選抜高校野球 2019 大分メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは、センバツ初選出の大分のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

大分について

 
センバツ初選出の大分。
甲子園出場は夏2度で、いずれも1回戦で敗退。

野球部員数 57人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
松尾篤

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【長尾凌我(3年)】

生年月日2001年4月24日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長176cm 体重76kg

右投右打

 

◆捕手◆

【江川侑斗(3年)】

生年月日2001年6月29日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長177cm 体重80kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【中尾拓士(3年)】

生年月日2001年6月11日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長177cm 体重74kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【足立駿(主将 3年)】

生年月日2002年2月10日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長185cm 体重81kg

右投左打

 

◆三・一塁手◆

【飯塚和茂(3年)】

生年月日2001年7月28日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長179cm 体重85kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【小野修太郎(3年)】

生年月日2001年8月17日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長168cm 体重65kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【安藤陽斗(3年)】

生年月日2001年5月29日

出身中学・少年野球チーム
大淀中
(宮崎リトルシニア)

身長175cm 体重73kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【小手川巧(3年)】

生年月日2001年6月4日

出身中学・少年野球チーム
津久見第二中
(大分南リトルシニア)

身長180cm 体重75kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【田中颯悟(2年)】

生年月日2002年4月25日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長171cm 体重68kg

右投右打

 

◆投手◆

【石丸斗和(3年)】

生年月日2001年7月17日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長183cm 体重88kg

右投右打

 

◆投手◆

【飯倉優侃(2年)】

生年月日2002年8月20日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長178cm 体重68kg

左投左打

 

◆捕手◆

【牧巳裕馬(3年)】

生年月日2001年4月20日

出身中学・少年野球チーム
鶴崎中

身長173cm 体重71kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【田﨑千汰(3年)】

生年月日2001年12月26日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長174cm 体重72kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【神田龍大(3年)】

生年月日2001年5月21日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長158cm 体重60kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【緒方一翔(2年)】

生年月日2002年12月3日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長175cm 体重72kg

右投左打

 

◆外野手◆

【阪田寛和(3年)】

生年月日2001年9月16日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長171cm 体重75kg

右投左打

 

◆投手◆

【武藤俊介(3年)】

生年月日2001年12月25日

出身中学・少年野球チーム
千歳中
(大分西南リトルシニア)

身長174cm 体重80kg

右投両打

 

◆外野手◆

【鷲頭涼(3年)】

生年月日2001年7月26日

出身中学・少年野球チーム
大分中
(大分中学リトルシニア)

身長170cm 体重67kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

大分 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から大分の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 大分の成績≫

【試合数】   8

【勝利・敗戦】6勝2敗

【得点】   6.0

【失点】   3.5

【打率】   .306

【本塁打】   1

【犠打飛】  27

【盗塁】   12

【失策】   10

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪大分 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

ここからは今回の大分の戦力についてまとめてみたいと思います。

まずは投手陣ですが、エース右腕 長尾凌我投手(3年)が中心になります。

昨秋の九州地区大会は長尾投手が一人で投げ切るなどセンバツ出場の原動力になりました。
九州地区大会では3試合に登板しましたが、与えたフォアボールは3試合で6つとコントロールが安定していました。
それと同時に3試合を一人で投げきるだけのスタミナも十分あることを証明しました。

ただ、やはり控え投手の底上げも課題とされています。

石丸斗和投手(3年)武藤俊介投手(3年)飯倉優侃投手(2年)などの成長に期待したいところです。

一方、打撃陣ですが昨秋の九州地区大会では2ケタ安打を記録するなど好調でした。
九州地区大会の準々決勝では神村学園(鹿児島)と対戦し、8得点し8回コールドで勝利するなど打線が機能しました。

打線の中心になるのは、故障明けながら高打率を残した足立駿選手(3年)と4番 中尾拓士選手(3年)になりそうです。

昨秋の九州地区大会では打撃陣が本領発揮しましたが、今年のチームはエース 長尾投手を中心に守りのチームになりそうです。
守備でリズムを作り、攻撃に繋げていきたいところです。

選抜ではどんな戦いを見せてくれるでしょうか。

3月23日に開幕です。
 

 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports