選抜高校野球 2019【優勝候補】札幌大谷 メンバー・戦力分析

      2019/03/06

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会2019
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは昨秋の北海道大会を制し、甲子園未出場ながら明治神宮大会で初出場初優勝した札幌大谷のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

札幌大谷について

 
昨秋、札幌地区予選、全道、明治神宮大会と無傷の12連勝で日本一まで駆け上がった札幌大谷が初の甲子園に挑みます。

野球部員数 56人
3年…23人
2年…33人

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
船尾隆広

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。
 

◆投手◆

【西原健太(3年)】

生年月日2001年7月19日

出身中学・少年野球チーム
札幌大谷中

身長184cm 体重90kg

右投右打

 

◆捕手◆

【飯田柊哉(主将 3年)】

生年月日2001年12月30日

出身中学・少年野球チーム
札幌大谷中

身長173cm 体重70kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【清水悠我(3年)】

生年月日2001年10月3日

出身中学・少年野球チーム
札幌大谷中
(シニア)

身長177cm 体重75kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【釜萢大司(3年)】

生年月日2001年10月10日

出身中学・少年野球チーム
札幌大谷中

身長173cm 体重65kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【佐藤颯馬(2年)】

生年月日2002年8月7日

出身中学・少年野球チーム
尾札部中
(函館ボーイズ)

身長174cm 体重74kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【北本壮一朗(3年)】

生年月日2002年3月14日

出身中学・少年野球チーム
札幌大谷中

身長180cm 体重78kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【中川征典(3年)】

生年月日2001年6月25日

出身中学・少年野球チーム
平岡緑中
(札幌北広島ボーイズ)

身長165cm 体重71kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【石鳥亮(3年)】

生年月日2001年4月20日

出身中学・少年野球チーム
札幌大谷中

身長181cm 体重85kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【佐野翔騎郎(2年)】

生年月日年月日

出身中学・少年野球チーム

(シニア)

身長181cm 体重75kg

右投左打

 

◆外野手◆

【田口恭大(3年)】

生年月日2001年7月17日

出身中学・少年野球チーム
札幌大谷中

身長171cm 体重71kg

右投左打

 

◆投手◆

【増田大貴(2年)】

生年月日2003年2月25日

出身中学・少年野球チーム
常盤中
(札幌豊平ボーイズ)

身長172cm 体重64kg

右投右打

 

◆捕手◆

【中川諒(3年)】

生年月日2002年6月22日

出身中学・少年野球チーム
大曲中
(北広島リトルシニア)

身長173cm 体重76kg

右投左打

 

◆二塁・遊撃手◆

【津崎愛斗(2年)】

生年月日2002年4月12日

出身中学・少年野球チーム
長橋中
(小樽リトルシニア)

身長164cm 体重56kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【小関慎之助(2年)】

生年月日2002年9月16日

出身中学・少年野球チーム
北栄中
(札幌栄リトルシニア)

身長167cm 体重60kg

右投右打

 

◆投手◆

【將田勝基(3年)】

生年月日2001年6月21日

出身中学・少年野球チーム
札幌大谷中

身長183cm 体重78kg

右投右打

 

◆三塁・外野手◆

【青山弥稜(3年)】

生年月日2001年7月23日

出身中学・少年野球チーム
札幌大谷中

身長165cm 体重66kg

右投右打

 

◆投手◆

【太田流星(3年)】

生年月日2001年4月9日

出身中学・少年野球チーム
札幌大谷中

身長173cm 体重76kg

右投右打

 

◆投手◆

【阿部剣友(2年)】

生年月日2002年5月17日

出身中学・少年野球チーム
大野中

身長196cm 体重89kg

左投左打

 


スポンサーリンク


 

札幌大谷 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から札幌大谷の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 札幌大谷の成績≫

【試合数】  12

【勝利・敗戦】12勝0敗

【得点】   7.7

【失点】   2.5

【打率】   .358

【本塁打】   5

【犠打飛】  40

【盗塁】   24

【失策】   17

※ 得点と失点は1試合の平均

札幌大谷はチーム打率 .358と、犠打を多用した攻撃が持ち味。

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪札幌大谷 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

昨秋の明治神宮大会を制し春夏通じて初出場の札幌大谷の投打の柱はエースで4番の西原健太選手(3年)

投手陣は身長183cm、体重90kgの大型右腕 西原投手と、太田流星投手(3年)の二枚看板で臨みます。

エースの西原投手は、秋季北海道大会では制球が定まらず、序盤に降板する試合もありましたが、明治神宮大会では一皮むけた投球をしました。
当然、選抜では登板する試合は多いと思うので制球力がポイントになりそうです。

秋季北海道大会で活躍した投手がサイドスローの太田流星投手。安定感がある投手です。
明治神宮大会でも準決勝の筑陽学園戦に先発し、落ちるシュートと武器に8回まで無安打無得点に抑えました。

そのほか、2年生の増田大貴投手阿部剣友投手も明治神宮大会を経験し、選抜では戦力となるのではないでしょうか。

一方、打撃陣ですが中心になるのは四番 西原健太選手、五番石鳥亮選手(3年)になります。

また、チーム最高打率を残した二番の釜萢大司選手(3年)や、明治神宮大会決勝でホームランを放った北本壮一朗選手(3年)など好打者が揃っています。

秋季北海道大会では準決勝、決勝と序盤で失点されましたが、打線でカバー。
明治神宮大会でもチーム打率は3割を超えていますし、犠打や走塁を絡め得点力はあります。

しかし、優勝した神宮大会決勝では、今秋ドラフト1位候補の星稜エース奥川恭伸投手に、中軸を含め4者連続三振を喫しました。

また、選抜では対戦相手に研究されると思うので、選抜でも優勝を狙うにはもう少し個々のレベルをアップさせ、チーム力を上げたいところです。

札幌大谷は2月15日から鹿児島 姶良町で5泊6日の1次合宿を行うそうです。
そして、3月13日からは和歌山 湯浅町で2次合宿を行い本番に備える予定。

秋春連覇を狙う札幌大谷。
3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。
 

 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports