選抜高校野球 2019 習志野 メンバー・戦力分析

      2019/02/17

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは10年ぶり4度目の出場を決めた習志野(千葉)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

習志野について

 
10年ぶり4度目の選出となった習志野。
甲子園出場は春4度目、夏8度で、1967年夏と、1975年夏に全国制覇しています。

野球部員数 51人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
小林徹

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【飯塚脩人(3年)】

生年月日2002年3月20日

出身中学・少年野球チーム
習志野第二中

身長181cm 体重78kg

右投左打

 

◆捕手◆

【兼子将太朗(3年)】

生年月日2001年8月25日

出身中学・少年野球チーム
市川第七中
(市川ボーイズ)

身長182cm 体重80kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【髙橋一翔(3年)】

生年月日2001年11月5日

出身中学・少年野球チーム
中台中
(成田ボーイズ)

身長177cm 体重73kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【小澤拓海(2年)】

生年月日2002年4月5日

出身中学・少年野球チーム
九十九里中
(佐倉リトルシニア)

身長172cm 体重62kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【和田泰征(2年)】

生年月日2003年2月14日

出身中学・少年野球チーム
春江中
(市川ボーイズ)

身長183cm 体重78kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【角田勇斗(2年)】

生年月日2002年4月24日

出身中学・少年野球チーム
法田中
(佐倉リトルシニア)

身長170cm 体重66kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【竹縄俊希(主将 3年)】

生年月日2001年5月2日

出身中学・少年野球チーム
萱田中
(千葉市リトルシニア)

身長170cm 体重62kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【根本翔吾(主将 3年)】

生年月日2001年4月13日

出身中学・少年野球チーム
成田中
(佐倉リトルシニア)

身長165cm 体重68kg

左投左打

 

◆右翼手◆

【山内翔太(2年)】

生年月日2002年11月4日

出身中学・少年野球チーム
瑞江第二中
(市川ボーイズ)

身長169cm 体重66kg

左投左打

 

◆投手◆

【山本慶都(3年)】

生年月日2001年11月27日

出身中学・少年野球チーム
習志野第二中
(佐倉リトルシニア)

身長177cm 体重76kg

右投右打

 

◆外野手◆

【福山康聖(3年)】

生年月日2001年7月16日

出身中学・少年野球チーム
勝浦北中
(千葉幕張ボーイズ)

身長163cm 体重57kg

右投右打

 

◆捕手◆

【京極塁(2年)】

生年月日2002年8月16日

出身中学・少年野球チーム
習志野第二中
(佐倉リトルシニア)

身長170cm 体重66kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【佐々木駿太(3年)】

生年月日2002年2月5日

出身中学・少年野球チーム
磯辺中
(千葉市リトルシニア)

身長175cm 体重65kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【松本陸(3年)】

生年月日2001年7月1日

出身中学・少年野球チーム
南山中
(八千代中央リトルシニア)

身長172cm 体重70kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【櫻井亨佑(2年)】

生年月日2002年6月25日

出身中学・少年野球チーム
下総みどり学園中

身長178cm 体重74kg

右投左打

 

◆三塁・外野手◆

【髙橋雅也(2年)】

生年月日2002年6月9日

出身中学・少年野球チーム
佐倉中
(佐倉リトルシニア)

身長175cm 体重68kg

右投右打

 

◆外野手◆

【田邉秀馬(3年)】

生年月日2002年1月7日

出身中学・少年野球チーム
習志野第二中
(オール沼南ベースボールクラブ)

身長170cm 体重65kg

右投右打

 

◆投手◆

【岩沢知幸(3年)】

生年月日2001年12月31日

出身中学・少年野球チーム
成東東中
(九十九リトルシニア)

身長170cm 体重62kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

習志野 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から習志野の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 習志野の成績≫

【試合数】  11

【勝利・敗戦】 9勝2敗

【得点】   5.1

【失点】   1.9

【打率】   .298

【本塁打】   2

【犠打飛】  27

【盗塁】   23

【失策】    8

※ 得点と失点は1試合の平均

昨秋の公式戦成績を見てみると、習志野は1試合平均失点が1点台。

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪習志野 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

ここからは習志野高校の戦力について調べてみました。

まずは投手陣ですが、やはりエースの飯塚脩人投手(3年)に期待がかかります。
最速145キロのプロ注目右腕で、昨秋の千葉県大会では背番号「10」でしたが関東地区大会から背番号「1」になりました。

そのほかの投手では、外野手兼任の左腕 山内翔太選手(2年)にも期待がかかります。
最速130キロながらカーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークなど変化球は多彩。
またゲームメイクに長けているので先発向きの投手です。

また、右下手投げの岩沢知幸投手(3年)、千葉県大会で背番号「1」の杉山隆玄投手など枚数は揃っています。

一方、打撃陣ですが秋季千葉県大会、関東地区大会を通じて、ホームランは1本と長打力は発揮出来ませんでした。
ただ、若いチームなので冬場のトレーニングで打撃が向上することは十分考えれます。

そんな中、打撃陣を引っ張るのは旧チームからのレギュラー根本翔吾選手(3年)や2年生ながら4番を任される和田泰征選手が中心になります。
ただ、高橋一翔選手(3年)角田勇斗選手(2年)竹縄俊希選手(3年)小澤拓海選手(2年)などしぶといバッターも多く、上手く継げれば得点力はアップしそうです。

チームとしては、投手陣が最少失点に抑え、打撃陣がどれだけチャンスで得点できるかがポイントになります。
最少失点に抑えるためにも、やはりエース 飯塚脩人投手の投球に注目が集まりそうです。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。
 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports