選抜高校野球 2018 膳所のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで一般選考33校(四国地区の神宮大会枠を含む)と21世紀枠3校が選ばれ、例年よりも4校多い36校が出場。

21世紀枠は秋季都道府県大会で好成績を収め困難な条件を克服した学校などが対象で、今回選ばれたのはいずれも公立校です。

今回は21世紀枠で59年ぶりにセンバツ出場が決まった滋賀県の膳所(ぜぜ)のメンバー・戦力分析をまとめています。


スポンサーリンク


 

 

膳所について

 
【正式名称】 滋賀県立膳所高等学校

【全校生徒数】1315人(女子615人)

【野球部員数】28人

 
膳所は今年創立120周年を迎える伝統校。
野球部は学校創立と同時に創部され、これまでセンバツに3回、選手権大会に2回出場していますが、残念ながら一度も白星を挙げていません。
 
そんな膳所は滋賀県トップクラスの進学校として知られており毎年 東大や京大をはじめとする国公立大学や難関私立大学に進学する生徒の多い高校です。

ちなみにエースの手塚皓己投手も京大を目指しているそうです。

そんな進学校に通う選手たちは学業と野球部の活動を両立するため練習時間や場所が限られる環境の中、創意工夫を凝らし練習に励んでいます。

 
 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【上品充朗】

生年月日 1969年6月16日

滋賀県出身

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。
 

◆投手◆

【手塚皓己(3年)】

生年月日2000年8月14日

出身中学・少年野球チーム
守山市立守山南中

身長188cm 体重84kg

右投右打

 

◆捕手◆

【石川唯人(3年・主将)】

生年月日 2001年3月10日

出身中学・少年野球チーム
大津市立瀬田北中

身長172cm 体重71kg

右投左打

 

◆一塁手◆

【川村いつき(3年)】

生年月日2000年4月15日

出身中学・少年野球チーム
私立光泉中

身長177㎝ 体重71kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【有川耀翔(3年)】

生年月日2000年8月31日

出身中学・少年野球チーム
大津市立仰木中

身長165cm 体重65kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【平井祟博(3年)】

生年月日2000年9月16日

出身中学・少年野球チーム
草津市立草津中

身長173cm 体重80kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【渡辺大夢(3年)】

生年月日2000年5月15日

出身中学・少年野球チーム
大津市立志賀中

身長161cm 体重60kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【星田昌慶(3年)】

生年月日2000年11月18日

出身中学・少年野球チーム
大津市立打出中

身長175cm 体重69kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【平井洸宇(3年)】

生年月日2000年4月2日

出身中学・少年野球チーム
大津市立栗津中

身長170cm 体重66kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【今井竜大(3年)】

生年月日2000年7月8日

出身中学・少年野球チーム
国立滋賀大学教育学部付属中
(草津シニア)

身長176cm 体重67kg

左投左打

 

◆投手◆

【長野友樹(3年)】

生年月日2000年4月26日

出身中学・少年野球チーム
草津市立玉川中

身長168cm 体重62kg

右投左打

 

◆捕手◆

【石川侑暉(2年)】

生年月日 2001年5月7日

出身中学・少年野球チーム
守山市立守山南中

身長173cm 体重72kg

右投左打

 

◆内野手◆

【宮武俊作(3年)】

生年月日2000年8月9日

出身中学・少年野球チーム
大津市立志賀中

身長180cm 体重75kg

右投左打

 

◆内野手◆

【吉川典輝(3年)】

生年月日2000年9月17日

出身中学・少年野球チーム
国立滋賀大学教育学部付属中

身長166cm 体重62kg

右投左打

 

◆内野手◆

【新井将太(3年)】

生年月日2000年6月9日

出身中学・少年野球チーム
大津市立仰木中

身長167cm 体重62kg

右投右打

 

◆内野手◆

【佐竹泰徳(2年)】

生年月日 2001年11月17日

出身中学・少年野球チーム
大津市立志賀中

身長165cm 体重57kg

右投右打

 

◆外野手◆

【古髙遼(3年)】

生年月日2000年7月21日

出身中学・少年野球チーム
守山市立守山南中

身長179cm 体重79kg

右投左打

 

◆外野手◆

【上本楓太(3年)】

生年月日2000年6月19日

出身中学・少年野球チーム
草津市立草津中
(滋賀栗東ボーイズ)

身長171cm 体重61kg

右投左打

 

◆外野手◆

【森本光城(3年)】

生年月日2001年3月15日

出身中学・少年野球チーム
大津市立瀬田北中

身長174cm 体重69kg

右投右打



スポンサーリンク


 

 

膳所 戦力分析

 
秋季滋賀県大会ベスト8ながら21世紀枠でセンバツ出場を決めた膳所。

まずは、膳所のスポーツ紙の評価を見てみます。
 

≪膳所 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
スポーツ紙の評価はオールと厳しい評価。

各地で秋季都道府県大会が行われ上位校は地区大会へと駒を進めますが、今回のセンバツ出場校の中で地区大会に進めなかったチームは膳所だけなので戦力的には前評判は高くないです。

しかし、甲子園では何が起こるか分かりません。番狂わせが起こせるようにセンバツでの活躍に期待です。

 
 
続いて昨秋の膳所の公式戦成績
 

≪昨秋の公式戦 膳所の成績≫

【試合数】  4

【勝利・敗戦】3勝1敗

【得点】   8.3

【失点】   3.3

【打率】   .245

【本塁打】  0

【犠打飛】  10

【盗塁】   2

【失策】   12

※ 得点と失点は1試合の平均

 
膳所はチーム打率が2割台と低調で本塁打0という数字が表すように打撃陣に物足りなさを感じますね。

ただ、攻撃面で目を引くのが四死球を多く選び出塁率を重視しているところ。
上品監督によるとボールの見極めについてはうるさく言っているそうで、ヒットが打てなくても1球でも多く相手投手に投げさせるという戦術のようです。
 
 
一方、投手陣をけん引するのはエースの手塚皓己投手。
手塚投手は188センチの長身から130キロ後半のストレートを投げ下ろし角度のあるボールが相手打者を苦しめます。
また、性格的にも負けん気が強いそうで投手向きの性格といえますね。
 
全国の野球強豪校と対戦する可能性は十分あるので強豪校相手にどのような投球をするのか注目です。
 
 
ところで、21世紀枠で選ばれた高校といえば秋季大会の結果だけでなくボランティアや地域での活動をはじめ、他校の模範となっている高校が選出されていますが、膳所が評価された一つに”データ管理”というものがあります。

膳所では2017年度から選手でもマネージャーでもない広島ファンの高見遥香さんと、プログラミングが好きな野津風太さんがデータ班として野球部に加わり、統計学の視点から野球を分析する”セイバーメトリクス”の考え方を取り入れたそうです。

確かに強豪校と比べると選手個々の能力は見劣りしますが”セイバーメトリクス”の考え方を取り入れデータを駆使することでプレーの確立を上げることができ昨秋は滋賀8強に進出することができました。

今回、データ野球を携えて挑む膳所。
59年ぶりのセンバツで悲願の初勝利なるか注目です。

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク


 

 - Sports