選抜高校野球 2019 国士舘 メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは、東京大会優勝の国士舘(東京)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

国士舘について

 
10年ぶり9度目の出場を決めた国士舘。
甲子園出場は春9度目、夏1度。

野球部員数 65人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
永田昌弘

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【白須仁久(3年)】

生年月日2001年6月22日

出身中学・少年野球チーム
冨士見台中

身長182cm 体重79kg

右投右打

 

◆捕手◆

【澤野智哉(3年)】

生年月日2001年4月19日

出身中学・少年野球チーム
八王子第六中
(八王子シニア)

身長170cm 体重70kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【黒澤孟朗(2年)】

生年月日2002年7月18日

出身中学・少年野球チーム
高尾台中
(金沢ヤングブルーウェーブ)

身長168cm 体重72kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【黒川麟太朗(3年)】

生年月日2001年4月5日

出身中学・少年野球チーム
井田中
(横浜緑リトルシニア)

身長180cm 体重70kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【遠山樹人(3年)】

生年月日2001年4月25日

出身中学・少年野球チーム
稲城第六中
(町田ボーイズ)

身長171cm 体重65kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【鎌田州真(2年)】

生年月日2002年6月12日

出身中学・少年野球チーム
志茂田中
(グランフレール)

身長184cm 体重73kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【冨田洋佑(3年)】

生年月日2001年4月10日

出身中学・少年野球チーム
瑞江第三中
(下鎌田アトムズ)

身長175cm 体重75kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【森中翼(3年)】

生年月日2001年5月26日

出身中学・少年野球チーム
稲田中
(狛江ボーイズ)

身長175cm 体重78kg

左投左打

 

◆右翼手◆

【渡辺伸太郎(3年)】

生年月日2001年6月28日

出身中学・少年野球チーム
幕張本郷中
(江戸川南ボーイズ)

身長174cm 体重76kg

右投右打

 

◆外野手◆

【松室直樹(主将 3年)】

生年月日2001年7月18日

出身中学・少年野球チーム
小岩第二中
(小岩ジュニア)

身長167cm 体重66kg

左投左打

 

◆投手◆

【山崎晟弥(3年)】

生年月日2001年7月31日

出身中学・少年野球チーム
三田中
(東京サニーズ)

身長183cm 体重89kg

右投右打

 

◆投手◆

【石橋大心(3年)】

生年月日2001年10月2日

出身中学・少年野球チーム
川崎中
(川崎ボーイズ)

身長166cm 体重67kg

左投左打

 

◆捕手◆

【吉田健吾(2年)】

生年月日2002年4月30日

出身中学・少年野球チーム
足立第十四中
(狭山西武ボーイズ)

身長180cm 体重82kg

右投右打

 

◆外野手◆

【渡辺彪(3年)】

生年月日2001年9月19日

出身中学・少年野球チーム
小金井第一中
(武蔵府中リトルシニア)

身長175cm 体重76kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【伊藤優(2年)】

生年月日2003年1月31日

出身中学・少年野球チーム
調布第七中
(稲城シニア)

身長165cm 体重58kg

右投左打

 

◆投手◆

【岩瀬風馬(2年)】

生年月日2002年7月11日

出身中学・少年野球チーム
桜堤中
(鐘ヶ淵イーグルス)

身長172cm 体重73kg

左投左打

 

◆投・外野手◆

【中西健登(2年)】

生年月日2002年8月26日

出身中学・少年野球チーム
緑丘中
(調布リトルシニア)

身長185cm 体重70kg

右投右打

 

◆投・内野手◆

【山田裕也(3年)】

生年月日2002年2月5日

出身中学・少年野球チーム
駒留中
(上馬シニア野球クラブ)

身長173cm 体重78kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

国士舘 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から国士舘の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 国士舘の成績≫

【試合数】   9

【勝利・敗戦】 8勝1敗

【得点】   5.7

【失点】   2.2

【打率】   .299

【本塁打】   1

【犠打飛】  29

【盗塁】   10

【失策】    7

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪国士舘 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
国士舘の戦力分析ですが、投手陣は昨秋の都大会で右腕の白須仁久投手(3年)が急成長。
初めての公式戦ベンチ入りながら、神宮大会までの9試合中8試合に先発し7勝。
監督から新球習得を厳命され、的を絞らせない投球で10年ぶりの東京大会優勝に貢献しました。

昨秋は先発の白須投手がいけるところまで投げ、要所で左腕 石橋大心投手(3年)をはさみ、山崎晟弥投手(3年)の継投で乗り切りました。
しかし、山崎投手は年明け早々に柔道寒げいこで右手薬指を骨折。復帰時期が気になるところです。

打線は好調で、バッテリーを除く先発野手陣が全員、打率3割台。

特に2年生の四番 黒澤孟朗選手が躍動。低い独特の構えから新チームで最多の6本塁打と活躍しました。
しかし、山崎投手同様に柔道寒げいこで左足首を痛めた黒澤選手。
診断は脱臼骨折と靱帯損傷で全治3カ月だといいます。
リハビリを始めているようですが、こちらも復帰時期が気になるところ。

また、同じく2年生ながら昨秋公式戦でチームトップの10打点、打率.393と活躍した鎌田州真選手は選球眼もいい選手です。

センバツでは、昨秋三番で打率333と好調だった冨田洋佑選手(3年)が四番に座る可能性もあります。

昨秋、10年ぶりに東京制覇を果たした国士舘。

センバツまでに、さらなる成長が期待されます。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか、楽しみです。

 

 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports