選抜高校野球 2019 筑陽学園メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは九州大会で初優勝し、センバツ初出場の筑陽学園(福岡)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

筑陽学園について

 
昨秋8度目の九州大会出場で初優勝し、センバツ初出場を決めた筑陽学園。
甲子園出場は2003年夏に1度。

野球部員数 51人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
江口祐司

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【西雄大(3年)】

生年月日2001年9月30日

出身中学・少年野球チーム
田主丸中
(久留米ベースボールクラブ)

身長177cm 体重77kg

右投右打

 

◆捕手◆

【進藤勇也(3年)】

生年月日2002年3月10日

出身中学・少年野球チーム
内浜中
(糸島ボーイズ)

身長182cm 体重84kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【弥富絋介(3年)】

生年月日2001年4月11日

出身中学・少年野球チーム
金武中
(糸島ボーイズ)

身長170cm 体重73kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【江原佑哉(主将 3年)】

生年月日2001年5月23日

出身中学・少年野球チーム
城南中
(糸島ボーイズ)

身長177cm 体重79kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【福島悠介(3年)】

生年月日2001年6月30日

出身中学・少年野球チーム
筑陽学園中
(大野城ガッツ)

身長179cm 体重78kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【中村敢晴(2年)】

生年月日2002年4月13日

出身中学・少年野球チーム
大在中
(大分明野ボーイズ)

身長183cm 体重70kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【野田優人(3年)】

生年月日2001年11月18日

出身中学・少年野球チーム
元岡中
(糸島ボーイズ)

身長180cm 体重80kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【石川湧喜(3年)】

生年月日2001年4月23日

出身中学・少年野球チーム
田原中
(小倉リトルシニア)

身長165cm 体重64kg

左投左打

 

◆右翼手◆

【福岡大真(3年)】

生年月日2001年9月16日

出身中学・少年野球チーム
基里中
(筑紫野ドリームズ)

身長177cm 体重77kg

右投左打

 

◆投手◆

【西舘昂汰(3年)】

生年月日2001年6月9日

出身中学・少年野球チーム
筑紫野中
(二日市ボーイズ)

身長187cm 体重83kg

右投右打

 

◆投手◆

【菅井一輝(3年)】

生年月日2001年5月21日

出身中学・少年野球チーム
大宰府東中
(筑紫野ドリームズ)

身長180cm 体重79kg

左投左打

 

◆捕手◆

【松波律樹(2年)】

生年月日2002年8月4日

出身中学・少年野球チーム
粕屋中
(福岡志免ボーイズ)

身長170cm 体重70kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【尼ヶ崎裕大(3年)】

生年月日2001年9月16日

出身中学・少年野球チーム
花畑中
(糸島ボーイズ)

身長175cm 体重80kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【小川将信(2年)】

生年月日2003年2月6日

出身中学・少年野球チーム
三国中

身長165cm 体重66kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【中上翔一朗(3年)】

生年月日2001年9月12日

出身中学・少年野球チーム
多々良中央中
(福岡中央ボーイズ)

身長170cm 体重70kg

右投右打

 

◆外野手◆

【比嘉翼(3年)】

生年月日2001年4月2日

出身中学・少年野球チーム
あげな中
(うるま東ボーイズ)

身長175cm 体重73kg

右投右打

 

◆外野手◆

【真田賢成(3年)】

生年月日2001年8月25日

出身中学・少年野球チーム
野間中
(糸島ボーイズ)

身長170cm 体重71kg

右投左打

 

◆外野手◆

【西村和葵(2年)】

生年月日2003年1月25日

出身中学・少年野球チーム
当仁中
(筥崎ジンジャーズ)

身長172cm 体重68kg

左投左打

 


スポンサーリンク


 

筑陽学園 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から筑陽学園の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 筑陽学園の成績≫

【試合数】  13

【勝利・敗戦】12勝1敗

【得点】   6.4

【失点】   1.8

【打率】   .317

【本塁打】   6

【犠打飛】  32

【盗塁】    4

【失策】   15

※ 得点と失点は1試合の平均

筑陽学園は1試合平均失点が1点台。

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪筑陽学園 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
筑陽学園は投手陣が強力。
昨秋は福岡大会から明治神宮大会まで、エース右腕 西雄大投手(3年)、140キロ前後の速球を投げる西舘昂汰投手(3年)、キレのある変化球を投げる左腕 菅井一輝投手(3年)ら3人がローテーションで先発し勝ち上がりました。

1年夏からベンチ入りし経験豊富な西投手は、強気の投球が持ち味。
直球は130キロ台前半ですが、カーブ、スライダー、フォークなどキレのある変化球が武器。

西舘投手は昨秋に急成長し九州大会 興南(沖縄)との準々決勝では13回無失点に抑える快投で勝利に貢献。

菅井投手はマウンド度胸もありピンチの場面に強い投手です。

また、3人の投手をリードする進藤勇也捕手(3年)の力も大きく、チーム全体が信頼を寄せています。

攻撃の柱は四番で主将の江原佑哉選手(3年)
勝負強く長打力もあります

注目は福岡大真選手(3年)中村敢晴選手(2年)

福岡選手の父 真一郎さんは1994年夏の甲子園で準優勝した樟南(鹿児島)の右腕エース。
長男の大真選手はチームのトレーナーとしてサポートしている父 真一郎さんと「二人三脚」で甲子園を目指してきました。

その努力は実り新チームからレギュラーに定着。
父のDNAは受け継がれ、強肩を生かした外野守備も光ります。
また、江口監督が「クリーンアップを打つ力もある」と言うように、九州大会準決勝では本塁打を放ち神宮大会でも1本塁打と長打力もある選手です。

レギュラーで唯一の下級生で、一番を務める中村敢晴選手の父は、1992年夏の甲子園で全国制覇を成し遂げた西日本短大付(福岡)の主将だった中村寿博日本文理大監督。
また、兄の宜聖さんは昨年育成ドラフト4位でソフトバンクに入団しています。

昨秋の九州大会では強豪を相手に接戦をものにしてきた筑陽学園。
神宮大会では初めて全国の舞台を踏みました。

憧れの舞台では守りからリズムを作る野球をして、まずは初勝利を目指します。

第91回選抜高校野球は3月23日から開催されます。
 

 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports