なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

東京マラソン 2017 注目選手 服部勇馬 設楽悠太 市田孝 今井正人

      2017/02/26

 

2017年2月26日(日)に開催される
東京マラソンは、
今年11回目を迎えます。

 

東京マラソンといえば、
毎年、
一般参加のランナーからも人気が高く、
有名人なども出場し
話題になりますが、
今年は、
2020年 東京オリンピックを目指す
実力のある選手たちが多数エントリーしていますね。

 

また、
今大会から
ゴール地点が
臨海副都心の東京ビッグサイトから
東京駅前の行幸通りになり、
できる限り平坦で
記録を狙えるコースに
変更されているといいますから、
選手たちのタイム向上が
期待できます。
 
スポンサードリンク




 

注目選手

 

ロンドン世界選手権(8月)の
男子代表選考を兼ねる
東京マラソン 2017の
注目選手は…

現役日本人最速ランナー
今井正人選手。

社会人となり、
さらなる成長を続ける
服部勇馬選手(トヨタ自動車)。

 

そして、
箱根駅伝を沸かせた
設楽悠太選手(Honda)や、
市田孝選手(旭化成)は、
この東京マラソンが
初マラソンとなります。

 

初マラソンといえば、
今月5日に行われた
別府大阪毎日マラソンでは、
大石港与選手(トヨタ自動車)が
初マラソンで
2時間10分39秒の好タイムで4位と健闘し
注目されましたが、
東京マラソンでは、
初マラソンの
設楽選手、市田選手の活躍が
期待されますね。

 

しかし、
残念なお知らせも…

 

今回の東京マラソンに
招待選手としてエントリーされていた
青山学院大学の下田裕太選手が
右膝痛が原因で欠場、
また、
世界選手権代表選考会 最後となる
びわ湖毎日マラソンにも出場しないことが
わかりました。

 

下田裕太選手といえば、
今年の箱根駅伝8区で
2年連続の区間賞を獲得し、
青学大 3年連続総合優勝に貢献。

 

また、
昨年の東京マラソンでは、
初マラソンながら
日本勢2番手となる10位でゴールし、
10代日本人最高タイム
(2時間11分34秒)を達成、
今大会でも
その活躍が期待されていただけに
とても残念です。

 

ご本人が、
一番悔しい思いをされているでしょうね…。

 

 

 

さて、
ここからは、
注目選手にあげた4選手の
これまでの実績を見ていきたいと思います。

 

 

 

今井正人選手(32歳)

 

【所属】
トヨタ自動車九州

【生年月日】
1984年4月2日

【出身地】
福島県小高市(現 南相馬市)

【身長】
169㎝

【体重】
56㎏

 

【自己最高記録】

5000m
13分55秒65(2009年6月)

10000m
28分18秒15(2010年9月)

ハーフマラソン
1時間02分37秒(2005年2月)

マラソン
2時間07分39秒
(2015年2月東京マラソン)

 

今井正人選手といえば、
福島県 原町高校から
順天堂大学に進み、
箱根駅伝で、
元祖”山の神”の異名を持つランナー。

 

1年生の時から
箱根駅伝の主要区間 2区を任され、
2年生の時には、
初の5区を走り11人抜き、
1時間9分12秒の区間新記録を
出しました。

 

3年の時も5区を走った今井選手は、
5人抜きでトップに立ち、
区間2位の選手に1分の大差をつけ
区間賞を獲得、
順天堂大を17年ぶりの往路優勝に
導きました。

 

残念ながら復路8区でトラブルがあり、
総合優勝はならなかったものの、
今井選手は区間新記録をマーク。

 

そして、
最後の箱根では、
4人抜きを見せ
1時間18分05秒と
自分の記録を再び更新した
今井選手は、
1位の東海大との4分9秒差を逆転し、
順天堂大を
2年連続の5区逆転往路優勝、
そして、
6年ぶりの
総合優勝に導きました。

 

 

トヨタ自動車九州に入社した
今井選手、
初マラソンは、
2008年8月に行われた
北海道マラソンですが、
30km付近から
大きくペースダウンし、
結局10位に終わりました。

 

2010年12月には、
福岡国際マラソンに出場。

当時のマラソンの自己記録は出したものの
5位。

 

びわ湖毎日マラソンでは、
マラソンの自己記録を
再び更新するも6位。

 

2011年12月、
福岡国際マラソンに
2年連続出場し
結果は4位、
続く
びわ湖毎日マラソンは42位。

 

2013年2月
世界陸上モスクワ大会
男子マラソン選考会の
東京マラソンに出場、
自己ベスト記録を3秒上回るも
11位。

 

11月には、
初の海外マラソンとして
ニューヨークシティマラソンに出場。
自己記録に16秒届きませんでしたが、
日本男子トップの6位。

 

2014年2月、
別府大分毎日マラソンに出場し2位。
(2時間9分30秒を記録)

 

11月には、
2年連続
ニューヨークシティマラソンに出場し7位。

 

2015年2月、
東京マラソン2015に出場。

 

世界陸上北京大会
男子マラソン選考会を兼ねた
この大会で
2時間7分39秒という自己ベストを記録。
日本勢最高の7位でフィニッシュし、
世界陸上の代表に初めて選ばれましたが、
世界陸上北京大会
男子マラソンを間近に控えた
7月30日、
北海道の合宿中に、
頭痛、発熱などの体調不良を訴え
緊急入院。

 

髄膜炎と診断された今井選手は、
約2週間の加療が必要とされ
8月22日に行われる
世界陸上男子マラソンの出場を辞退。

 

昨年2月には、
リオデジャネイロオリンピック
男子マラソン選考会の
東京マラソン2016に出場するも13位、
リオ五輪 日本代表には
選ばれませんでした。

 

そして、
東京マラソン2017、
招待選手としてエントリーした
今井正人選手。

 

現役日本人最速ランナーは、
新しいコースで
どのような走りを見せてくれるでしょうか。

 

 

 

服部勇馬選手(23歳)

 

【所属】
トヨタ自動車

【生年月日】
1993年11月13日

【身長】
176㎝

【体重】
63㎏

 

【自己最高記録】

1500m
3分51秒45(2015年)

5000m
13分36秒76(2015年)

10000m
28分09秒02(2015年)

ハーフマラソン
1時間03分37秒(2014年 優勝)

30km
1時間28分52秒(2014年 優勝 学生新記録)

マラソン
2時間11分46秒
(2016年東京マラソン)

 

仙台育英高校から東洋大学に進学した
服部勇馬選手は、
1年生の時から
駅伝メンバーとして活躍。

 

2年生の時には、
出雲駅伝(2013年)で5区を担当し
区間記録を樹立しました。
(17分54秒)

 

第90回箱根駅伝(2013年)では
5区にまわった当時の主将
設楽啓太選手に代わって
エース区間の2区を担当、
区間3位の好走を見せ(1時間08分43秒)、
東洋大学の往路優勝・総合優勝に
貢献しました。

 

第58回熊日30kmロードレース(2014年)で、
1時間28分52秒で優勝を果たし、
前年の設楽啓太選手の学生新記録を更新。
(1時間28分52秒)

 

第91回箱根駅伝(2014年)では、
前年に引き続き2区を担当、
駒澤大学の村山謙太選手、
城西大学の村山紘太兄弟をはじめとする
各校のエースを抑え
区間賞を獲得しました。
(1時間07分32秒)

 

2015年2月、
東京マラソンに出場する予定でしたが、
アキレス腱痛の影響で出場を見送り、
2015年7月、
ホクレンディスタンスチャレンジ北見大会で
5000m(13分36秒76)の東洋大新記録を樹立。

 

同大会で1500mに出場し、
東洋大新記録を打ち立てた
1学年下の弟
服部弾馬選手とともに
兄弟で東洋大記録保持者となりました。

 

第47回全日本大学駅伝(2015年11月)では、
1区を担当し区間賞を獲得(43分11秒)、
2区を担当した弟の弾馬選手に
たすきを繋ぎました。

 

この大会では、
兄に続き弾馬選手も区間賞を獲得、
兄弟での区間賞リレーとなりました。

 

最後の箱根駅伝(2015年 第92回)では、
3年連続でエース区間 2区を担当し
区間賞獲得。

 

日本人選手としては、
早稲田大学OBの渡辺康幸以来
20年ぶりとなる
箱根駅伝2区2年連続区間賞獲得という偉業を
成し遂げました。

 

2016年2月、
前年に欠場した東京マラソンで
マラソンデビューを果たした
服部勇馬選手(当時4年)。

 

初マラソンでは、
終盤にかけて日本人トップとして
快走したものの、
次第にスタミナが切れ
最後は青学大の下田裕太選手(当時2年)や、
一色恭志選手(当時3年)に抜かれ、
全体の12位(日本人4位)でゴール。
(2時間11分46秒)

 

残り5キロ地点から苦しくなったという
服部選手は、
「マラソンの難しさを感じました」と、
終盤の疲労に苦しんだことを
明かしていました。

 

大学卒業後はトヨタ自動車に入社、
2016年11月に開催された
中部実業団駅伝競走では、
ルーキーながら最長区間の4区を任され、
区間賞獲得(50分32秒)し、
チームの優勝に大きく貢献しました。

 

今年のニューイヤー駅伝では、
4区(22キロ)を走り
区間5位でした。
(1時間3分18秒)

 

昨年の東京マラソンで
初マラソンを経験した
服部勇馬選手。

 

東洋大のエースとして
箱根駅伝で活躍した
彼にとっては、
初マラソン=苦い思い出と
なってしまいましたが…

 

今年は、
さらなる活躍に期待です。
 
スポンサードリンク





 

設楽悠太選手(25歳)

 

【所属】
Honda

【生年月日】
1991年12月18日

【身長】
170㎝

【体重】
48㎏

 

【自己最高記録】

1500m
3分48秒29(2015年)

3000m
7分59秒97(2012年)

5000m
13分34秒68(2015年)

10000m
27分42秒71(2015年)

ハーフマラソン
1時間01分19秒(2017年)

 

 

設楽悠太選手は、
双子の兄
設楽啓太選手(コニカミノルタ)に影響を受け
陸上を始め、
啓太選手とともに
武蔵越生高校から東洋大学に進みました。

 

第22回出雲全日本大学駅伝(2010年)で
2区(5.8キロ)を走り区間賞を獲得。
(16分55秒)

 

翌年も同大会で2区(7.9キロ)を走り
区間賞を獲得し東洋大の優勝に貢献しました。
(23分08秒)

 

第88回の箱根駅伝(2012年1月)では、
7区を走り
それまでの7区の区間記録であった東海大OB
佐藤悠基選手の持つ記録(1時間02分35秒)を
更新(1時間02分32秒)、
東洋大学の総合優勝に大きく貢献。

 

第89回箱根駅伝
(2013年1月 1時間04分36秒)と、
第90回箱根駅伝
(2014年1月 1時間02分13秒)は
3区(21.5キロ)を走り、
いずれも区間賞を獲得、
最後の箱根駅伝で
東洋大学の総合優勝に貢献しました。

 

 

大学卒業後、
兄の啓太選手はコニカミノルタへ
悠太選手はHondaに入社。

第59回全日本実業団対抗駅伝
(2015年元旦)では、
ルーキーながら
最長区間の4区(22.0キロ)を担当、
6人抜きの走りを見せ
兄の啓太選手や、
4区の区間記録保持者である
今井正人選手ら有力選手を抑え
区間賞を獲得。

 

また、
2013年に今井選手が記録した
1時間02分50秒を上回る
1時間02分47秒の区間新記録を樹立しました。

 

2015年、
第26回ゴールデンゲームズ(inのべおか)で
世界陸上参加標準記録を突破、
第99回日本選手権10000mで2位に入賞したため、
世界陸上北京(2015年8月)の
10000m日本代表に選ばれましましたが、
残念ながら23位に終わりました。
(30分08秒35)

 

昨年元旦の
第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会では、
区間賞を獲得。

また、
2015年区間記録を樹立した4区を
1時間02分45秒で走り
区間記録を更新しました。

 

そして、
昨年8月には、
リオデジャネイロ五輪の
10000mにも出場しましたが、
残念ながら、
リオ五輪では、
思うように体が動かず29位。
(28分55秒23)
世界の壁を痛感しました。

 

設楽選手は、
「せっかくつかんだ
五輪切符だったんですけど、
悔しい思いもありますが、
これを経験に4年後また帰ってきたいです」と、
語っていました。

 

 

さて、
今年の設楽悠太選手は…

全日本実業団対抗駅伝では、
残念ながら区間順位13位(1時間04分36秒)に
終わりましたが、
1月22日に行われた
ひろしま男子駅伝では、
埼玉からエントリー、
最終7区(13キロ)を走り、
見事、
区間賞を獲得。

 

設楽選手は、
「1人ずつ抜いていこうという気持ちが
タイムにつながった
東京マラソンに向けて弾みになる」と
語っていました。

 

メンタルとスタミナを鍛えて
世界で勝てるようになりたいと意気込む
設楽悠太選手は、
今回の東京マラソンが
初マラソン。

華のある選手ですから、
ついつい
過剰な期待をしてしまいますが、
東京マラソンでは、
どのような走りを見せてくれるのか
本当に楽しみです。

 

 

 

市田孝選手(24歳)

 

【所属】
旭化成

【生年月日】
1992年6月16日

【身長】
165㎝

【体重】
50㎏

 

【自己最高記録】

1500m
3分49秒79(2009年)

3000m
8分09秒27(2015年)

5000m
13分35秒19(2016年)

10000m
27分54秒59(2016年)

20㎞
59分37秒(2013年)

ハーフマラソン
1時間02分03秒(2014年)

 

地元鹿児島実業高校から大東文化大学に進んだ
市田孝選手は、
中学校(吉野中)から実業団(旭化成)まで
双子の弟 市田宏選手と同じチームに所属。

 

高校3年の時には、
全国高校駅伝で1区を担当し区間2位
(弟の宏選手は6区で区間賞獲得)で
初優勝に貢献しました。

 

大東文化大学1年の時は、
箱根駅伝で4度の総合優勝実績がありながら、
市田兄弟が入学する直前の
第87回箱根駅伝予選会で
通過できなかったため出場することが
できませんでした。

2年の時には、
弟の宏選手とともに
ダブルエースとしてチームを支え、
大東文化大は3年ぶりに
箱根駅伝本大会出場を果たすことが
できました。

市田兄弟が3年、4年の時には
シード権を獲得するまでに復活した
大東文化大。

大学三大駅伝での区間賞は
獲得できませんでしたが、
4年の時には、
全日本大学駅伝で1区(14.6キロ)を走り、
区間3位。(42分59秒)

 

2015年に弟の宏選手とともに
旭化成に入社した孝選手は、
入社直後の5月、
第26回ゴールデンゲームズinのべおかで
5000m最終A組に登場し、
同僚の鎧坂哲哉選手、大六野秀畝選手に次ぐ
3位でゴールし、
表彰台を旭化成勢で独占しました。

 

第52回九州実業団対抗毎日駅伝(2015年11月)で
実業団駅伝デビューした市田兄弟。
孝選手は2区を、宏選手は3区を担当し、
実業団でも双子でのたすきリレーが実現、
兄弟ともに
旭化成の3年ぶりの優勝に貢献しました。
(区間3位 32分16秒)

 

2016年2月から開催されることになった
クロスカントリー日本選手権に出場した
市田選手は、
青山学院大学の神野大地選手と、
旭化成の同僚、
茂木圭次郎選手をおさえ、
初代優勝。

 

兵庫リレーカーニバル(2016年4月)では、
10000mで5位入賞(日本人1位)、
ゴールデンゲームズinのべおか(2016年5月)では、
10000m優勝を果たし
第64回全日本実業団対抗陸上競技選手権
(2016年9月)では、
10000mに出場し8位入賞。(日本人1位)

安定した成績を残しています。

 

今年1月の
ニューイヤー駅伝では、
エース級が走る最長の4区(22キロ)を担当、
首位から1分28秒遅れでスタートした
孝選手は、
設楽悠太選手や、今井正人選手ら、
有力選手の中、
その差を17秒まで縮め
1時間03分06秒で区間賞を獲得、
チームの順位を11位から5位に押し上げ
5区 区間賞の村山謙太選手、
6区 区間賞(区間新)の弟 宏選手とともに
旭化成18年ぶりの優勝に貢献しました。

 

そして、
今回の
東京マラソンが
初マラソンとなる市田孝選手。

世界のトップランナーたちを前に
安定した走りを見せることができるか
注目です。

 


東京マラソン 2017 エントリー コース変更で最高記録も!?

 
スポンサードリンク





 

 

  • B!
  • LINEへ送る
  •  - Sports