選抜高校野球 2019 【優勝候補】龍谷大平安 メンバー・戦力分析

      2019/02/17

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会2019
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは、近畿大会で優勝し、3年ぶり41度目の出場を決めた龍谷大平安(京都)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

龍谷大平安について

 
昨秋は京都3位ながら厳しい試合を勝ち上がり、近畿大会決勝では延長12回サヨナラ勝で優勝、3年ぶり41度目のセンバツ出場を決めた龍谷大平安。
甲子園は春41度目、夏は34度出場、出場数は全国最多を更新しました。
優勝は春1度、夏3度経験。

野球部員数 63人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
原田英彦

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【豊田祐輔(3年)】

生年月日2001年12月10日

出身中学・少年野球チーム
蜂ヶ岡中

身長180cm 体重78kg

左投左打

 

◆捕手◆

【多田龍平(3年)】

生年月日2001年10月28日

出身中学・少年野球チーム
富雄中
(南都ボーイズ)

身長177cm 体重73kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【三尾健太郎(3年)】

生年月日2001年11月6日

出身中学・少年野球チーム
南部中
(南部リトルシニア)

身長180cm 体重81kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【北村涼(3年)】

生年月日2001年6月27日

出身中学・少年野球チーム
洛西中
(高槻リトルシニア)

身長167cm 体重65kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【奥村真大(2年)】

生年月日2002年6月18日

出身中学・少年野球チーム
甲西中
(草津シニア)

身長180cm 体重70kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【羽切陸(3年)】

生年月日2001年10月9日

出身中学・少年野球チーム
曳馬中

身長176cm 体重73kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【半保和貴(3年)】

生年月日2001年7月12日

出身中学・少年野球チーム
長岡第三中
(高槻リトルシニア)

身長168cm 体重71kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【中島大輔(3年)】

生年月日2001年6月4日

出身中学・少年野球チーム
早蘇中
(和歌山御坊ボーイズ)

身長178cm 体重72kg

右投左打

 

◆右翼手◆

【水谷祥平(主将 3年)】

生年月日2001年5月31日

出身中学・少年野球チーム
東輝中
(京都東山ボーイズ)

身長175cm 体重80kg

右投右打

 

◆投手◆

【村尾亮哉(2年)】

生年月日2002年11月5日

出身中学・少年野球チーム
城北中

身長178cm 体重70kg

右投右打

 

◆投手◆

【野澤秀伍(3年)】

生年月日2001年9月13日

出身中学・少年野球チーム
西可児中
(美濃加茂リトルシニア)

身長175cm 体重70kg

左投左打

 

◆捕手◆

【川谷優真(3年)】

生年月日2001年8月31日

出身中学・少年野球チーム
修学院中
(京都ブラックス野球協会)

身長167cm 体重71kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【中嶋駿(3年)】

生年月日2001年11月23日

出身中学・少年野球チーム
岐阜西中
(岐阜フェニックス)

身長176cm 体重72kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【下野優真(3年)】

生年月日2001年4月14日

出身中学・少年野球チーム
樫原中
(京都ピュールヤング)

身長166cm 体重65kg

右投右打

 

◆三塁・捕手◆

【田島輝久(2年)】

生年月日2002年9月5日

出身中学・少年野球チーム
中央中
(チャレンジクラブ)

身長170cm 体重63kg

右投左打

 

◆投手◆

【茨木篤哉(2年)】

生年月日2002年6月15日

出身中学・少年野球チーム
勧修中
(京都嵯峨野ボーイズ)

身長172cm 体重60kg

左投左打

 

◆投・外野手◆

【大國太陽(3年)】

生年月日2002年2月20日

出身中学・少年野球チーム
白鷺中
(松原ボーイズ)

身長176cm 体重72kg

左投左打

 

◆捕手◆

【山崎憂翔(2年)】

生年月日2002年6月13日

出身中学・少年野球チーム
駒ヶ林中
(神戸西リトルシニア)

身長170cm 体重70kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

龍谷大平安 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から龍谷大平安の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 龍谷大平安の成績≫

【試合数】  10

【勝利・敗戦】 8勝2敗

【得点】   6.8

【失点】   3.4

【打率】   .320

【本塁打】   4

【犠打飛】  20

【盗塁】   20

【失策】   14

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪龍谷大平安 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
龍谷大平安は昨秋エース番号を背負った豊田祐輔投手(3年)と、最速138キロの野澤秀伍投手(3年)の左腕コンビが軸。

豊田投手はキレのあるカーブ、スライダーで打たせて取るピッチング。

野澤投手はコースに決まるストレートに球威があり、近畿大会準決勝、決勝で完投勝ち。

一方、攻撃の要は主将で四番の水谷祥平選手(3年)
昨秋は4割5分に迫る高打率を残しました。

昨夏のレギュラーは主将の水谷選手と、二番の北村涼選手(3年)だけ。
北村選手は旧チームの九番から二番に上がり、京都大会では18打数10安打の活躍を見せました。

あとは、昨秋の打率4割の六番 三尾健太郎選手(3年)にも期待。
センバツでは三番に入る可能性も!

もう一人注目の選手が、昨夏1年生ながら甲子園でベンチ入りした五番 奥村真大選手(2年)
近畿大会 市和歌山との準々決勝でサヨナラ打、履正社(大阪)との準決勝では3ランを放つなど打撃センスが光ります。
奥村選手といえば、ヤクルトでプレーする奥村展征を兄に持つだけでなく、父と祖父も甲子園出場を経験。

実は、中学時代から不整脈を持っていて、呼吸が乱れるなどの不調があったそうで……これまで我慢して生活や野球の練習もしていたといいます。
しかし、冬に医師に勧められ、不整脈を改善するカテーテル手術を受けたといいます。

奥村選手は、すでに練習に復帰しているようです。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか、楽しみです。

 

 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports