選抜高校野球 2018 慶応のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

今回は秋季関東大会4強、9年ぶりにセンバツ出場を決めた慶応(神奈川)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 
【正式名称】 慶應義塾高等学校

【全校生徒数】2252人

【野球部員数】79人

【主な卒業生】
渡辺泰輔(元南海投手)
佐藤友亮(西武コーチ)
白村明弘(日本ハム投手)
山本泰寛(巨人内野手)
加藤拓也(広島)
 

 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【森林貴彦】

生年月日 1973年6月7日

東京都出身

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【生井惇己(3年)】

生年月日2000年7月25日

出身中学・少年野球チーム
茨城 下妻市立千代川中
(常総シニア)

身長175cm 体重68kg

左投左打

 

◆捕手◆

【善波力(2年)】

生年月日 2001年4月14日

出身中学・少年野球チーム
綾瀬市立城山中
(麻生ボーイズ)

身長168cm 体重73kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【吉川海斗(2年)】

生年月日2001年4月10日

出身中学・少年野球チーム
千葉 柏市富勢中
(取手シニア)

身長177㎝ 体重69kg

左投左打

 

◆二塁手◆

【奥村拓馬(3年)】

生年月日2000年5月13日

出身中学・少年野球チーム
東京 世田谷区立駒留中
(世田谷西シニア)

身長177cm 体重78kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【下山悠介(3年・主将)】

生年月日2000年4月8日

出身中学・少年野球チーム
千葉市立打瀬中
(千葉西シニア)

身長176cm 体重74kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【宮尾将(3年)】

生年月日2000年9月6日

出身中学・少年野球チーム
私立法政大学第二中
(武蔵府中シニア)

身長169cm 体重64kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【大川裕也(3年)】

生年月日2000年4月23日

出身中学・少年野球チーム
東京 江戸川区立清新第二中
(浦安シニア)

身長166cm 体重64kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【関展里(2年)】

生年月日2001年10月16日

出身中学・少年野球チーム
北海道 札幌市立栄中
(札幌新琴似シニア)

身長181cm 体重71kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【石田新之介(3年)】

生年月日2000年9月17日

出身中学・少年野球チーム
河北町立河北中

身長181cm 体重82kg

右投右打

 

◆投手◆

【渡部淳一(3年)】

生年月日2000年11月6日

出身中学・少年野球チーム
東京 世田谷区立東深沢中
(東京神宮シニア)

身長179cm 体重75kg

左投左打

 

◆投手◆

【丸田俊之介(3年)】

生年月日 2000年7月15日

出身中学・少年野球チーム
埼玉 越谷市立富士中
(春日部ボーイズ)

身長168cm 体重71kg

右投右打

 

◆投手◆

【駒形凌(2年)】

生年月日2001年6月7日

出身中学・少年野球チーム
東京 小平市立小平第六中
(小金井シニア)

身長175cm 体重71kg

左投左打

 

◆投手◆

【山下健太郎(2年)】

生年月日2002年3月5日

出身中学・少年野球チーム
東京 品川区立八潮学園中
(世田谷西シニア)

身長168cm 体重68kg

右投左打

 

◆捕手◆

【千坂卓海(2年)】

生年月日2001年4月22日

出身中学・少年野球チーム
宮城 松島町立松島中

身長175cm 体重68kg

右投右打

 

◆内野手◆

【杉岡壮将(2年)】

生年月日2001年6月12日

出身中学・少年野球チーム
川崎市立宮崎中
(横浜青葉ボーイズ)

身長168cm 体重66kg

右投左打

 
 

◆内野手◆

【田邊慎之佑(3年)】

生年月日2000年6月22日

出身中学・少年野球チーム
横浜市立浜中

身長168cm 体重67kg

右投左打

 

◆外野手◆

【斎藤俊(2年)】

生年月日2001年6月6日

出身中学・少年野球チーム
東京 江戸川区立西葛西中
(ポニー・江東ライオンズ)

身長175cm 体重67kg

右投右打

 

◆外野手◆

【福島豪(2年)】

生年月日 2001年7月23日

出身中学・少年野球チーム
埼玉 蕨市立第一中
(東練馬シニア)

身長172cm 体重69kg

左投左打



スポンサーリンク


 

 

慶応 戦力分析

 
2年連続で秋季関東大会に出場し、昨秋は4強入りした慶応。
秋季県大会4回戦から関東大会準々決勝まで勝利した5試合は1点差が4試合、2点差が1試合と圧倒的な強さはないものの負けない野球を見せています。

【高校野球】2017 秋季関東地区大会 速報・結果


【高校野球】秋季神奈川県大会 2017 速報・結果

 

ちなみに慶応のスポーツ紙の評価は全て評価。

≪慶応 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
続いて昨秋の慶応の公式戦成績
 

≪昨秋の公式戦 慶応の成績≫

【試合数】  11

【勝利・敗戦】9勝2敗

【得点】   5.0

【失点】   3.0

【打率】   .275

【本塁打】  8

【犠打飛】  22

【盗塁】   21

【失策】   8

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
投手陣は、左腕2枚を擁する慶応。

大黒柱はエース左腕の生井惇己投手。
キレのあるストレートと、鋭いスライダー、チェンジアップを武器に昨秋の県大会では6試合で50三振を奪うと関東大会では2戦目の国学院栃木戦を完投勝利と力を見せました。

渡部淳一投手は多彩な球種が持ち味の変則左腕。
県大会では4試合で防御率2.05をマーク。関東大会初戦の拓大紅陵戦では好救援、準決勝の明秀日立戦は逆転負けを喫しましたが9回を投げぬきました。

そして、この2人をリードするのが明大 善波達也監督の長男である善波力捕手。大胆さと丁寧さを兼ね備えた配球で投手陣をけん引します。

慶応の目指す野球はバッティングと走塁を絡めた総合的な攻撃。

打線の中心は、1年生夏から主力として活躍してきた四番 下山悠介主将。
昨秋の地区予選、県大会を通じてチーム打率が3割に届かなかった中でチームトップの打率.423をマーク、関東大会でもチームをけん引しました。

一方で課題となっているのは攻撃面。
関東大会では善波捕手、一番 宮尾将選手、二番 吉川海斗選手に効果的なホームランが出ましたが練習を重ねてきた足技では3試合で6つの盗塁死を喫するなど力を発揮できませんでした。
また、昨秋の公式戦のチーム打率は.275。
得点も県大会4回戦から関東大会までに絞ると7試合で21得点と1試合平均で3得点しか奪えませんでした。

甲子園で勝つためには攻撃面でのさらなるレベルアップが求められます。

3月23日から開催される第90回記念選抜高校野球。
延長12回まで同点の場合、13回から無死一、二塁の継続打順のタイブレークが導入される今大会ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。
 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク


 

 - Sports