選抜高校野球 2019 日章学園メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは、センバツ初出場を決めた日章学園(宮崎)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

日章学園について

 
九州大会4強入りし、センバツ初出場を決めた日章学園。
甲子園出場は2002年夏のみで未勝利。

野球部員数 45人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
畑尾大輔

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【石嶋留衣(3年)】

生年月日2001年6月7日

出身中学・少年野球チーム
富田中

身長174cm 体重65kg

右投右打

 

◆捕手◆

【深草駿哉(3年)】

生年月日2001年8月10日

出身中学・少年野球チーム
日章学園中

身長158cm 体重68kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【長田直樹(3年)】

生年月日2001年7月13日

出身中学・少年野球チーム
日章学園中

身長173cm 体重68kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【福山凜(主将 3年)】

生年月日2001年4月18日

出身中学・少年野球チーム
上新田中

身長167cm 体重67kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【稲森心(3年)】

生年月日2001年4月12日

出身中学・少年野球チーム
日章学園

身長169cm 体重70kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【百武優努(3年)】

生年月日2001年6月18日

出身中学・少年野球チーム
日章学園中

身長167cm 体重60kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【森永光洋(3年)】

生年月日2001年8月28日

出身中学・少年野球チーム
日章学園中

身長171cm 体重70kg

左投左打

 

◆中堅手◆

【平野大和(3年)】

生年月日2001年8月7日

出身中学・少年野球チーム
日章学園中

身長176cm 体重80kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【金子大輝(3年)】

生年月日2001年11月8日

出身中学・少年野球チーム
片柳中
(大宮七里ボーイズ)

身長169cm 体重69kg

右投右打

 

◆外野手◆

【髙山祐揮(3年)】

生年月日2001年10月19日

出身中学・少年野球チーム
赤江中

身長171cm 体重68kg

左投左打

 

◆投手◆

【寺原亜錬(3年)】

生年月日2001年4月4日

出身中学・少年野球チーム
日章学園中

身長176cm 体重67kg

右投右打

 

◆捕手◆

【小倉誠(3年)】

生年月日2001年6月21日

出身中学・少年野球チーム
日章学園中

身長166cm 体重66kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【倉永歩武(3年)】

生年月日2001年11月6日

出身中学・少年野球チーム
日章学園中

身長168cm 体重88kg

右投左打

 

◆内野手◆

【前田晴也(3年)】

生年月日2001年6月28日

出身中学・少年野球チーム
日章学園中

身長172cm 体重60kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【綟川誠宗(3年)】

生年月日2001年9月23日

出身中学・少年野球チーム
日章学園中

身長171cm 体重74kg

右投右打

 

◆投手◆

【木村士元(3年)】

生年月日2001年9月29日

出身中学・少年野球チーム
岡垣中

身長173cm 体重67kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【平川耕輔(3年)】

生年月日2001年9月23日

出身中学・少年野球チーム
岡垣中

身長178cm 体重78kg

右投右打

 

◆投手◆

【小迫恭汰(3年)】

生年月日2001年5月15日

出身中学・少年野球チーム
日章学園中

身長173cm 体重66kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

日章学園 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から日章学園の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 日章学園の成績≫

【試合数】   8

【勝利・敗戦】7勝1敗

【得点】   6.0

【失点】   2.9

【打率】   .321

【本塁打】   2

【犠打飛】  15

【盗塁】   10

【失策】    4

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪日章学園 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

ここからは今回の日章学園の戦力についてまとめてみたいと思います。

まずは投手陣ですが、130キロ台中盤のストレート投げるエース右腕 石嶋留衣投手(3年)と技巧派右腕 寺原亜錬投手(3年)が中心になります。

寺原亜錬投手のストレートは120台。そこに緩いカーブなどで緩急をつけます。
打者のタイミングが合ってきたところで、エース 石嶋留衣投手に継投。
秋の大会ではそんな投手起用が多く見られました。

ただ、2人とも完投するだけのスタミナもあります。
タイプの違う両投手がセンバツでどれくらい通用するかポイントになりそうです。

一方、打撃陣ですが3番 森永光洋選手(3年)、4番 平野大和選手(3年)が中心になります。
上位打線は強力。
秋の九州地区大会の1回戦では九州国際大付のプロ注目投手 下村海翔投手の立ち上げりを攻め、2回までに7安打6得点を奪うなど打撃力を見せました。

昨夏の宮崎県では決勝で惜しくも日南学園に敗れ、甲子園出場とはなりませんでしたが強いチームでした。

今回のチームは旧チームのレギュラーも多く残り、秋季九州地区大会でベスト4入りしセンバツを決めました。
センバツではどんな戦いを見せてくれるでしょうか?

第91回選抜高校野球大会は3月23日に開幕します。
 

 

 


スポンサーリンク

 - Sports