選抜高校野球 2019 米子東メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは、選手16人で中国大会準優勝、23年ぶりにセンバツ出場を決めた米子東(鳥取)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

米子東について

 
23年ぶり9度目の出場を決めた米子東。
甲子園出場は春9度目、夏13度。

県内屈指の進学校で選手16人全員が地元出身。
部員不足で実績が積めない代わりに、一人一人が毎日の目標を設定し実践をイメージした練習を重ねてきました。

また、24時間の使い方の自己管理を徹底、部員全員が考える力を養ってきました。
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
紙本庸由

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【森下祐樹(3年)】

生年月日2002年3月3日

出身中学・少年野球チーム
箕蚊屋中
(米子クラブ)

身長176cm 体重76kg

左投左打

 

◆捕手◆

【長尾駿弥(2年)】

生年月日2002年7月21日

出身中学・少年野球チーム
日南中

身長175cm 体重80kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【福島悠高(3年)】

生年月日2001年7月2日

出身中学・少年野球チーム
箕蚊屋中

身長185cm 体重100kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【福島康太(主将 3年)】

生年月日2001年8月3日

出身中学・少年野球チーム
加茂中

身長164cm 体重61kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【諸遊壮一郎(3年)】

生年月日2001年8月14日

出身中学・少年野球チーム
大山中

身長163cm 体重64kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【岡本大翔(2年)】

生年月日2002年9月12日

出身中学・少年野球チーム
岸本中
(米子ボーイズ)

身長188cm 体重85kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【山内陽太郎(2年)】

生年月日2002年11月10日

出身中学・少年野球チーム
福生中
(米子クラブ)

身長178cm 体重65kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【本多翔(3年)】

生年月日2001年8月19日

出身中学・少年野球チーム
東山中

身長167cm 体重68kg

右投右打

 

◆右翼・投手◆

【土岐尚史(2年)】

生年月日2002年12月15日

出身中学・少年野球チーム
湊山中
(米子クラブ)

身長178cm 体重75kg

左投左打

 

◆三塁手◆

【野村大和(3年)】

生年月日2001年10月22日

出身中学・少年野球チーム
福米中

身長169cm 体重73kg

右投右打

 

◆外野手◆

【松田凌(2年)】

生年月日2003年1月7日

出身中学・少年野球チーム
大山中

身長171cm 体重67kg

右投右打

 

◆内野手◆

【永田涼(2年)】

生年月日2002年7月27日

出身中学・少年野球チーム
湊山中
(米子クラブ)

身長172cm 体重64kg

右投右打

 

◆外野手◆

【岩本勇気(年)】

生年月日2002年7月15日

出身中学・少年野球チーム
中山中
(大山ボーイズ)

身長174cm 体重77kg

右投右打

 

◆内野手◆

【平山悠斗(2年)】

生年月日2002年4月20日

出身中学・少年野球チーム
後藤ヶ丘中
(鳥取サンフレンジャーズ)

身長171cm 体重73kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【戸野皓介(2年)】

生年月日2002年9月26日

出身中学・少年野球チーム
名和中

身長171cm 体重65kg

右投左打

 

◆外野手◆

【遠藤想大(2年)】

生年月日2002年10月19日

出身中学・少年野球チーム
加茂中
(米子ボーイズ)

身長173cm 体重78kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

米子東 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から米子東の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 米子東の成績≫

【試合数】   8

【勝利・敗戦】6勝2敗

【得点】   5.0

【失点】   4.4

【打率】   .242

【本塁打】   2

【犠打飛】  13

【盗塁】   12

【失策】   14

※ 得点と失点は1試合の平均

昨秋の公式戦成績を見ると、チーム打率は.242ですが、打率.429の主砲 福島悠高選手(3年)を中心に、勝負強い打撃でチャンスをものにしてきました。

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪米子東 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 

準優勝した昨秋の中国大会は、延長2試合を含め3勝とも逆転で制する粘りをみせ23年ぶりのセンバツ出場を決めた米子東。

投手陣の柱は、エース左腕の森下祐樹投手(3年)
伸びのあるストレートに、カーブやスライダー、チェンジアップ3種の変化球を織り交ぜ、打たせて取るスタイル。
昨秋は鳥取県大会、中国大会で計7試合64イニングを投げ、中国大会 市立呉との準決勝では自己最速の138キロをマーク。

そのほか、身長188センチ右腕 岡本大翔選手や、左腕の土岐尚史選手ら2年生も面白い存在。

一方、打線の柱は四番の福島悠高選手
身長185センチ、体重95キロの体格からパワフルなスイングを見せ、中国大会では17打数8安打、9打点の活躍。

六番 土岐選手も中国大会で4割超の高打率を残しました。

中国大会1回戦では延長10回、準決勝は延長13回のタイブレークまでもつれた接戦をものにした米子東。

23年ぶりに夢舞台をつかんだ彼らの さらなる成長に期待です。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか、楽しみです。

 

 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports