選抜高校野球 2019 智弁和歌山 メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは、2年連続13度目のセンバツ出場を決めた智弁和歌山のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

智弁和歌山について

 
近畿大会4強の智弁和歌山。
昨年は7年ぶりに春夏連続で甲子園に出場し、センバツは準優勝。

夏の甲子園後には、甲子園通算68勝を誇る高嶋仁監督が勇退。
2018年8月から中谷仁コーチが監督に就任しています。

野球部員数 24人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
中谷仁

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【池田陽佑(3年)】

生年月日2001年11月17日

出身中学・少年野球チーム
宇治中
(京都ブラックス)

身長180cm 体重84kg

右投右打

 

◆捕手◆

【東妻純平(3年)】

生年月日2001年7月3日

出身中学・少年野球チーム
紀伊中
(紀州ボーイズ)

身長174cm 体重77kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【佐藤樹(3年)】

生年月日2002年3月11日

出身中学・少年野球チーム
貴志川中
(和歌山岩出ボーイズ)

身長174cm 体重72kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【黒川史陽(主将 3年)】

生年月日2001年4月17日

出身中学・少年野球チーム
河合第一中
(泉州阪堺ボーイズ)

身長182cm 体重83kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【綾原創太(2年)】

生年月日2002年7月17日

出身中学・少年野球チーム
貴志中
(紀州ボーイズ)

身長172cm 体重69kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【西川晋太郎(3年)】

生年月日2001年8月10日

出身中学・少年野球チーム
保田中
(紀州由良シニア)

身長169cm 体重69kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【根来塁(3年)】

生年月日2001年7月27日

出身中学・少年野球チーム
貴志川中
(紀州ボーイズ)

身長169cm 体重65kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【細川凌平(2年)】

生年月日2002年4月25日

出身中学・少年野球チーム
嵯峨中
(京都東山ボーイズ)

身長174cm 体重72kg

右投左打

 

◆右翼手◆

【久保亮弥(3年)】

生年月日2001年9月3日

出身中学・少年野球チーム
矢渕中
(和歌山南紀ボーイズ)

身長177cm 体重75kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【入江諒(3年)】

生年月日2001年6月1日

出身中学・少年野球チーム
高積中
(和歌山岩出ボーイズ)

身長170cm 体重68kg

右投右打

 

◆投手◆

【池田泰騎(2年)】

生年月日2002年4月12日

出身中学・少年野球チーム
登美丘中

身長175cm 体重75kg

左投左打

 

◆捕手◆

【湯浅公貴(3年)】

生年月日2001年6月20日

出身中学・少年野球チーム
南部中

身長180cm 体重85kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【川上珠嵐(2年)】

生年月日2002年10月9日

出身中学・少年野球チーム
藤和中
(紀州ボーイズ)

身長170cm 体重85kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【平田晃将(2年)】

生年月日2002年9月9日

出身中学・少年野球チーム
福泉南中
(和泉ボーイズ)

身長174cm 体重70kg

右投右打

 

◆投手◆

【硲祐二郎(3年)】

生年月日2001年7月13日

出身中学・少年野球チーム
和歌山東中

身長175cm 体重70kg

左投左打

 

◆外野手◆

【小林白彪(2年)】

生年月日2002年4月28日

出身中学・少年野球チーム
由良中
(和歌山日高ボーイズ)

身長176cm 体重65kg

右投左打

 

◆投手◆

【山本雄太(3年)】

生年月日2001年8月2日

出身中学・少年野球チーム
西脇中
(和歌山シニア)

身長177cm 体重78kg

左投左打

 

◆投手◆

【小林樹斗(2年)】

生年月日2003年1月16日

出身中学・少年野球チーム
松洋中

身長180cm 体重75kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

智弁和歌山 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から智弁和歌山の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 智弁和歌山の成績≫

【試合数】  6

【勝利・敗戦】5勝1敗

【得点】   7.7

【失点】   4.7

【打率】   .383

【本塁打】   4

【犠打飛】   9

【盗塁】    4

【失策】    4

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪智弁和歌山 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

ここからは今回の智弁和歌山の戦力についてまとめてみたいと思います。

まずは投手陣ですが、2年生左腕 池田泰騎投手と3年生右腕 池田陽佑投手が中心になります。

昨秋は池田泰騎投手の活躍が大きく、近畿大会準々決勝では大阪桐蔭を相手に8回2失点の好投。

そのほか、小林白彪投手(2年)山本雄太投手(3年)なども投手陣を支えています。

一方、打撃陣ですが伝統の強打は今年も健在だと思います。

旧チームからレギュラーの西川晋太郎選手(3年)黒川史陽選手(3年)東妻純平選手(3年)が中心になります。
特にクリーンアップを任せられる黒川選手と、東妻選手はプロ注目の選手。
そのほかにもバットコントロールが巧みな根来塁選手(3年)など好打者も多いです。

チームとしては、打撃力が武器で、破壊力は全国レベルと言えます。
あとは投手陣の仕上がりが気になるところ。
投打がかみ合えば優勝も狙えるかと思います。

スポーツ紙ではB評価が目立つ今回の智弁和歌山ですが、どんな戦いを見せてくれるでしょうか?
第91回選抜高校野球大会は3月23日に開幕します。
 

 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports