選抜高校野球 2019 津田学園 メンバー・戦力分析

      2019/02/17

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは、17年ぶり3度目の出場を決めた津田学園(三重)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

津田学園について

 
三重県大会3位ながら、東海大会では2試合でコールド勝ち。
準決勝では、愛知の強豪 中京大中京にコールド勝ち、決勝で東邦に敗れたものの、17年ぶり3度目となるセンバツ出場を決めました。

甲子園は春3度目、夏1度出場。

野球部員数 52人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
佐川竜朗

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【前佑囲斗(3年)】

生年月日2001年8月13日

出身中学・少年野球チーム
亀山中
(津ボーイズ)

身長182cm 体重88kg

右投右打

 

◆捕手◆

【阿萬田琉希(3年)】

生年月日2001年10月25日

出身中学・少年野球チーム
三原中
(神戸中央シニア)

身長176cm 体重79kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【小林世直(2年)】

生年月日2002年10月28日

出身中学・少年野球チーム
長島中

身長174cm 体重74kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【前川夏輝(3年)】

生年月日2001年6月27日

出身中学・少年野球チーム
一身田中
(津ボーイズ)

身長178cm 体重86kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【松尾夏希(3年)】

生年月日2001年7月9日

出身中学・少年野球チーム
武豊中
(東海中央ボーイズ)

身長174cm 体重78kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【大音壱汰(3年)】

生年月日2001年7月7日

出身中学・少年野球チーム
栗野中
(美方ボーイズ)

身長172cm 体重76kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【石川史門(主将 3年)】

生年月日2001年4月5日

出身中学・少年野球チーム
東員第一中
(愛知西シニア)

身長187cm 体重83kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【渡邉保育(3年)】

生年月日2001年4月11日

出身中学・少年野球チーム
はとり中

身長178cm 体重73kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【藤井久大(3年)】

生年月日2001年11月2日

出身中学・少年野球チーム
二見中
(神戸中央シニア)

身長165cm 体重72kg

左投左打

 

◆投手◆

【降井隼斗(3年)】

生年月日2001年9月20日

出身中学・少年野球チーム
三滝中

身長172cm 体重57kg

右投右打

 

◆投手◆

【榮龍騰(2年)】

生年月日2002年6月26日

出身中学・少年野球チーム
高倉中
(神戸中央シニア)

身長175cm 体重81kg

左投左打

 

◆捕手◆

【岩戸隼樹(2年)】

生年月日2002年4月12日

出身中学・少年野球チーム
富木島中
(東海中央ボーイズ)

身長168cm 体重73kg

右投左打

 

◆一塁手◆

【岩本太一(3年)】

生年月日2001年4月19日

出身中学・少年野球チーム
尾鷲中
(海山リトルシニア)

身長182cm 体重83kg

右投右打

 

◆捕手◆

【水谷響(3年)】

生年月日2001年8月25日

出身中学・少年野球チーム
多度中

身長185cm 体重85kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【谷頭幹太(2年)】

生年月日2002年9月11日

出身中学・少年野球チーム
三方中
(美方ボーイズ)

身長164cm 体重78kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【中村宇亜(2年)】

生年月日2002年4月28日

出身中学・少年野球チーム
魚崎中
(神戸中央シニア)

身長175cm 体重63kg

右投右打

 

◆外野手◆

【伊藤侑希(3年)】

生年月日2001年11月19日

出身中学・少年野球チーム
東員第一中
(四日市ボーイズ)

身長174cm 体重75kg

左投左打

 

◆投手◆

【髙手亮佑(3年)】

生年月日2001年6月18日

出身中学・少年野球チーム
永和中
(藤華クラブ)

身長170cm 体重72kg

右投左打

 


スポンサーリンク


 

津田学園 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から津田学園の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 津田学園の成績≫

【試合数】  13

【勝利・敗戦】10勝3敗

【得点】   6.7

【失点】   2.9

【打率】   .339

【本塁打】   6

【犠打飛】  35

【盗塁】   13

【失策】   16

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪津田学園 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

津田学園の戦力分析ですが、投手陣の柱は最速148キロを誇る右腕 前佑囲斗投手(3年)
直球とスライダーを武器に旧チームから公式戦登板を数多く経験。
昨秋までに体重が5キロ増え、速球も7キロ上がりました。

東海大会では1回戦から3試合連続で完投。
準々決勝では、御殿場西(静岡)から10奪三振の活躍を見せました。

二番手は、多彩な変化球が魅力の2年生左腕 榮龍騰投手

また、横手気味のフォームから最速141キロのストレートを投げ込む降井隼斗投手(3年)らも控えています。

打線の柱となるのは、四番 前川夏輝選手(3年)
フルスイングが持ち味で、東海大会では3試合連続本塁打を放ち、長打力を見せつけました。

三番の藤井久大選手(3年)は、1年生夏からレギュラーで経験抱負。
東海大会準決勝では5回コールド勝ちを決める3ランを放つなど活躍しました。

ただ、津田学園の昨秋の公式戦成績を見て気になったのが失策16。
新チーム発足後、内野陣は他のポジションからのコンバートが多いようで、課題は守備でしょうか。

17年ぶり3度目となるセンバツ切符をつかんだ津田学園。
 
3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。
 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports