なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

スペースワールド閉園! リストラしても経営難!氷の水族館中止が理由!?

   

 

北九州市のテーマパーク
『スペースワールド』が
来年末で閉園するそうですね。

 

『スペースワールド』といえば、
先月12日、
「氷の水族館」と称した
約5千匹の魚を氷漬けにした
スケートリンクをオープンさせたことが
話題になりましたよね。

 

このリンクを
来場者が滑る…という企画でしたが、
ネット上では、
魚を生きたまま凍らせたなどの
誤った情報から…
「かわいそう」
「気持ち悪い」などの批判の声が寄せられ
同月27日に企画を中止していました。

 

2014年に開園された
宮城県気仙沼の「氷の水族館」では、
氷漬けされた近海魚を展示、
テレビ番組などで紹介され
集客アップに繋がったようですがね…

 

スポンサードリンク




 
 
さて、
『スペースワールド』は、
宇宙をテーマにした
レジャー施設として
1990年4月22日に開業、
総面積24万平方メートル、
福岡ヤフオクドーム3個分以上の広さで
九州を代表するテーマパークの一つでした。

 

『スペースワールド』は、
宇宙体験学習施設や、
「タイタン」「ヴィーナス」などの
絶叫マシンが人気で、
開園後、
数年間は多くの来場者があり、
1997年度は年間216万人の入場者数を
記録しましたが、
その後、
他のテーマパークとの競争激化で
来場客数は激減。

 

当初、
新日本製鉄(現 新日鉄住金)が
運営していましたが、
2005年、
民事再生法の適用を申請、
新日鉄から経営権譲渡を受けた
加森観光(札幌市)が
経営再建に取り組んでいました。

 

加森観光は
2008年春、
大人14,700円の
年間フリーパスを
5,000以上値下げ。

 

また、
100人以上いた正社員を
半減させました。

 

さらに、
集客力向上に向けた
冬場のアイススケート場や
夏場のプールなど
計20億円近くかけて
相次いで整備しましたが、
閉園…

関係者によると、
従業員らには、
今月15日に説明を終えたそうです。

 

閉園理由は、
経営難とみられていますが、
確実に
例の氷漬けの魚が
原因ではないかと思ってしまいました。

 

魚を氷付けにしたリンクですが、
約5千匹の魚は、
アジやさんまなど身近な魚
約25種類を市内の市場から仕入れた
そうです。

 

この企画で
起死回生を狙ったものの…
これが
経営難に拍車をかけたのかもしれませんね。

 

関連記事はコチラ


スペースワールド閉園! 過去には絶叫アトラクションで事故もあったよな…

 
スポンサードリンク




 

 

 - Topic