【野球】スポーツ大将に佐藤なつみが出演!!球速・進路・どこの中学か気になる!

      2018/06/04

 

 

2018年5月6日(日)にテレビ朝日『ビートたけしのスポーツ大将2時間スペシャル』が放送されました。
今回の野球対決は豪華アスリート VS 次世代アスリート夢の対決。

注目の野球対決、現役時代プロチームの中軸として活躍した9人のバッター「レジェンド9」が登場。

一方、次世代アスリートでは全国から選りすぐりの中学生最強ピッチャー7人が集結、「レジェンド9」と対決します。
 
対決ルールはレジェンド9人を連続で打ち取れば中学生ピッチャーの勝利。
ヒットを打たれたらその時点で終了。
(四死球はノーカウント)

 
今回「レジェンド9」に挑む中学生最強ピッチャーですが、中学女子No.1投手 佐藤なつみ投手(白井リトルシニア)が登場。

 

 
千葉ロッテマリーンズジュニアで守護神として活躍した佐藤投手は男子主体のチームでエース級の活躍。

佐藤投手は、「レジェンド9」全員を打ち取ることができるでしょうか、必見です。
(結果はのちほど)
 

ここからは、気になる佐藤なつみ投手についてまとめてみました。


スポンサーリンク


 
 

●〇●〇●〇●〇●〇●
 野球歴と球速
●〇●〇●〇●〇●〇●

 

 

佐藤投手は、お兄さんの影響で小学2年生から野球を始めたそうです。

小学時代は豊上ジュニアーズに所属し、全国大会でベスト16入りに貢献しました。

そして、なんと千葉ロッテマリーンズジュニアに選ばれ、ストッパーとして活躍。

小学時代の最高球速は110キロ。
小学生で110キロのストレートは凄いですね。
あの大谷翔平選手でも小学時代の最高球速は115キロだったことを考えると佐藤投手の凄さががわかります。

 

佐藤投手は中学生になり、白井リトルシニアに入部しています。
現在の球速は不明ですが、『ビートたけしのスポーツ大将2時間スペシャル』で明らかになるのではないでしょうか。
将来の夢は、女子野球日本代表(マドンナジャパン)に選ばれることだそうです。


スポンサーリンク


 
 

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●
どこの中学に通っているの?
●〇●〇●〇●〇●〇●〇●

 

佐藤さんはツイッターをやっているのですが、こんなツイートがありました。
推測になりますが、過去に柏選抜に選ばれたことのあるという佐藤さんなので千葉県柏市の高柳中学校だと思われます。

 

 

ちなみに佐藤さんのツイッターを見ているとお母さんがネイリストということがわかりました。

 

 

●〇●〇●〇●〇●〇●
気になる進路は?
●〇●〇●〇●〇●〇●

 

佐藤投手の進路は気になりますね。
私、勉強不足で女子野球部のある高校なんてあるのか?と思って調べたのですが、少ないですがあるんですね。
全国高等学校女子硬式野球連盟に加盟している高校は以下の通りです。

・作新学院高校(栃木)
・埼玉栄 (埼玉)
・花咲徳栄(埼玉)
・叡明高校(埼玉)
・駒沢学園女子高校(東京)
・蒲田女子高校(東京)
・村田女子高校(東京)
・秀明八千代高校(千葉)
・横浜隼人高校(神奈川)
・開志学園高校(新潟)
・至学館高校(愛知)
・岐阜第一高校(岐阜)
・福井工大福井高校(福井)
・福知山成美高校(京都)
・京都両洋高校(京都)
・京都外大西高校(京都)
・履正社高校(大阪)
・大体大浪商高校(大阪)
・神戸弘陵高校(兵庫)
・室戸高校(高知)
・佐伯高校(広島)
・折尾愛真高校(福岡)
・日南学園高校(宮崎)
・神村学園高等部(鹿児島)

 
けっこうありますね。

近いところで選ぶなら千葉県内に秀明八千代高校がありますが、佐藤投手はどの高校を選ぶのでしょうか?


スポンサーリンク


 
 

●〇●〇●〇●〇●〇●
まとめ
●〇●〇●〇●〇●〇●

 

『ビートたけしのスポーツ大将2時間スペシャル』では佐藤さんのピッチングも見どころになりそうです。

小学時代の最高球速が110キロなので、現在はどのくらいの球速なのか気になります。

小学時代は男子も女子もあまり体格差はないですが、中学生になれば体格差が出てくるので、どんなピッチングをするのでしょうか。

 

ちなみに現在の女子野球代表(マドンナジャパン)のエース・里綾実投手の最高球速は125キロです。
世界を見れば、アメリカのサラ・ハデク投手の球速は137キロ。

打者を打ち取るには、球速がすべてではないですが、はやりストレートは武器になるので、佐藤投手には世界を目指してもらいたいですね。
 
 

【追記】
 
まず佐藤なつみ投手は元福岡ソフトバンクホークスの松中信彦さん(44歳)と対戦。

松中さんはMVP2回、首位打者2回、本塁打王2回の平成の三冠王ですが、見事打ち取りました。

2番目に対戦したのは1991年に首位打者獲得、盗塁阻止率.644、球界の頭脳
元東京ヤクルトスワローズ 古田敦也さん(52歳)ですが、残念ながらレフト前ヒットを打たれました。
 

 



スポンサーリンク

 - TV