選抜高校野球 2018【優勝候補】大阪桐蔭のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

例年よりも4校多い36校が出場する今大会では、明治神宮大会王者の明徳義塾(高知)や、史上3校目の春連覇に挑戦する大阪桐蔭が注目を集めそうです。

今回は、昨春5年ぶり2度目のセンバツ制覇を飾った大阪桐蔭のメンバーや戦力分析についてまとめました。


スポンサーリンク


 

 
【正式名称】 大阪桐蔭高等学校

【全校生徒数】2079人(女子856人)

【野球部員数】41人

【主な卒業生】
中村剛也(西武内野手)
西岡剛(阪神内野手)
中田翔(日本ハム外野手)
岩田稔(阪神投手)
藤浪晋太郎(阪神投手)
森友哉(西武捕手)
浅村栄斗(西武内野手)
 
 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【西谷浩一】

 
生年月日 1969年9月12日

兵庫県出身

西谷監督はこれまで春夏通算14回の甲子園出場に導き2012年の春夏連覇を含め5度の甲子園優勝を果たしています。

史上3校目の春連覇を達成すれば歴代1位に並ぶ6度目の甲子園優勝となります。

 

 

※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。
 

◆投手◆

【柿木蓮(3年)】

生年月日2000年6月25日

出身中学・少年野球チーム
佐賀 多久市立中央中
(佐賀東松ボーイズ)

身長181cm 体重84kg

右投右打

 

◆捕手◆

【小泉航平(3年)】

生年月日 2000年8月21日

出身中学・少年野球チーム
和歌山 御坊市立河南中
(和歌山日高ボーイズ)

身長179cm 体重73kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【井阪太一(3年)】

生年月日2000年8月13日

出身中学・少年野球チーム
奈良市立春日中
(奈良西シニア)

身長178cm 体重84kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【山田健太(3年)】

生年月日2000年7月19日

出身中学・少年野球チーム
愛知 稲沢市立千代田中
(東海ボーイズ)

身長183cm 体重83kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【中川卓也(3年・主将)】

生年月日2000年7月28日

出身中学・少年野球チーム
大阪市立長吉中
(大阪福島シニア)

身長175cm 体重75kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【根尾昴(3年)】

生年月日2000年4月19日

出身中学・少年野球チーム
岐阜 飛騨市立古川中
(飛騨高山ボーイズ)

身長177cm 体重77kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【宮﨑仁斗(3年)】

生年月日2000年4月10日

出身中学・少年野球チーム
奈良 川西町 三宅町式下中
(志貴ボーイズ)

身長170cm 体重68kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【藤原恭大(3年)】

生年月日2000年5月6日

出身中学・少年野球チーム
豊中市立第五中
(オール枚方ボーイズ)

身長181cm 体重76kg

左投左打

 

◆右翼手◆

【青地斗舞(3年)】

生年月日2000年5月4日

出身中学・少年野球チーム
富田林市立喜志中
(河南シニア)

身長172cm 体重72kg

左投左打

 

◆投手◆

【横川凱(3年)】

生年月日2000年8月30日

出身中学・少年野球チーム
滋賀 米原市立大東中
(湖北ボーイズ)

身長190cm 体重84kg

左投左打

 

◆投手◆

【森本昴佑(3年)】

生年月日 2000年9月25日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 神戸市立魚崎中
(大阪南海ボーイズ)

身長180cm 体重76kg

左投左打

 

◆投手◆

【中田惟斗(3年)】

生年月日2001年9月13日

出身中学・少年野球チーム
和歌山 御坊市立御坊中
(和歌山御坊ボーイズ)

身長180cm 体重78kg

右投右打

 

◆捕手◆

【飯田光希(3年)】

生年月日2000年4月11日

出身中学・少年野球チーム
徳島 板野町立板野中
(徳島東シニア)

身長179cm 体重76kg

右投右打

 

◆捕手◆

【青木大地(3年)】

生年月日2001年2月17日

出身中学・少年野球チーム
京都 木津川市立木津川第二中
(郡山シニア)

身長180cm 体重77kg

右投左打

 

◆内野手◆

【石川瑞貴(3年)】

生年月日2000年4月4日

出身中学・少年野球チーム
堺市立泉ヶ丘東中
(住吉ボーイズ)

身長178cm 体重75kg

右投右打

 

◆内野手◆

【山田優太(2年)】

生年月日2001年6月7日

出身中学・少年野球チーム
滋賀 栗東立栗東西中
(大津瀬田ボーイズ)

身長177cm 体重74kg

右投左打

 

◆内野手◆

【俵藤夏冴(3年)】

生年月日2000年8月11日

出身中学・少年野球チーム
愛媛 今治市立西中
(今治中央ボーイズ)

身長180cm 体重74kg

右投右打

 

◆内野手◆

【奥田一聖(3年)】

生年月日 2000年8月9日

出身中学・少年野球チーム
北海道 札幌市立栄南中
(札幌新琴似シニア)

身長180cm 体重72kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

 

大阪桐蔭 戦力分析

 
昨秋の大阪大会と近畿大会で優勝した大阪桐蔭は、明治神宮大会 準決勝で九州王者で初出場の創成館(長崎)に敗れ決勝進出を逃しました。

しかし、
投打ともに世代屈指の能力を持つ選手がそろっている大阪桐蔭は優勝候補の筆頭に挙げられます。

ここからは、4年連続のセンバツとなる今大会で史上3校目の春2連覇を目指す大阪桐蔭の戦力分析をしています。

【高校野球】秋季大阪大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季近畿地区大会 速報・結果


明治神宮大会 2017 (高校の部) 速報・結果

 
 
まずは、昨秋の公式戦成績から大阪桐蔭の戦力を分析
 


≪昨秋の公式戦 大阪桐蔭の成績≫

【試合数】  13

【勝利・敗戦】12勝1敗

【得点】   7.7

【失点】   1.2

【打率】   .352

【本塁打】  11

【犠打飛】  18

【盗塁】   22

【失策】   6

※ 得点と失点は1試合の平均

 

エース級の投手を3枚そろえる大阪桐蔭は、13試合のうち12試合を2点以内に抑えています。

背番号1を背負った柿木蓮投手は最速148キロ、フォークのキレも鋭く要所で三振を奪える本格派右腕。
明治神宮大会では調子を落としていたものの昨秋の公式戦成績は45回を投げ防御率0.60。

身長190センチの長身サウスポー 横川凱投手は角度のある直球が武器。

15.63の奪三振率を誇る最速148キロ右腕の根尾昴選手は四番、遊撃手も兼務する超逸材。
スライダーも一級品で昨秋の近畿大会 近江との準決勝では16奪三振を奪って完封しました。

投手力は、この3本柱が機能すれば盤石の態勢と言えます。

続いて攻撃力ですが、上位打線は昨春センバツを制した旧チームからレギュラーだった打者が並び下位打線にも好打者が並びます。

打線をけん引するのは、根尾選手と並ぶ超逸材としてプロ注目の藤原恭大選手。
50メートル走5秒7で駆け抜ける俊足は昨年のセンバツ、夏の甲子園でも活躍。

昨年9月には2年生ながら侍ジャパンU-18代表でプレーしました。

そんな藤原選手が不動の一番に座る大阪桐蔭の打線は超強力。

攻撃のリズムを作る一番 藤原選手と二番 宮﨑仁斗選手。
クリーンアップを形成する中川卓也選手、根尾昴選手、山田健太選手ら3人はプロも注目の好打者。

六番 青地斗舞選手も粘り強い打撃を見せ、七番 井阪太一選手はパンチ力を秘めた左の大砲と、打線に切れ目がなく走塁にもスキがありません。

 

 

次にスポーツ紙の評価を見ていきます。
 

≪大阪桐蔭 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

大阪桐蔭のスポーツ紙の評価ですが、どのスポーツ紙もの高評価ですね。
 


スポンサーリンク


 

 

まとめ

 
4年連続のセンバツとなる今大会で1929年の第一神港商、1981年のPL学園に続く史上3校目の春連覇に挑戦する大阪桐蔭。

”1929年”って驚いてしまいましたが、学生野球は毎年選手が入れ替わるため春連覇は甲子園連覇の中でも最も難しいといわれています。

しかし、昨春、夏と経験豊富なメンバーを擁する大阪桐蔭なら、そんな偉業も成し遂げられそうな気がします。

3月23日から開催される第90回記念選抜高校野球。
延長12回まで同点の場合、13回から無死一、二塁の継続打順のタイブレークが導入される今大会ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!

 


スポンサーリンク


 

 - Sports