選抜高校野球 2019 春日部共栄 メンバー・戦力分析

      2019/02/17

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは、昨秋関東大会で準優勝し、22年ぶり3度目のセンバツ出場を決めた春日部共栄(埼玉)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

春日部共栄について

 
昨秋関東大会で準優勝し、センバツ出場が確実視されていた春日部共栄ですが、指導歴39年のベテラン 本多利治監督が昨春に体罰をしていたことが発覚。
センバツ出場に支障はなかったものの、本多監督は部内暴力と報告義務違反で5月11日まで4カ月の謹慎となり、監督代行を立てて甲子園に臨むといいます。

甲子園出場は春3度目、夏5度。

野球部員数 79人
 

ベンチ入り予想メンバー

 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。
 

◆投手◆

【村田賢一(3年)】

生年月日2001年8月31日

出身中学・少年野球チーム
日の出中
(東京城南ボーイズ)

身長182cm 体重80kg

右投右打

 

◆捕手◆

【石﨑聖太郎(主将 3年)】

生年月日2001年9月20日

出身中学・少年野球チーム
大久保中
(友部リトルシニア)

身長174cm 体重78kg

右投左打

 

◆一塁手◆

【森飛翼(3年)】

生年月日2001年6月1日

出身中学・少年野球チーム
和名ヶ谷中

身長176cm 体重83kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【平岡大典(3年)】

生年月日2001年4月23日

出身中学・少年野球チーム
赤塚第三中
(新宿シニア)

身長165cm 体重70kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【片平進(3年)】

生年月日2001年6月14日

出身中学・少年野球チーム
春日部共栄中
(春日部ボーイズ)

身長180cm 体重82kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【丸田輝(3年)】

生年月日2001年7月24日

出身中学・少年野球チーム
富士中

身長180cm 体重66kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【平尾柊翔(2年)】

生年月日2003年2月18日

出身中学・少年野球チーム
大石南中

身長175cm 体重73kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【黒川渓(3年)】

生年月日2001年5月10日

出身中学・少年野球チーム
第二砂町中
(東京城南ボーイズ)

身長178cm 体重75kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【木村大悟(3年)】

生年月日2001年6月21日

出身中学・少年野球チーム
菖蒲中
(春日部ボーイズ)

身長175cm 体重67kg

左投左打

 

◆投手◆

【小森結(3年)】

生年月日2001年6月12日

出身中学・少年野球チーム
春日部共栄中
(春日部ボーイズ)

身長171cm 体重76kg

右投左打

 

◆投手◆

【菊池翔(2年)】

生年月日2002年8月18日

出身中学・少年野球チーム
鳩ヶ谷中

身長175cm 体重64kg

左投左打

 

◆捕手◆

【上原雅也(3年)】

生年月日2001年11月10日

出身中学・少年野球チーム
青木中

身長173cm 体重70kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【榊原圭哉(3年)】

生年月日2001年8月7日

出身中学・少年野球チーム
諏訪台中
(江戸川中央リトルシニア)

身長184cm 体重86kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【髙橋秀弥(2年)】

生年月日2002年7月6日

出身中学・少年野球チーム
希望が丘中
(横浜緑ボーイズ)

身長170cm 体重68kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【安保昇希(2年)】

生年月日2003年2月3日

出身中学・少年野球チーム
美園中
(新宿リトルシニア)

身長171cm 体重64kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【森田翔(2年)】

生年月日2002年12月2日

出身中学・少年野球チーム
清瀬中
(武蔵狭山ボーイズ)

身長173cm 体重70kg

右投右打

 

◆外野手◆

【舘重憲(3年)】

生年月日2001年8月5日

出身中学・少年野球チーム
柏第三中
(流山クラブ)

身長173cm 体重75kg

右投左打

 

◆外野手◆

【高柳光平(3年)】

生年月日2001年5月26日

出身中学・少年野球チーム
足立第九中

身長176cm 体重76kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

春日部共栄 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から春日部共栄の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 春日部共栄の成績≫

【試合数】  11

【勝利・敗戦】10勝1敗

【得点】   6.8

【失点】   2.7

【打率】   .313

【本塁打】   7

【犠打飛】  13

【盗塁】   24

【失策】   12

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪春日部共栄 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
22年ぶりにセンバツ出場を果たした春日部共栄。

チームの大黒柱は、県大会初戦から関東大会準決勝まで1人で投げ抜いた エースで四番の村田賢一投手(3年)
最速146キロの直球にツーシーム、縦変化のカーブ、スライダー、フォークボールなど変化球も多彩。

そのほか、強気なピッチングが持ち味の右腕 小森結投手(3年)や、制球とテンポの良さが強みの左腕 菊地翔投手(2年)など、センバツに向けて2番手以降の台頭が待たれます。

打線も四番 村田投手がけん引。
関東大会 準々決勝では横浜(神奈川)の153キロ左腕 及川雅貴投手(3年)から本塁打を放ち、九番 森飛翼選手(3年)もソロを放つなど9-2で7回コールド勝利に貢献しました。

村田投手の前後にも強打者がそろっており、三番の平尾柊翔選手は2年生ながら鋭いスイングを見せ、公式戦.429と高打率をマーク。
五番 石崎聖太郎主将(3年)は、チームトップの11打点の活躍。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか、楽しみです。
 

 


スポンサーリンク

 - Sports