選抜高校野球 2018 国学院栃木のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

毎年、難しい選考となる関東・東京の6枠。
関東4、東京1が基本枠としてあり、残る1枠は関東5位の国学院栃木と東京2位の佼成学園の比較検討により国学院栃木が選出されました。

佼成学園がエース1人に頼る状況だったのに対し、国学院栃木は3投手による継投策で勝ち上がった試合内容が評価されたといいます。

今回は18年ぶりにセンバツ出場を決めた国学院栃木のメンバー・戦力分析をまとめました。


スポンサーリンク


 

 
【正式名称】 國學院大學栃木高等学校

【全校生徒数】1320人(女子 578人)

【野球部員数】65人

【主な卒業生】
小関竜也(巨人コーチ)
中野佐資(元阪神外野手)
益田尚哉(元広島投手)

 

 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【柄目直人】

生年月日 1982年10月16日

栃木県出身

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【水澤龍太朗(3年)】

生年月日2000年8月2日

出身中学・少年野球チーム
新潟市立西川中
(新潟シニア)

身長171cm 体重73kg

右投右打

 

◆捕手◆

【大久保謙亮(3年・主将)】

生年月日 2001年2月5日

出身中学・少年野球チーム
茨城 常総市立水海道中
(つくばヤングBC)

身長178cm 体重74kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【須藤蓮斗(3年)】

生年月日2001年3月8日

出身中学・少年野球チーム
栃木市立東陽中

身長168㎝ 体重67kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【大島智貴(2年)】

生年月日2001年12月24日

出身中学・少年野球チーム
茨城 下妻市立下妻中
(常総シニア)

身長174cm 体重74kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【島田侑希(3年)】

生年月日2000年11月4日

出身中学・少年野球チーム
栃木市立東陽中

身長171cm 体重83kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【近藤翔真(3年)】

生年月日2000年10月2日

出身中学・少年野球チーム
東京 練馬区立光が丘第一中
(練馬中央シニア)

身長171cm 体重71kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【大栗拓也(3年)】

生年月日2000年7月26日

出身中学・少年野球チーム
栃木市立寺尾中
(栃木ボーイズ)

身長178cm 体重82kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【青木寿修(3年)】

生年月日2001年3月14日

出身中学・少年野球チーム
小山市立間々田中

身長176cm 体重63kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【勝盛直樹(2年)】

生年月日2001年6月16日

出身中学・少年野球チーム
神奈川 川崎市立大師中
(大田水門ボーイズ)

身長180cm 体重68kg

右投右打

 

◆投手◆

【渡邉匠(3年)】

生年月日2001年3月16日

出身中学・少年野球チーム
新潟 新発田市立豊浦中
(新潟シニア)

身長171cm 体重60kg

左投左打

 

◆投手◆

【宮海土(3年)】

生年月日 2000年11月5日

出身中学・少年野球チーム
東京 私立和光中
(横浜緑ボーイズ)

身長170cm 体重76kg

左投左打

 

◆捕手◆

【笹川晴輝(3年)】

生年月日2000年6月13日

出身中学・少年野球チーム
野木町立野木中

身長180cm 体重77kg

右投右打

 

◆捕手◆

【野村一真(2年)】

生年月日2001年6月9日

出身中学・少年野球チーム
神奈川 横浜市立六角橋中
(横浜緑ボーイズ)

身長170cm 体重73kg

右投左打

 

◆内野手◆

【菊池進一朗(3年)】

生年月日2001年1月10日

出身中学・少年野球チーム
鹿沼市立東中
(県央宇都宮ボーイズ)

身長167cm 体重63kg

右投左打

 

◆内野手◆

【髙橋賢佑(2年)】

生年月日2001年10月21日

出身中学・少年野球チーム
茨城 常総市立水海道中
(つくばヤングBC)

身長167cm 体重59kg

右投右打

 
 

◆外野手◆

【毛塚大陽(3年)】

生年月日2000年11月2日

出身中学・少年野球チーム
栃木市立東陽中
(栃木ボーイズ)

身長165cm 体重59kg

右投左打

 

◆外野手◆

【神田能克(3年)】

生年月日2000年4月7日

出身中学・少年野球チーム
壬生町立壬生中

身長171cm 体重71kg

右投左打

 

◆外野手◆

【長谷川太洋(2年)】

生年月日 2001年4月16日

出身中学・少年野球チーム
宇都宮市立陽北中
(宇都宮シニア)

身長168cm 体重67kg

右投左打



スポンサーリンク


 

 

国学院栃木 戦力分析

 

秋季関東地区大会準々決勝で敗退した国学院栃木。
センバツ出場も危ぶまれていましたが先発 水澤龍太朗投手、中継ぎ 渡邉巧投手、抑え 宮海土投手の継投策で勝ち上がった試合内容が評価されセンバツ出場を決めました。

今大回はタイブレーク制が導入されるため「投手分業制の成功例」として期待されます。

【高校野球】秋季栃木県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季関東地区大会 速報・結果

国学院栃木のスポーツ紙の評価はコチラ。

≪国学院栃木 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
続いて昨秋の国学院栃木の公式戦成績です。
 

≪昨秋の公式戦 国学院栃木の成績≫

【試合数】  7

【勝利・敗戦】6勝1敗

【得点】   4.7

【失点】   1.9

【打率】   .294

【本塁打】  0

【犠打飛】  14

【盗塁】   11

【失策】   9

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
戦力分析ですが、今回の国学院栃木の特徴は何といっても先発 水澤龍太朗投手、中継ぎ 渡邉巧投手、抑え 宮海土投手の継投が確立されているところです。

3人以外にも控え投手は豊富で本格派から変則まで幅広い投手陣で試合へ挑みます。

打撃陣は公式戦の本塁打が0で長打力に欠けますが、粘り強い打撃が持ち味です。

打線の中心は三番 青木寿修選手と四番 島田侑希選手。
特に青木選手は昨秋の公式戦で.458の打率をマークするなど好調でした。

チームとしても小技を得意とするだけに相手チームにとっては気が抜けない打線になりそうです。

センバツではどんな戦いを見せてくれるでしょうか楽しみです。

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク

 - Sports