選抜高校野球 2019 盛岡大付 メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは秋季東北大会で準優勝、2年ぶり5度目の出場を決めた盛岡大付(岩手)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

盛岡大付について

 
1980年に創部。

関口清治監督が高校3年生だった1995年夏に甲子園初出場。
これまで春4回、夏10回の甲子園出場を果たしています。

野球部員数 78人

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
関口清治

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【阿部秀俊(3年)】

生年月日2001年4月17日

出身中学・少年野球チーム
一関東中
(岩手ボーイズ)

身長165cm 体重63kg

左投左打

 

◆捕手◆

【島上眞綾(3年)】

生年月日2001年5月28日

出身中学・少年野球チーム
学文中
(宝塚ボーイズ)

身長166cm 体重66kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【及川温大(主将 3年)】

生年月日2001年12月26日

出身中学・少年野球チーム
水沢南中

身長181cm 体重75kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【佐々木俊輔(3年)】

生年月日2001年7月18日

出身中学・少年野球チーム
飯豊中
(花巻リトルシニア)

身長168cm 体重65kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【小野寺颯斗(3年)】

生年月日2001年11月11日

出身中学・少年野球チーム
水沢南中
(花巻リトルシニア)

身長170cm 体重75kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【峰圭哉(3年)】

生年月日2002年3月11日

出身中学・少年野球チーム
明治中
(小山ボーイズ)

身長170cm 体重64kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【平賀佑東(3年)】

生年月日2001年12月18日

出身中学・少年野球チーム
大宮中
(滝沢いわてリトルシニア)

身長182cm 体重77kg

右投左打

 

◆中堅・一塁手◆

【小川健成(3年)】

生年月日2001年7月31日

出身中学・少年野球チーム
大正東中
(大正ボーイズ)

身長172cm 体重77kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【岡田光輝(3年)】

生年月日2001年9月18日

出身中学・少年野球チーム
大正西中
(大正ボーイズ)

身長177cm 体重75kg

右投右打

 

◆投手◆

【木内優成(3年)】

生年月日2001年9月25日

出身中学・少年野球チーム
雫石中

身長175cm 体重75kg

右投右打

 

◆投手◆

【石井駿大朗(2年)】

生年月日2002年8月28日

出身中学・少年野球チーム
綾北中
(横浜瀬谷ボーイズ)

身長170cm 体重74kg

右投右打

 

◆外野手◆

【松原瑠来(3年)】

生年月日2001年8月26日

出身中学・少年野球チーム
七郷中
(仙台東部シニア)

身長170cm 体重62kg

右投右打

 

◆内野手◆

【竹ヶ原大輝(3年)】

生年月日2001年8月11日

出身中学・少年野球チーム
志波姫中
(大崎シニア)

身長172cm 体重70kg

右投右打

 

◆内野手◆

【早川公平(3年)】

生年月日2001年5月30日

出身中学・少年野球チーム
渋谷中
(宝塚ボーイズ)

身長168cm 体重70kg

右投右打

 

◆内野手◆

【小島乃(3年)】

生年月日2001年7月5日

出身中学・少年野球チーム
三沢第二中

身長164cm 体重65kg

右投左打

 

◆外野手◆

【村上颯(3年)】

生年月日2001年8月31日

出身中学・少年野球チーム
御殿山中
(東成シニア)

身長171cm 体重60kg

右投左打

 

◆投手◆

【大谷智琢(3年)】

生年月日2001年6月14日

出身中学・少年野球チーム
前橋第七中
(高崎ボーイズ)

身長169cm 体重71kg

右投右打

 

◆外野手◆

【坂口恭真(3年)】

生年月日2001年8月22日

出身中学・少年野球チーム
天王寺川中
(宝塚ボーイズ)

身長174cm 体重70kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

盛岡大付 戦力分析

 

 
 
まずは、昨秋の公式戦成績から盛岡大付の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 盛岡大付の成績≫

【試合数】  12

【勝利・敗戦】10勝2敗

【得点】   7.5

【失点】   2.6

【打率】   .339

【本塁打】   7

【犠打飛】  27

【盗塁】   30

【失策】   12

※ 得点と失点は1試合の平均

盛岡大付は、昨秋 公式戦12試合で91点。
1試合平均得点7.5と、打線は強力です。

また、昨秋は公式戦12試合で盗塁が30と多く、機動力を生かした攻撃も!

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪盛岡大付 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
投手陣の柱は、身長168センチの小柄な左腕 阿部秀俊投手(3年)
昨秋の公式戦は9試合に登板し、東北大会は全4試合に先発し3試合を完投。
防御率1.40でチームをけん引しました。

阿部投手の直球は最速132キロですが、カーブ、スライダー、チェンジアップ、スクリューと変化球が多彩。

このほか、直球に力のある右腕 木内優成投手(3年)や、制球力のある石井駿大朗投手(2年)、直球が140キロを超える大谷智琢投手(3年)と投手陣は充実しています。

攻撃面では、今秋ドラフトの超目玉でもある最速157キロ右腕 大船渡の佐々木朗希投手から7点を奪って打ち崩すなど打線が強力。

一番 峰圭哉選手(3年)は、1年秋からレギュラー。
しぶとい打撃で打線を引っ張る左の巧打者です。

三番 岡田光輝選手(3年)は、パンチ力と勝負強さがあり昨秋の公式戦で2本塁打、打率.383の活躍。

長打力のある四番 小野寺颯斗選手(3年)は、昨秋に膝の半月板を損傷し3週間入院。
秋季大会地区予選、県大会には出場できませんでしたが、ケガから復活し東北大会からベンチ入り。
古川(宮城)との準決勝では2本の二塁打を含む3打数3安打1打点、八戸学院光星との決勝でも4打数2安打1打点と活躍しました。

また、五番 平賀佑東選手(3年)は、大船渡の佐々木投手から2塁打3本、東北大会準決勝では5打点と大活躍しています。

盛岡大付のメンバーは、秋以降 肉体改造の一環として1日3度の食事に3度の間食という”食トレ”にも力を入れており、小柄なエース 阿部投手は体重57キロから6キロ増に成功。
球威が磨かれたといいます。

室内練習場がなく、雪が多いと打撃マシンも使えないという盛岡大付。
3月3日からは沖縄合宿、鹿児島と宮崎で実戦を積んで、開幕直前には奈良の智弁学園や天理など甲子園常連校と練習試合を行う予定です。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか、楽しみです。
 

 

 


スポンサーリンク

 - Sports