選抜高校野球 2018【優勝候補!?】日本航空石川のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

例年よりも4校多い36校が出場する今大会では、明治神宮大会王者の明徳義塾(高知)や、史上3校目の春連覇に挑戦する大阪桐蔭が注目を集めそうです。

今大会は明徳義塾と大阪桐蔭が優勝候補の筆頭に挙げられるでしょうが、対抗馬に挙がる有力校にも期待がかかります。

今回、優勝を狙える有力校に挙げたのは日本航空石川。

強力打線で北信越大会を制した日本航空石川はセンバツは初出場となります。

ここからは日本航空石川のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 

日本航空石川について

 

【正式名称】 日本航空高等学校石川

【全校生徒数】716人(女子212人)

【野球部員数】88人

【主な卒業生】
角中勝也(ロッテ外野手)
 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【中村隆】

生年月日 1984年4月8日

兵庫県出身

 

 

※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【杉本壮志(3年)】

生年月日2000年6月2日

出身中学・少年野球チーム
大阪 和泉市立和泉中
(山直ボーイズ)

身長170cm 体重71kg

左投左打

 

◆捕手◆

【井岡啓吾(3年)】

生年月日 2000年5月22日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 神戸市立東落合中
(ヤング 神戸須磨クラブ)

身長178cm 体重75kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【小板慎之介(3年)】

生年月日2001年1月20日

出身中学・少年野球チーム
大阪 八尾市立上之島中
(八尾中央ボーイズ)

身長180㎝ 体重90kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【山岡広紀(3年)】

生年月日2000年12月31日

出身中学・少年野球チーム
奈良 天理市立南中
(橿原磯城シニア)

身長170cm 体重70kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【長谷川拳伸(3年)】

生年月日2000年4月7日

出身中学・少年野球チーム
愛知 名古屋市立振甫中
(愛知瀬戸ボーイズ)

身長177cm 体重77kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【中西堅太(2年)】

生年月日2001年5月22日

出身中学・少年野球チーム
大阪 寝屋川第五中
(ヤング 大阪球道)

身長171cm 体重68kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【上田優弥(3年)】

生年月日2000年9月22日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 神戸市立伊川谷中
(ヤング・神戸須磨クラブ)

身長185cm 体重97kg

左投左打

 

◆中堅手◆

【原田竜聖(3年)】

生年月日2000年8月2日

出身中学・少年野球チーム
金沢市立高岡中
(白山能美ボーイズ)

身長178cm 体重78kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【小坂敏輝(3年・主将)】

生年月日2000年4月21日

出身中学・少年野球チーム
能美市立根上中
(白山能美ボーイズ)

身長172cm 体重77kg

左投左打

 

◆投手◆

【大橋修人(3年)】

生年月日2000年7月13日

出身中学・少年野球チーム
岐阜 羽鳥市立羽鳥中
(岐阜 中央ボーイズ)

身長176cm 体重76kg

右投右打

 

◆投手◆

【中川翔太(2年)】

生年月日 2001年8月18日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 神戸市立長坂中
(ヤング・神戸美蹴館ロケッツ)

身長175cm 体重68kg

右投右打

 

◆投手◆

【重吉翼(2年)】

生年月日2001年4月6日

出身中学・少年野球チーム
京都市立向島東中

身長181cm 体重79kg

右投左打

 

◆捕手◆

【夏川風眞(2年)】

生年月日2001年4月12日

出身中学・少年野球チーム
大阪 寝屋川市立第七中
(淀川ボーイズ)

身長180cm 体重85kg

右投右打

 

◆内野手◆

【小松怜司(3年)】

生年月日2001年3月19日

出身中学・少年野球チーム
大阪 堺市立福泉南中
(山道ボーイズ)

身長164cm 体重63kg

右投左打

 

◆内野手◆

【井川隼吾(3年)】

生年月日2000年11月16日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 三田市立八景中
(三田シニア)

身長170cm 体重70kg

右投右打

 

◆外野手◆

【東尾紘汰(3年)】

生年月日2001年2月12日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 三田市立藍中
(三田シニア)

身長168cm 体重74kg

右投左打

 

◆外野手◆

【的場拓真(3年)】

生年月日2000年5月18日

出身中学・少年野球チーム
志賀町立富来中

身長175cm 体重84kg

右投左打

 

◆外野手◆

【安東凌太(2年)】

生年月日 2001年5月16日

出身中学・少年野球チーム
奈良 広陵町立広陵中
(橿原磯城シニア)

身長171cm 体重71kg

右投左打



スポンサーリンク


 

 

日本航空石川 戦力分析

 
昨秋は石川県大会決勝で星稜に敗れたものの北信越大会決勝で再戦し雪辱を果たしました。
 
明治神宮大会でも1勝した日本航空石川は今回がセンバツ初出場。
 

【高校野球】秋季石川県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季北信越地区大会 速報・結果

 

まずは、昨秋の公式戦成績から日本航空石川の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 日本航空石川の成績≫

【試合数】  11

【勝利・敗戦】9勝2敗

【得点】   8.8

【失点】   3.5

【打率】   .379

【本塁打】  6

【犠打飛】  16

【盗塁】   15

【失策】   10

※ 得点と失点は1試合の平均

 
日本航空石川は打線が強力。
 
原田竜聖選手、上田優弥選手、長谷川拳伸選手、小板慎之助選手ら夏の甲子園経験者が主軸に並び県大会では
決勝を除く4試合が二ケタ得点。
 
北信越大会では二ケタ得点とはいかなかったものの昨秋の公式戦では1試合平均8.8得点でチーム打率.379をマークしています。
 
打線の中心となるのは四番の上田選手。
昨秋の公式戦での打率は.581、3本塁打をマーク。
185センチ、97キロの大きな体で旧チームでも四番を打った上田選手は高校通算24本塁打の長打力だけでなく広角に打ち分けるバットコントロールの良さも兼ね備えています。
 
また、昨年のレギュラーである小板選手と原田選手に加え新チームで台頭した五番 長谷川選手も頼もしい存在。
 
 
投手陣は実戦経験豊富な左腕 杉本壮志投手がエースナンバーを背負い、昨夏の甲子園でも登板し最速145キロを記録した右腕 大橋修人投手と昨年11月の明治神宮大会で登板した2年生右腕 重吉翼投手が主戦の座を争っており昨秋3試合に先発した2年生右腕 中川翔太投手も出番をうかがいます。

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪日本航空石川スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

日本航空石川のスポーツ紙の評価ですがデイリーのみ評価。


スポンサーリンク


 

 

まとめ

 
夏の甲子園は昨年2度目の出場を果たしましたがセンバツは初出場の日本航空石川。

昨秋の石川県大会ではチーム打率.459の猛打を発揮し準優勝。
 
北信越大会では強力打線で高岡商や日本文理、富山商、星稜などの強豪を圧倒し優勝しました。
 
また、明治神宮大会でも日大三(東京)を下すなど高い実力があり上位進出もありそうです。
 

3月23日から開催される第90回記念選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。

 

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク

 - Sports