選抜高校野球 2019 松山聖陵メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは四国大会で準優勝し、2年連続2回目のセンバツ出場を決めた松山聖陵(愛媛)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

松山聖陵について

 
2年連続2度目の出場を決めた松山聖陵。
2016年にアドゥワ誠投手(広島)を擁して夏の愛媛大会を制し悲願の甲子園初出場。
昨春は土居豪人投手(ロッテ)を中心にセンバツ初出場しましたが、いずれも初戦敗退。

野球部員数 55人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

松山聖陵の荷川取秀明監督は部内暴力と報告義務違反で3月25日まで2カ月の謹慎。

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【根本大蓮(主将 3年)】

生年月日2001年5月17日

出身中学・少年野球チーム
拓南中

身長188cm 体重89kg

右投右打

 

◆捕手◆

【岸田明翔(2年)】

生年月日2002年7月3日

出身中学・少年野球チーム
芝谷中
(高槻ボーイズ)

身長174cm 体重85kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【宮川清次(3年)】

生年月日2001年5月25日

出身中学・少年野球チーム
西宇治中
(京都東山ボーイズ)

身長173cm 体重73kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【渡部龍弥(3年)】

生年月日2001年4月23日

出身中学・少年野球チーム
松山西中

身長170cm 体重68kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【坂本幸成(2年)】

生年月日2002年10月2日

出身中学・少年野球チーム
港南中

身長170cm 体重72kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【田窪琉風(3年)】

生年月日2001年9月4日

出身中学・少年野球チーム
名護中

身長165cm 体重60kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【新城健太朗(3年)】

生年月日2001年5月30日

出身中学・少年野球チーム
浦添中

身長174cm 体重73kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【折田玲(3年)】

生年月日2001年4月5日

出身中学・少年野球チーム
西落合中
(美蹴館ロケッツ)

身長172cm 体重68kg

右投左打

 

◆右翼手◆

【秀平琉晟(3年)】

生年月日2001年5月20日

出身中学・少年野球チーム
如是中
(高槻ボーイズ)

身長165cm 体重56kg

右投右打

 

◆投手◆

【佐野幸輝(3年)】

生年月日2001年5月17日

出身中学・少年野球チーム
梶中
(大阪畷ヤング)

身長173cm 体重70kg

右投右打

 

◆外野手◆

【湧川輝星(3年)】

生年月日2001年9月7日

出身中学・少年野球チーム
小禄中
(那覇ボーイズ)

身長166cm 体重67kg

右投右打

 

◆投手◆

【平安山陽(2年)】

生年月日2003年1月30日

出身中学・少年野球チーム
大宮中

身長177cm 体重77kg

右投右打

 

◆投手◆

【高松亨有(2年)】

生年月日2002年12月6日

出身中学・少年野球チーム
精華西中
(南部ボーイズ)

身長173cm 体重63kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【大村侑希(3年)】

生年月日2001年8月25日

出身中学・少年野球チーム
雄新中

身長183cm 体重83kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【後藤響(3年)】

生年月日2002年3月29日

出身中学・少年野球チーム
雄新中

身長170cm 体重65kg

右投右打

 

◆捕手◆

【小川諒大(2年)】

生年月日2002年7月28日

出身中学・少年野球チーム
岩倉中
(東海スラッガーズヤング)

身長169cm 体重68kg

右投右打

 

◆内・外野手◆

【川口端午(2年)】

生年月日2002年5月5日

出身中学・少年野球チーム
高槻第六中
(高槻ボーイズ)

身長173cm 体重70kg

右投左打

 

◆投手◆

【金城善太(2年)】

生年月日2002年10月19日

出身中学・少年野球チーム
那覇中

身長170cm 体重65kg

左投左打

 


スポンサーリンク


 

松山聖陵 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から松山聖陵の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 松山聖陵の成績≫

【試合数】   9

【勝利・敗戦】7勝2敗

【得点】   6.6

【失点】   3.7

【打率】   .330

【本塁打】   2

【犠打飛】  17

【盗塁】   13

【失策】   12

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪松山聖陵 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
今年の松山聖陵は攻守のバランスが良いチームです。

投手陣は、身長188センチのエースで主将の根本大蓮投手(3年)が大黒柱。
最速130キロ台後半の手元で伸びる直球で打球を詰まらせたり、スライダー、フォーク、チェンジアップなどの変化球を使い分けます。

直球に伸びのある平安山陽投手(2年)は昨秋の愛媛県大会 今治西との3位決定戦で先発し8回3失点の粘り強いピッチングで好投。
四国大会でも、川島(徳島)との準々決勝で3安打1失点、13奪三振で完投。
安定した投球で準優勝に貢献しました。

このほか、右の高松亨有投手(2年)佐野幸輝投手(3年)、左の金城善太投手(2年)らが控えており投手陣は層が厚いです。

続いて打線ですが、中軸を担う田窪琉風選手(3年)折田玲選手(3年)は勝負強く昨秋はともに10打点をマーク。

この冬は各選手が食事量を増やし筋力強化に励んでおり、冬を越え打線のパワーアップも期待されます。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか、楽しみです。

 

 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports