選抜高校野球 2019 札幌第一 メンバー・戦力分析

      2019/02/17

 
2019年3月23日(土)から12日間、阪神甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会
一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠では、石岡一(関東 茨城)、富岡西(四国 徳島)、熊本西(九州 熊本)の3校が選出されました。
 

ここからは、昨秋の北海道大会で準優勝、神宮大会枠での出場を決めた札幌第一のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

札幌第一について

 
2年ぶり3度目出場の札幌第一。

野球部は創立と同時に創部。
春は、2016年、2017年と2回出場していますが初戦敗退。

野球部員数 49人
3年…26人
2年…23人

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆
菊池雄人

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。
 

◆投手◆

【野島丈(3年)】

生年月日2001年4月26日

出身中学・少年野球チーム
柏丘中
(札幌羊ヶ丘シニア)

身長178cm 体重86kg

右投右打

 

◆捕手◆

【村田凜(3年)】

生年月日2001年9月1日

出身中学・少年野球チーム
西岡北中
(札幌南シニア)

身長179cm 体重93kg

右投左打

 

◆一塁手◆

【大坪蓮弥(3年)】

生年月日2001年4月29日

出身中学・少年野球チーム
北海道教育大学附属札幌中
(札幌中央シニア)

身長170cm 体重72kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【山口凜(2年)】

生年月日2002年4月10日

出身中学・少年野球チーム
西岡中
(札幌新琴似シニア)

身長168cm 体重58kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【山田翔太(2年)】

生年月日2003年1月10日

出身中学・少年野球チーム
中の島中
(札幌新琴似シニア)

身長177cm 体重80kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【大平裕人(主将 3年)】

生年月日2001年6月17日

出身中学・少年野球チーム
琴似中
(札幌新琴似シニア)

身長170cm 体重67kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【髙木和真(2年)】

生年月日2002年11月15日

出身中学・少年野球チーム
新琴似北中
(札幌北リトルシニア)

身長179cm 体重78kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【金野颯汰(2年)】

生年月日2002年12月19日

出身中学・少年野球チーム
八条中
(札幌新琴似シニア)

身長177cm 体重75kg

左投左打

 

◆右翼・投手◆

【畠山和明(3年)】

生年月日2001年4月23日

出身中学・少年野球チーム
永山南中
(旭川大雪ボーイズ)

身長178cm 体重77kg

左投左打

 

◆投手◆

【上井健太朗(3年)】

生年月日2001年4月29日

出身中学・少年野球チーム
富良野西中

身長180cm 体重74kg

右投左打

 

◆投手◆

【近藤吏矩(2年)】

生年月日2002年12月28日

出身中学・少年野球チーム
斜里中

身長175cm 体重73kg

右投左打

 

◆捕手◆

【門崎匠吾(3年)】

生年月日2001年5月11日

出身中学・少年野球チーム
西当別中

身長168cm 体重73kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【木田祥太(3年)】

生年月日2001年6月5日

出身中学・少年野球チーム
北門中
(旭川大雪ボーイズ)

身長174cm 体重70kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【宮野龍輝(3年)】

生年月日2002年1月16日

出身中学・少年野球チーム
帯広南町中

身長169cm 体重73kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【竹内圭哉(3年)】

生年月日2001年10月2日

出身中学・少年野球チーム
三笠中

身長179cm 体重72kg

右投右打

 

◆外野手◆

【西村鳳真(3年)】

生年月日2001年9月10日

出身中学・少年野球チーム
菁園中
(小樽シニア)

身長172cm 体重82kg

右投右打

 

◆外野手◆

【大宮昂汰郎(3年)】

生年月日2001年9月3日

出身中学・少年野球チーム
白老中
(苫小牧リトルシニア)

身長178cm 体重83kg

右投右打

 

◆投手◆

【佐々木智成(2年)】

生年月日2002年4月26日

出身中学・少年野球チーム
比布中
(旭川大雪ボーイズ)

身長170cm 体重78kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

札幌第一 戦力分析

 
まずは、昨秋の公式戦成績から札幌第一の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 札幌第一の成績≫

【試合数】   8

【勝利・敗戦】 7勝1敗

【得点】   8.1

【失点】   4.3

【打率】   .337

【本塁打】   7

【犠打飛】  19

【盗塁】    5

【失策】    8

※ 得点と失点は1試合の平均

札幌第一は打率5割の三番大坪蓮弥選手(3年)、4本塁打14打点の四番 村田凜選手(3年)が強力。

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪札幌第一 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
秋季北海道大会の決勝では、明治神宮大会を制した札幌大谷と対戦した札幌第一。
試合終盤8回に一挙5点を奪われ6-9で逆転負けしましたが、8回一死までリードするなど神宮王者を追い詰めていました。

ここからは札幌第一の戦力分析についてまとめてみたいと思います。

投手陣は、2年春からエースの野島丈投手(3年)が中心になります。
130キロ台のストレートを低めに集める本格派右腕で、急速についても冬を超え もう少し伸びるのではないでしょうか。

そのほか、ライト兼任の畠山和明選手(3年)も秋季北海道大会では3試合に先発。
カーブが武器になります。

上井健太朗投手(3年)は右の本格派タイプの投手で、近藤吏矩投手(2年)は右のサイドスロー投手。
枚数は揃っているので、選抜では継投で繋ぐ戦いもできそうです。

一方、打撃陣ですが中心になるのは捕手で四番の村田凜選手になりそうです。
高校通算24本塁打をマークする左の大砲です。

そのほか、三番 大坪蓮弥選手(3年)、五番 大宮昂汰郎選手(3年)など長打力があります。

チームとしては、旧チームから4人のレギュラーが残り、控えメンバーから4人が主力として活躍しています。

札幌大谷が明治神宮大会を制したことで巡ってきた選抜出場権。
今後は、2月末まで道内での調整をすすめていく方針で、3月に入ってからは関西で合宿を行い本番に備えるようです。

今回の札幌第一の武器は、全道大会4試合すべて2ケタ安打と爆発した打撃力なので、選抜でも大暴れしてもらいたいですね。

3月23日から開催される第91回選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。
 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports