選抜高校野球 2019 桐蔭学園 メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 
ここからは、昨秋の関東大会で優勝し、16年ぶり6度目の出場を決めた桐蔭学園(神奈川)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

桐蔭学園について

 
16年ぶり6度目の出場を決めた桐蔭学園。
甲子園出場は春6度目、夏は6度出場。
初出場の1971年夏に全国制覇を果たしました。
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
片桐健一

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【長谷川颯(3年)】

生年月日2001年6月7日

出身中学・少年野球チーム
牛込第三中
(東京神宮シニア)

身長182cm 体重77kg

右投右打

 

◆捕手◆

【清水聖(3年)】

生年月日2001年4月16日

出身中学・少年野球チーム
桐蔭学園中

身長172cm 体重70kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【上川航平(3年)】

生年月日2001年5月14日

出身中学・少年野球チーム
旭が丘中
(藤沢シニア)

身長175cm 体重79kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【山本慎太朗(3年)】

生年月日2001年5月29日

出身中学・少年野球チーム
白木中
(尾張ボーイズ)

身長171cm 体重68kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【川久保瞭太(2年)】

生年月日2002年12月14日

出身中学・少年野球チーム
平山中
(八王子ボーイズ)

身長169cm 体重65kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【森敬斗(主将 3年)】

生年月日2002年1月28日

出身中学・少年野球チーム
藁科中
(島田ボーイズ)

身長173cm 体重70kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【文珠玄基(2年)】

生年月日2002年4月15日

出身中学・少年野球チーム
湘南台中
(湘南ボーイズ)

身長175cm 体重67kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【冨田健悟(2年)】

生年月日2002年5月10日

出身中学・少年野球チーム
立教新座中
(新宿シニア)

身長174cm 体重65kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【馬場愛己(3年)】

生年月日2002年1月4日

出身中学・少年野球チーム
三ヶ島中
(狭山西武ボーイズ)

身長175cm 体重74kg

右投左打

 

◆投手◆

【山崎駿(3年)】

生年月日2001年7月11日

出身中学・少年野球チーム
霞台中
(瑞穂リトルシニア)

身長179cm 体重77kg

右投右打

 

◆投手◆

【伊禮海斗(3年)】

生年月日2001年6月8日

出身中学・少年野球チーム
王禅寺中央中
(町田リトルシニア)

身長174cm 体重65kg

左投左打

 

◆捕手◆

【愛谷俊人(3年)】

生年月日2001年5月30日

出身中学・少年野球チーム
砧中
(世田谷南ボーイズ)

身長174cm 体重72kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【大谷部龍亜(3年)】

生年月日2001年7月22日

出身中学・少年野球チーム
小平第五中
(狭山西武ボーイズ)

身長178cm 体重72kg

右投右打

 

◆二塁・外野手◆

【神田一汰(2年)】

生年月日2002年4月6日

出身中学・少年野球チーム
平井中
(狭山西武ボーイズ)

身長170cm 体重67kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【石原颯(3年)】

生年月日2001年8月1日

出身中学・少年野球チーム
大沢中
(相模ボーイズ)

身長165cm 体重58kg

右投左打

 

◆外野手◆

【石島功大(3年)】

生年月日2001年12月10日

出身中学・少年野球チーム
篠津中
(埼玉杉戸ボーイズ)

身長180cm 体重75kg

右投左打

 

◆投手◆

【鈴木啓悟(3年)】

生年月日2001年9月23日

出身中学・少年野球チーム
桐蔭学園中

身長173cm 体重64kg

左投左打

 

◆投手◆

【渡部慎之介(3年)】

生年月日2001年10月16日

出身中学・少年野球チーム
小手指中
(狭山西武ボーイズ)

身長184cm 体重81kg

左投左打

 


スポンサーリンク


 

桐蔭学園 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から桐蔭学園の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 桐蔭学園の成績≫

【試合数】  14

【勝利・敗戦】12勝2敗

【得点】   7.2

【失点】   3.4

【打率】   .325

【本塁打】   4

【犠打飛】  25

【盗塁】   24

【失策】   29

※ 得点と失点は1試合の平均

桐蔭学園は昨秋の公式戦成績では失策が29と多いのが気になるところ。

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪桐蔭学園 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
昨秋、24年ぶりに関東大会を制した桐蔭学園ですが、神宮大会では筑陽学園(福岡)との初戦で7回コールド負けを喫しました。
しかし、全国レベルを体感できたことはプラスになったのではないでしょうか。

桐蔭学園は、昨秋の新チーム結成時、旧体制からのレギュラーは主将の森敬斗選手(3年)上川航平選手(3年)の2人。
投手陣も柱は不在で、新3年生の6人(左右各3枚)をやりくりする厳しい状況でした。

そんな中、自信をつけてきたのが最速133キロ左腕 伊禮海斗投手(3年)
カーブやスライダー、チェンジアップを交え打たせて取るピッチングが持ち味で、関東大会では初戦から準決勝まで3試合連続で先発、準々決勝と準決勝で完投し24年ぶりの優勝に貢献しました。

しかし、エース番号をつけた神宮大会 筑陽学園との1回戦では、3回7失点で、チームも7回コールド負け。
伊禮投手は冬場に体重を増やしセンバツでは力で押す投球を目指します。

このほか、本格派右腕 長谷川颯投手(3年)など伸び盛りの投手も控えています。

チームを支えるのは、三番 森敬斗主将
右足を高く上げる左の強打者で、昨秋14試合で4本塁打18打点と大活躍。

新チームでは守備の要でもある遊撃手を務め、堅実なフィールディングと強肩でチームに貢献。
さらに目を引くのが50メートル5.8の俊足で、プロも注目する逸材です。

16年ぶり6度目の出場を決めた桐蔭学園。
3月23日から開催される第91回選抜高校野球では、どのようなプレーを見せてくれるでしょうか、楽しみです。
 

 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports