選抜高校野球 2019 明豊メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは10年ぶり3度目のセンバツ出場を決めた明豊(大分)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

明豊について

 
現ソフトバンクの今宮健太を擁し甲子園に春夏出場した2009年以来、10年ぶり3度目のセンバツ出場を決めた明豊。

甲子園は春は3度目、夏6度の出場。

野球部員数 51人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
川崎絢平

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

 

◆投手◆

【若杉晟汰(2年)】

生年月日2002年5月16日

出身中学・少年野球チーム
明豊中

身長171cm 体重64kg

左投右打

 

◆捕手◆

【成田武蔵(3年)】

生年月日2001年6月1日

出身中学・少年野球チーム
向島東中
(南山城ボーイズ)

身長170cm 体重66kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【野上真叶(2年)】

生年月日2002年7月5日

出身中学・少年野球チーム
明豊中

身長168cm 体重65kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【表悠斗(主将 3年)】

生年月日2001年7月14日

出身中学・少年野球チーム
緑ヶ丘中

身長170cm 体重62kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【野邊優汰(3年)】

生年月日2001年4月18日

出身中学・少年野球チーム
明豊中

身長174cm 体重70kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【宮川雄基(2年)】

生年月日2002年6月19日

出身中学・少年野球チーム
安心院中
(別府ボーイズ)

身長172cm 体重62kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【布施心海(2年)】

生年月日2002年8月31日

出身中学・少年野球チーム
豊中第一中
(豊中シニア)

身長169cm 体重64kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【山田昭太(2年)】

生年月日2002年4月9日

出身中学・少年野球チーム
蒲江翔南中
(佐伯ボーイズ)

身長177cm 体重70kg

右投左打

 

◆右翼手◆

【藪田源(3年)】

生年月日2001年5月30日

出身中学・少年野球チーム
豊洋中
(大分ブレーブス)

身長187cm 体重86kg

右投右打

 

◆投手◆

【大畑蓮(3年)】

生年月日2001年11月26日

出身中学・少年野球チーム
明豊中

身長184cm 体重72kg

右投右打

 

◆投手◆

【狭間大暉(2年)】

生年月日2002年6月14日

出身中学・少年野球チーム
津久見第一中
(大分南リトルシニア)

身長178cm 体重76kg

右投右打

 

◆捕手◆

【賀来竜馬(2年)】

生年月日2002年4月8日

出身中学・少年野球チーム
安心院中
(別府ボーイズ)

身長166cm 体重62kg

右投左打

 

◆一塁手◆

【青地七斗(3年)】

生年月日2001年4月12日

出身中学・少年野球チーム
喜志中
(河南リトルシニア)

身長175cm 体重73kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【中尾圭(2年)】

生年月日2002年5月22日

出身中学・少年野球チーム
臼杵西中
(大分リトルシニア)

身長168cm 体重66kg

右投左打

 

◆内野手◆

【後藤杏太(3年)】

生年月日2001年5月22日

出身中学・少年野球チーム
長栄中
(枚岡ボーイズ)

身長176cm 体重72kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【川原颯起(2年)】

生年月日2002年5月5日

出身中学・少年野球チーム
明豊中

身長173cm 体重63kg

右投左打

 

◆外野手◆

【井上功介(3年)】

生年月日2001年5月27日

出身中学・少年野球チーム
孔舎衙中
(枚岡ボーイズ)

身長174cm 体重69kg

右投右打

 

◆投手◆

【岡本欧佑(3年)】

生年月日2001年5月24日

出身中学・少年野球チーム
明豊中

身長171cm 体重79kg

左投左打

 


スポンサーリンク


 

明豊 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から明豊の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 明豊の成績≫

【試合数】   9

【勝利・敗戦】8勝1敗

【得点】   8.6

【失点】   3.0

【打率】   .375

【本塁打】   7

【犠打飛】  34

【盗塁】   18

【失策】    8

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪明豊 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

ここからは今回の明豊の戦力についてまとめてみたいと思います。

まずは投手陣ですが、中心になるのは2年生左腕の若杉晟汰投手大畑蓮投手(3年)になります。
そのほかでは、2年生右腕 狭間大暉投手、3年生左腕 岡本欧佑投手が控えており、また野手の表悠斗選手(3年)も昨夏は投手登板しているということで枚数は揃っています。

とはいえ、現状では若杉晟汰投手大畑蓮投手が中心になるため、全国で勝ち進むためには控え投手のレベルアップも必要かと思います。

昨秋は継投で勝ち進んだだけにセンバツでも継投のタイミングがポイントになりそうです。

一方、打撃陣ですが今回のチームも強力です。

昨夏から4番に座る野邊優汰選手(3年)と長打力が魅力の5番 藪田源選手(3年)が中心になります。
また、クリーンアップ以外の選手にも長打力が備わっているのが今年の明豊の特徴と言えます。

チームとしては、下級生のレギュラーも多く若いチームと言えます。
良く言えば勢いに乗れば手が付けれませんが、悪く言えば脆さがあるかも知れません。

ただ、伸びしろは十分ということで、冬を越え成長した姿をセンバツでは見せてもらいたいです。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。
 

 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports