選抜高校野球 2019 山梨学院 メンバー・戦力分析

      2019/02/17

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは5年ぶり3度目の出場を決めた山梨学院のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

山梨学院について

 
関東大会4強入り、6枠ある関東・東京の代表として選出された山梨学院。
甲子園出場は春3度目、夏8度。

野球部員数 56人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
吉田洸二

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【中込陽翔(3年)】

生年月日2002年1月23日

出身中学・少年野球チーム
鰍沢中
(北杜ボーイズ)

身長175cm 体重80kg

右投右打

 

◆捕手◆

【栗田勇雅(2年)】

生年月日2002年11月3日

出身中学・少年野球チーム
平第一中
(いわきボーイズ)

身長172cm 体重78kg

右投右打

 

◆一塁・投手◆

【相澤利俊(主将 3年)】

生年月日2001年7月19日

出身中学・少年野球チーム
五幡中
(甲府南リトルシニア)

身長175cm 体重75kg

左投右打

 

◆二塁手◆

【菅野秀斗(3年)】

生年月日2001年9月17日

出身中学・少年野球チーム
七生中
(八王子シニア)

身長170cm 体重72kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【高垣広大(3年)】

生年月日2001年8月1日

出身中学・少年野球チーム
東淀中
(大阪東淀川ボーイズ)

身長181cm 体重79kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【小吹悠人(2年)】

生年月日2002年4月30日

出身中学・少年野球チーム
小名浜第二中
(いわきボーイズ)

身長180cm 体重83kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【野村健太(3年)】

生年月日2001年8月27日

出身中学・少年野球チーム
東山中
(愛知衣浦リトルシニア)

身長180cm 体重89kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【下野けんぞう(2年)】

生年月日2002年7月9日

出身中学・少年野球チーム
南部中

身長170cm 体重71kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【宮崎一樹(3年)】

生年月日2001年8月30日

出身中学・少年野球チーム
平山中
(調布リトルシニア)

身長181cm 体重77kg

右投右打

 

◆投手◆

【佐藤裕士(3年)】

生年月日2001年9月11日

出身中学・少年野球チーム
城南中
(甲府南リトルシニア)

身長170cm 体重70kg

右投右打

 

◆投手◆

【駒井祐亮(3年)】

生年月日2001年6月10日

出身中学・少年野球チーム
甲府東中
(北杜ボーイズ)

身長175cm 体重76kg

左投左打

 

◆捕手◆

【上野颯夏(2年)】

生年月日2002年6月19日

出身中学・少年野球チーム
西中原中
(横浜青葉ボーイズ)

身長170cm 体重72kg

右投右打

 

◆内野手◆

【岸本捷汰(3年)】

生年月日2001年12月8日

出身中学・少年野球チーム
城南中
(甲府南リトルシニア)

身長176cm 体重78kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【功刀史也(2年)】

生年月日2002年9月2日

出身中学・少年野球チーム
白根巨摩中

身長167cm 体重66kg

右投左打

 

◆外野手◆

【渡邉嵩馬(2年)】

生年月日2002年8月10日

出身中学・少年野球チーム
西桂中
(山梨ふじやまボーイズ)

身長170cm 体重65kg

左投左打

 

◆外野手◆

【中井陽太(3年)】

生年月日2001年8月5日

出身中学・少年野球チーム
東淀中
(大阪東淀川ボーイズ)

身長172cm 体重70kg

右投左打

 

◆外野手◆

【脇坂尚直(3年)】

生年月日2001年4月5日

出身中学・少年野球チーム
愛東中
(湖東リトルシニア)

身長174cm 体重75kg

右投左打

 

◆外野手◆

【石神悠樹(3年)】

生年月日2002年2月25日

出身中学・少年野球チーム
松江第五中
(浦安シニア)
身長cm 体重kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

山梨学院 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から山梨学院の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 山梨学院の成績≫

【試合数】   8

【勝利・敗戦】 6勝2敗

【得点】   7.4

【失点】   2.0

【打率】   .316

【本塁打】  6

【犠打飛】  19

【盗塁】   12

【失策】    5

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪山梨学院 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
ここからは山梨学院の戦力についてまとめてみたいと思います。

まずは投手陣ですが、秋季大会で先発抑えにフル回転した背番号「3」相澤利俊選手(3年)が中心になります。
急速は130キロに満たないですがスライダー、チェンジアップなど制球力があります。
また、ゲームメイクに長けているので先発向きの投手と言えます。

そのほかの投手では、佐藤裕士投手(3年)駒井祐亮投手(3年)などにも期待です。

一方、打外陣ですが中心になるのは「山梨のデスパイネ」と言われている野村健太選手(3年)
そのほかにもエース候補の相澤利俊選手(3年)もクリーンアップを任されそうですし、菅野秀斗選手(3年)の秋季大会は高打率を残しています。
チームとしての打撃力は全国レベルと言われています。

山梨学院の課題は、やはり投手陣になりそうです。
絶対的エースがいないので継投での試合運びとなりそうですが、投手陣がどこまで踏ん張れるかが上位進出のポイントになるのではないでしょうか。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。
 

 


スポンサーリンク


 
 

 - Sports