選抜高校野球 2019【優勝候補】星稜 メンバー・戦力分析

      2019/02/17

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会2019

一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは昨秋の明治神宮大会で準優勝し、2年連続13度目のセンバツ出場を決めた星稜のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

星稜について

 
明治神宮大会準優勝の星稜は、昨春のセンバツから3季連続の甲子園出場となります。

野球部員数 50人
3年…23人
2年…27人
 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
林 和成

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。
 

◆投手◆

【奥川恭伸(3年)】

生年月日2001年4月16日

出身中学・少年野球チーム
宇ノ気中

身長183cm 体重84kg

右投右打

 
 

◆捕手◆

【山瀬慎之助(主将 3年)】

生年月日2001年5月4日

出身中学・少年野球チーム
宇ノ気中

身長177cm 体重82kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【福本陽生(3年)】

生年月日2002年3月21日

出身中学・少年野球チーム
緑丘中
(東練馬リトルシニア)

身長172cm 体重80kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【山本伊織(3年)】

生年月日2001年9月27日

出身中学・少年野球チーム
高津中
(東京神宮リトルシニア)

身長172cm 体重68kg

右投両打

 

◆三塁手◆

【知田爽汰(2年)】

生年月日2002年7月22日

出身中学・少年野球チーム
星稜中

身長174cm 体重75kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【内山壮真(2年)】

生年月日2002年6月30日

出身中学・少年野球チーム
星稜中

身長172cm 体重70kg

右投左打

 

◆右翼手◆

【岡田大響(3年)】

生年月日2001年5月22日

出身中学・少年野球チーム
星稜中

身長178cm 体重78kg

左投左打

 
 

◆中堅手◆

【東海林航介(3年)】

生年月日2001年10月24日

出身中学・少年野球チーム
星稜中

身長180cm 体重77kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【有松和輝(3年)】

生年月日2001年8月5日

出身中学・少年野球チーム
星稜中

身長173cm 体重82kg

右投右打

 

◆投手◆

【寺西成騎(2年)】

生年月日2002年10月18日

出身中学・少年野球チーム
根上中

身長186cm 体重84kg

右投右打

 

◆投手◆

【寺沢孝多(3年)】

生年月日2001年8月29日

出身中学・少年野球チーム
星稜中

身長176cm 体重74kg

左投左打

 

◆投手◆

【荻原吟哉(2年)】

生年月日2002年10月5日

出身中学・少年野球チーム
星稜中

身長170cm 体重70kg

右投右打

 

◆内野手◆

【新保温己(3年)】

生年月日2001年5月5日

出身中学・少年野球チーム
星稜中

身長167cm 体重64kg

右投右打

 

◆捕手◆

【鈴木快明(3年)】

生年月日2001年7月13日

出身中学・少年野球チーム
布水中

身長175cm 体重75kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【高木宏望(2年)】

生年月日2002年4月2日

出身中学・少年野球チーム
星稜中

身長170cm 体重71kg

右投左打

 

◆一塁手◆

【大高正寛(3年)】

生年月日2001年6月27日

出身中学・少年野球チーム
星稜中

身長175cm 体重85kg

右投右打

 

◆投手◆

【伊藤駿介(3年)】

生年月日2001年9月16日

出身中学・少年野球チーム
高橋中
(豊田リトルシニア)

身長171cm 体重70kg

右投右打

 

◆外野手◆

【今井秀輔(2年)】

生年月日2002年4月5日

出身中学・少年野球チーム
紫錦台中
(金沢リトルシニア)

身長185cm 体重88kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

星稜 戦力分析

 
北信越大会を制し、明治神宮大会で準優勝した星稜は優勝候補の一角として注目を集めそうです。

 
まずは、昨秋の公式戦成績から星稜の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 星稜の成績≫

【試合数】  13

【勝利・敗戦】11勝1敗1分け

【得点】   7.1

【失点】   1.2

【打率】   .286

【本塁打】   7

【犠打飛】  33

【盗塁】   21

【失策】    6
 
※ 得点と失点は1試合の平均
 
星稜は1試合平均失点が1.2。
エース 奥川恭伸投手(3年)を中心とした投手陣は盤石。
 

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

 

≪星稜 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

星稜のスポーツ紙の評価は全ての高評価。
 

 
 
ここからは星稜の戦力分析をしていきます。
 

投手陣をけん引するのは、今大会最注目の投手 奥川恭伸投手
昨秋の公式戦では、60回1/3を投げ、防御率0.60、82奪三振、四死球 わずか5と安定感抜群。
 
最速150キロ右腕は「この春は何としても秋の準優勝の悔しさを晴らすために絶対に優勝したい」と意気込みを語っていました。
 

2年生では、元U-15代表(軟式)の荻原吟哉投手がコントロール抜群。

同じく2年の超大型右腕 寺西成騎投手は学童時代に全国準優勝を経験。
 

また、中学時代 奥川投手に投げ勝った左腕 寺沢孝多投手も控えており、投手陣は盤石。

しかし、神宮大会決勝では、優勝を目前にしながら1安打で敗北。
打線のレベルアップが課題となりました。

攻撃面で林和成監督がキーマンに挙げたのがチーム最速の1番打者 東海林航介選手

50メートルのタイム 5秒9と脚力があるだけに、どれだけ打率と出塁率を残せるかが鍵となります。

また、2年生ながら4番を任される内山壮真選手にも注目が集まりそうです。

あと注目選手で言えば、山瀬慎之助捕手は肩が強く、リードや守備面でチームを引っ張ってくれそうです。

2年連続13度目のセンバツ出場を決めた星稜。
3季連続となる甲子園で悲願の優勝なるか、期待がかかります。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球では、どんなドラマが生まれるでしょうか、楽しみです。
 

 



スポンサーリンク


 

 - Sports