選抜高校野球 2019 履正社 メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは、昨秋近畿大会で4強入りした履正社(大阪)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

履正社について

 
昨秋近畿大会4強の履正社が2年ぶり8回目の出場を決めました。
甲子園出場は春8度目、夏3度。
春の甲子園では過去2回、準優勝を経験。
2014年春は龍谷大平安に、2017年春は大阪桐蔭に決勝で敗戦。

昨年、甲子園春夏連覇を達成した大阪桐蔭は今大会に選ばれず、大阪代表は履正社1校だけです。

野球部員数 58人

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
岡田龍生

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【清水大成(3年)】

生年月日2001年6月5日

出身中学・少年野球チーム
氷上中
(ベースボールネットワーク)

身長176cm 体重75kg

左投左打

 

◆捕手◆

【野口海音(主将 3年)】

生年月日2001年11月6日

出身中学・少年野球チーム
松原第四中
(松原ボーイズ)

身長170cm 体重83kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【浦野皓太(3年)】

生年月日2001年11月26日

出身中学・少年野球チーム
旭陽中
(南大阪BBC)

身長170cm 体重68kg

右投右打

 

◆二・一塁手◆

【西川黎(年)】

生年月日2001年9月8日

出身中学・少年野球チーム
神戸大学附属中等教育学校
(兵庫伊丹ヤング)

身長172cm 体重72kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【小深田大地(2年)】

生年月日2003年3月25日

出身中学・少年野球チーム
姫路中部中
(姫路アイアンズ)

身長177cm 体重85kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【野上聖喜(3年)】

生年月日2001年9月21日

出身中学・少年野球チーム
長栄中
(東大阪布施ボーイズ)

身長167cm 体重72kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【田上奏大(2年)】

生年月日2002年11月26日

出身中学・少年野球チーム
住之江中
(西成ボーイズ)

身長184cm 体重72kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【桃谷惟吹(3年)】

生年月日2001年5月26日

出身中学・少年野球チーム
湊川中
(兵庫伊丹ヤング)

身長175cm 体重82kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【井上広大(3年)】

生年月日2001年8月12日

出身中学・少年野球チーム
南郷中
(東大阪リトルシニア)

身長187cm 体重97kg

右投右打

 

◆投手◆

【植木佑斗(3年)】

生年月日2001年10月6日

出身中学・少年野球チーム
荒牧中
(兵庫伊丹ヤング)

身長177cm 体重80kg

右投右打

 

◆投手◆

【岩崎峻典(2年)】

生年月日2003年3月11日

出身中学・少年野球チーム
大宮中
(大淀ボーイズ)

身長176cm 体重75kg

右投右打

 

◆捕手◆

【前川虎太郎(2年)】

生年月日2002年11月11日

出身中学・少年野球チーム
安堵中
(泉州阪堺ボーイズ)

身長173cm 体重75kg

右投左打

 

◆外野手◆

【大西蓮(2年)】

生年月日2002年4月2日

出身中学・少年野球チーム
両荘中
(播磨ボーイズ)

身長185cm 体重89kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【池田凜(2年)】

生年月日2003年3月9日

出身中学・少年野球チーム
英田中
(生駒ボーイズ)

身長172cm 体重71kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【中原雄也(2年)】

生年月日2002年10月19日

出身中学・少年野球チーム
久宝寺中
(大阪八尾ボーイズ)

身長169cm 体重66kg

右投右打

 

◆外野手◆

【山本啓太(3年)】

生年月日2001年5月15日

出身中学・少年野球チーム
此花中
(大阪此花ボーイズ)

身長170cm 体重67kg

右投左打

 

◆投手◆

【坂口敦也(3年)】

生年月日2002年2月7日

出身中学・少年野球チーム
常陽中
(尼崎北リトルシニア)

身長181cm 体重84kg

右投左打

 

◆内野手◆

【坂本大樹(3年)】

生年月日2001年7月24日

出身中学・少年野球チーム
東条中
(三田ヤング)

身長175cm 体重70kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

履正社 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から履正社の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 履正社の成績≫

【試合数】  10

【勝利・敗戦】 9勝1敗

【得点】   5.9

【失点】   2.4

【打率】   .309

【本塁打】  11

【犠打飛】  36

【盗塁】    2

【失策】    6

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪履正社 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

ここからは履正社の戦力についてまとめてみたいと思います。

まずは投手陣ですが、中心になるのはプロ注目の145キロ左腕 清水大成投手(3年)になります。

そのほか、昨秋の大阪府大会の決勝で大阪桐蔭を2点に抑え勝利した植木佑斗投手(3年)が控えています。

あと坂口敦也投手(3年)田淵一樹投手(2年)などは楽しみな選手です。

一方、打線は かなり強力です。

中心になるのは四番 井上広大選手(3年)
身長187センチ、体重92キロと恵まれた体格から放たれる打球は鋭く、まさに四番打者といった感じです。

そのほか、2年生ながら三番を任せられる小深田大地選手は1年夏からのレギュラーで長打力とミート力を兼ね備えた左打者。
五番 大西蓮選手(2年)も身長180センチ、体重89キロとどっしりした体格が放たれる長打力が魅力の選手です。
また、捕手の野口海音選手(3年)も小柄ながらパンチ力のある選手。

今回の履正社の武器は長打力ではないでしょうか。
クリーンアップの破壊力は全国レベルと言えます。

投手陣もエース 清水大成投手を中心にレベルは高く、投打がかみ合えば十分に優勝も狙えるのではないでしょうか。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか、楽しみです。
 

 

 


スポンサーリンク

 - Sports