生が以前、TBS系『サンデージャポン』で診療報酬の不正請求について「(医師は)やろうと思えばできるけど、医師免許をなくしてまでやるかというと普通の医師はやらない」と話していましたが、
脇坂英理子は診療報酬を不正受給した詐欺で有罪判決になっても免許取り消しにはならなかったですね。

免許取り消しになる基準が気になります。

ちなみに、この事件をめぐっては脇坂英理子が逮捕される前に一部で「有名女医タレント逮捕へ」と報じられ、その直後に西川先生ではないかと多くの問い合わせがあったそうです。

たしかに、”有名女医タレント”といえば、真っ先に思いつくのが西川先生。
とんだとばっちりを食っていたんですね。

 

 

さいごに
◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

タレントとしても活動していた脇坂英理子。

2015年6月に所属していた事務所からは契約解除されており、しばらくテレビ出演から遠ざかっていましたが、執行猶予中にフジテレビ『直撃!シンソウ坂上』に出演するようです。



この番組では、
・詐欺で得た金を何に使っていたのか?

・華やかな生活の裏にあった詐欺事件の真相
・今はいったい何をしているのか?
について告白するようですが、脇坂英理子現在は自身のブログやツイッターで最近の姿も発信、医師としての知識と経験を生かして様々な人の相談にものっているようです。

さて、彼女のツイッターを見て改めて思ったのがメイクの力はスゴイねということ

衝撃のあのスッピンは誰だったのか…ブログやツイッターでの脇坂英理子は39歳には見えない若さでした。



スポンサーリンク

 

 - TV