選抜高校野球 2019【21世紀枠】富岡西 メンバー・戦力分析

      2019/02/17

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは創部119年目に初の甲子園出場を決めた富岡西のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

富岡西について

 
21世紀枠で春夏通じて初の甲子園出場を決めた富岡西。
昨秋は徳島県3位で11年ぶりに四国大会に出場、1回戦で高知、準々決勝で帝京五(愛媛)を下し初の4強入り。

また、休日には学校周辺の清掃活動を行うなど、地域貢献にも積極的に取り組んでいます。

野球部員数 42人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
小川浩

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。
 

◆投手◆

【浮橋幸太(3年)】

生年月日2001年4月13日

出身中学・少年野球チーム
阿南第一中

身長174cm 体重78kg

右投左打

 

◆捕手◆

【中西陽(3年)】

生年月日2002年1月25日

出身中学・少年野球チーム
羽ノ浦中

身長160cm 体重63kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【前川広樹(3年)】

生年月日2001年11月9日

出身中学・少年野球チーム
阿南第一中

身長182cm 体重64kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【木村頼知(3年)】

生年月日2001年8月29日

出身中学・少年野球チーム
小松島中
(徳島松南ヤング)

身長172cm 体重64kg

右投右打

◆三塁手◆

【吉田啓剛(3年)】

生年月日2001年10月3日

出身中学・少年野球チーム
海陽中

身長174cm 体重71kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【粟田翔瑛(3年)】

生年月日2001年8月18日

出身中学・少年野球チーム
阿南第一中

身長166cm 体重63kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【山崎光希(3年)】

生年月日2001年12月23日

出身中学・少年野球チーム
羽ノ浦中

身長170cm 体重62kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【安藤稜平(3年)】

生年月日2001年4月13日

出身中学・少年野球チーム
阿南中

身長181cm 体重79kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【坂本賢哉(主将 3年)】

生年月日2001年5月4日

出身中学・少年野球チーム
那賀川中

身長174cm 体重74kg

右投左打

 

◆投手◆

【末広純平(3年)】

生年月日2001年6月14日

出身中学・少年野球チーム
阿南中

身長180cm 体重72kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【久龍海人(3年)】

生年月日2002年1月19日

出身中学・少年野球チーム
相生中

身長174cm 体重74kg

右投右打

 

◆捕手◆

【阿部航一郎(3年)】

生年月日2001年9月25日

出身中学・少年野球チーム
相生中

身長179cm 体重75kg

右投左打

 

◆一塁・投手◆

【大谷圭吾(3年)】

生年月日2001年12月21日

出身中学・少年野球チーム
牟岐中

身長181cm 体重77kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【成松拓海(3年)】

生年月日2001年8月9日

出身中学・少年野球チーム
阿南中
(阿南シティホープ)

身長171cm 体重63kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【片山達貴(3年)】

生年月日2001年10月15日

出身中学・少年野球チーム
加茂谷中

身長175cm 体重70kg

右投右打

 

◆投手◆

【八百原賢太(3年)】

生年月日2001年10月18日

出身中学・少年野球チーム
羽ノ浦中

身長167cm 体重65kg

右投右打

 

◆外野手◆

【石田雄大(3年)】

生年月日2001年9月30日

出身中学・少年野球チーム
阿南第一中

身長171cm 体重68kg

右投両打

 

◆内野手◆

【日下龍我(3年)】

生年月日2001年10月7日

出身中学・少年野球チーム
富岡東中

身長168cm 体重62kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

富岡西 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から富岡西の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 富岡西の成績≫

【試合数】   7

【勝利・敗戦】 5勝2敗

【得点】   7.3

【失点】   3.6

【打率】   .310

【本塁打】   1

【犠打飛】  20

【盗塁】    9

【失策】    7

※ 得点と失点は1試合の平均

昨秋の徳島大会、四国大会の7試合で1試合平均7.3と、高い得点力。

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪富岡西 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
富岡西は、チームの主軸でもある浮橋幸太投手(3年)がエースを務めます。
最速140キロの右腕は、伸びのある直球や、スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップなど変化球をコーナーに投げ分け、昨秋は徳島県大会と四国大会を通じて全7試合を一人で投げぬきました。

また、昨秋の登板機会はありませんでしたが、背番号10を付ける末広純平投手(3年)も控えています。

打線は昨秋の徳島大会、四国大会の7試合で計51得点と高い得点力。

絶対的エース 浮橋投手は打線でも四番を任され、昨秋の徳島大会 城東との準々決勝では右越え2ラン、池田との3位決定戦でも2安打3打点の活躍。
三番 坂本賢哉主将(3年)は、昨秋7試合で打率.667をマークした左打者。四国大会では9打数6安打の活躍を見せました。
また、一番 山﨑光希選手(3年)も昨秋7試合で打率.464の活躍。

昨秋、県3位から四国大会4強まで勝ち上がった富岡西。
初の甲子園では、全国の強豪校を相手にどんな試合を見せてくれるでしょうか。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球が楽しみです。
 

 


スポンサーリンク

 - Sports