選抜高校野球 2019 市立和歌山メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会2019
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは、近畿大会8強 3年ぶり6度目のセンバツ出場を決めた市立和歌山のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

市立和歌山について

 
近畿大会準々決勝で、優勝した龍谷大平安(京都)に1点差で敗れた市立和歌山ですが、3年ぶり6度目のセンバツ切符をつかみました。

甲子園は春6度目、夏5度。

野球部員数 40人
 
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
半田真一

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【岩本真之介(2年)】

生年月日2002年5月16日

出身中学・少年野球チーム
耐久中
(湯浅ボーイズ)

身長182cm 体重70kg

左投左打

 

◆捕手◆

【米田航輝(主将 3年)】

生年月日2001年10月6日

出身中学・少年野球チーム
山直中
(貝塚シニア)

身長172cm 体重76kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【片上柊也(3年)】

生年月日2002年1月28日

出身中学・少年野球チーム
熊取北中
(貝塚シニア)

身長167cm 体重74kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【下井田知也(3年)】

生年月日2001年10月1日

出身中学・少年野球チーム
紀伊中

身長171cm 体重73kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【山野雄也(3年)】

生年月日2001年7月7日

出身中学・少年野球チーム
西浜中
(和歌山ボーイズ)

身長168cm 体重73kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【緒方隆之介(3年)】

生年月日2001年10月15日

出身中学・少年野球チーム
明和中
(和歌山ボーイズ)

身長174cm 体重80kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【瀧谷侑斎(2年)】

生年月日2002年7月23日

出身中学・少年野球チーム
金屋中
(和歌山有田ボーイズ)

身長176cm 体重78kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【上原拓海(2年)】

生年月日2002年11月28日

出身中学・少年野球チーム
伏虎義務教育
(和歌山ボーイズ)

身長166cm 体重71kg

右投左打

 

◆右翼手◆

【柏山崇(3年)】

生年月日2001年5月1日

出身中学・少年野球チーム
新庄中

身長175cm 体重77kg

右投右打

 

◆投手◆

【奴田宗也(2年)】

生年月日2002年8月日27

出身中学・少年野球チーム
高野口中
(紛河リトルシニア)

身長170cm 体重65kg

左投左打

 

◆三塁手◆

【鈴木大陽(3年)】

生年月日2001年8月25日

出身中学・少年野球チーム
妙寺中

身長172cm 体重76kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【南出椋生(3年)】

生年月日2001年6月25日

出身中学・少年野球チーム
高積中
(和歌山ボーイズ)

身長180cm 体重83kg

右投右打

 

◆外野手◆

【壹岐有翔(2年)】

生年月日2002年8月5日

出身中学・少年野球チーム
泉佐野第三中
(貝塚ヤング)

身長186cm 体重82kg

右投左打

 

◆外野手◆

【山田叶夢(3年)】

生年月日2001年6月26日

出身中学・少年野球チーム
郷荘中
(大阪狭山ヤング)

身長172cm 体重73kg

右投右打

 

◆外野手◆

【松山敦紀(3年)】

生年月日2001年8月31日

出身中学・少年野球チーム
日進中
(和歌山リトルシニア)

身長179cm 体重86kg

左投左打

 

◆三塁手◆

【榎田玲也(2年)】

生年月日2002年11月14日

出身中学・少年野球チーム
東陽中
(サウスウインド)

身長181cm 体重80kg

右投右打

 

◆投手◆

【近藤陽樹(2年)】

生年月日2002年5月4日

出身中学・少年野球チーム
日進中

身長174cm 体重78kg

左投左打

 

◆捕手◆

【丸野秀晃(3年)】

生年月日2001年11月4日

出身中学・少年野球チーム
熊取南中

身長173cm 体重80kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

市立和歌山 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から市立和歌山の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 市立和歌山の成績≫

【試合数】   8

【勝利・敗戦】6勝2敗

【得点】   5.8

【失点】   2.6

【打率】   .343

【本塁打】   3

【犠打飛】  23

【盗塁】    5

【失策】    8

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪市立和歌山 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 

市立和歌山の戦力分析ですが、投手陣の軸となるのは昨秋 背番号「1」をつけた2年生左腕 岩本真之介投手
カーブ、スライダー、ツーシームなど多彩な変化球を持ちゲームメーク力に長けています。

右翼手で四番の柏山崇選手(3年)は、昨秋は公式戦登板が5回1/3のみでしたが、最速140キロ超のストレート操る右の本格派 。

このほか、2年生左腕 近藤陽樹投手奴田宗也投手も控えています。

一方、攻撃面ですが昨夏からレギュラーの四番 柏山選手は勝負強さと力強いスイングでチームをけん引。
近畿大会 龍谷大平安との準々決勝では逆方向に強い当たりを連発し2打点をマークする活躍を見せました。

旧チームからレギュラーの三番 緒方隆之介選手(3年)も勝負強さがあり、昨秋の公式戦打率は3割5分超。

このほか、昨秋一番を打った山野雄也選手(3年)や長打力もある二番 下井田知也選手(3年)ら上位陣の活躍に期待。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。
 

 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports