選抜高校野球 2018【優勝候補】明徳義塾のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

例年よりも4校多い36校が出場する今大会では、明治神宮大会王者の明徳義塾(高知)や、史上3校目の春連覇に挑戦する大阪桐蔭が注目を集めそうです。

今回は、絶対的エース 市川悠太投手を軸に安定した試合運びで昨秋の明治神宮大会の頂点に立った明徳義塾のメンバーや戦力分析についてまとめました。


スポンサーリンク


 

 

【正式名称】 明徳義塾高等学校

【全校生徒数】1089人(女子296人)

【野球部員数】82人

【主な卒業生】
伊藤光(オリックス捕手)
石橋良太(楽天投手)
北川倫太郎(楽天外野手)
古賀優大(ヤクルト捕手)
西浦颯大(オリックス外野手)
森岡良介(ヤクルトコーチ)
 

 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【馬淵史郎】

生年月日 1955年11月28日

愛媛県出身

馬淵監督は甲子園通算49勝
歴代5位の名将。

 

 

※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。
 

◆投手◆

【市川悠太(3年)】

生年月日2001年3月29日

出身中学・少年野球チーム
高知市立潮江中

身長184cm 体重73kg

右投右打

 

◆捕手◆

【安田陸(2年)】

生年月日 2001年8月2日

出身中学・少年野球チーム
私立明徳義塾中

身長178cm 体重88kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【中隅廉王(3年)】

生年月日2000年4月11日

出身中学・少年野球チーム
京都宇治市立宇治中
(京都木津川シニア)

身長175cm 体重70kg

左投左打

 

◆二塁手◆

【藤森涼一(3年)】

生年月日2000年7月15日

出身中学・少年野球チーム
大阪市立八阪中
(大阪八尾ボーイズ)

身長166cm 体重60kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【田中闘(3年)】

生年月日2001年3月15日

出身中学・少年野球チーム
奈良 天理市立西中
(橿原磯城シニア)

身長171cm 体重65kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【菰渕太陽(3年)】

生年月日2001年1月19日

出身中学・少年野球チーム
香川 さぬき市立支度中
(ヤング 高松レイダース)

身長172cm 体重65kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【谷合悠斗(3年)】

生年月日2000年8月13日

出身中学・少年野球チーム
岡山市立妹尾中
(ヤング 岡山メッツ)

身長179cm 体重81kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【渡部颯太(3年)】

生年月日2000年10月27日

出身中学・少年野球チーム
愛媛 松山市立北中
(今治中央ボーイズ)

身長178cm 体重78kg

右投左打

 

◆右翼手◆

【眞鍋陸(3年)】

生年月日2000年8月9日

出身中学・少年野球チーム
私立明徳義塾中

身長174cm 体重72kg

右投左打

 

◆投手◆

【服部遼馬(2年)】

生年月日2001年4月29日

出身中学・少年野球チーム
私立明徳義塾中

身長171cm 体重63kg

左投左打

 

◆投手◆

【林田大成(2年)】

生年月日 2001年6月6日

出身中学・少年野球チーム
京都 福知山市立日新中

身長174cm 体重62kg

左投左打

 

◆捕手◆

【庄野太喜(3年・主将)】

生年月日2000年5月25日

出身中学・少年野球チーム
京都 宇治市立西宇治中
(京都木津川シニア)

身長167cm 体重69kg

右投右打

 

◆捕手◆

【松尾航輝(3年)】

生年月日2000年7月20日

出身中学・少年野球チーム
福岡 筑後市立羽犬塚中
(筑後ボーイズ)

身長176cm 体重80kg

右投左打

 

◆内野手◆

【孫入陸(3年)】

生年月日2000年10月7日

出身中学・少年野球チーム
奈良 五條市立五条西中
(橿原ボーイズ)

身長167cm 体重70kg

右投右打

 

◆内野手◆

【池田惇季(3年)】

生年月日2000年7月14日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 太子町立太子東中
(龍野ボーイズ)

身長180cm 体重90kg

右投右打

 

◆内野手◆

【保市勇平(3年)】

生年月日2000年5月28日

出身中学・少年野球チーム
大阪 大阪市立東我孫子中
(住吉大和川シニア)

身長162cm 体重64kg

右投右打

 

◆内野手◆

【徳永快人(2年)】

生年月日 2001年11月6日

出身中学・少年野球チーム
大阪 河内長野市立千代田中
(河南シニア)

身長171cm 体重68kg

右投左打

 

◆外野手◆

【柳田晟(3年)】

生年月日2000年7月1日

出身中学・少年野球チーム
山口 下関市立豊洋中
(飯塚ライジングスターボーイズ)

身長176cm 体重67kg

右投左打



スポンサーリンク


 

 

明徳義塾 戦力分析

 
昨秋の明治神宮大会を制した実力から優勝候補の一つに挙げている明徳義塾。

明徳義塾は、今大会の優勝候補昨秋の高知大会から明治神宮大会までの公式戦 全10試合、80イニングを一人で投げ抜きサイドハンド気味のフォームからの快速球で36年ぶりの明治神宮大会優勝に大きく貢献したエース市川悠太投手が軸となります。

【高校野球】秋季高知県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季四国地区大会 速報・結果


明治神宮大会 2017 (高校の部) 速報・結果

 

ここからは3年連続18回目のセンバツ出場を決めた明徳義塾の戦力分析をしています。

まずは、昨秋の公式戦成績から明徳義塾の戦力を分析


≪昨秋の公式戦 明徳義塾の成績≫

【試合数】  10

【勝利・敗戦】10勝0敗

【得点】   6.4

【失点】   1.5

【打率】   .352

【本塁打】  2

【犠打飛】  29

【盗塁】   18

【失策】   9

※ 得点と失点は1試合の平均

 

昨秋の高知大会から明治神宮大会までの全10試合を一人で投げ抜いたエース 市川悠太投手は1試合の平均失点が1.5。
変化球の使い方やペース配分を考えながらの投球など精神的な部分でも成長がみられます。

攻撃面ではトップバッターの眞鍋陸選手、ミート力抜群の田中闘選手、昨夏からのレギュラーで高い打率を誇る菰渕太陽選手が並んでおり切れ目のない打線。

1年の夏から甲子園で活躍してきた長距離砲 谷合悠斗選手は、昨夏以降やや調子を落としていたものの足を上げてタイミングを取るフォームに変えて復調の兆し。
明治神宮大会準決勝(対 静岡戦)では本塁打を放つなど実力を示しました。

また、谷合選手が不振の間、四番を務めていた渡部颯太選手は高知大会の決勝で先制3ランを放ち、2年生の安田陸捕手も県大会で打率5割以上の好成績を残しています。

 

課題は守備でしょうか。
人工芝で行われた明治神宮大会では初戦で内野陣にエラーが続出、準決勝でも序盤でミスが失点に絡むなど嫌なムードに。終盤、長打攻勢で逆転勝ちしたものの馬淵監督は「全国大会で4つもエラーをしたのは記憶にない」と嘆いていました。

また、控え投手が手薄な状況も少し気になるところ。

 

 

次にスポーツ紙の評価を見ていきます。


≪明徳義塾 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
明徳義塾のスポーツ紙の評価ですが、どのスポーツ紙もの高評価ですね。


スポンサーリンク


 

 

まとめ

 

春のセンバツ初優勝を狙う明徳義塾。
注目は、やはりエースの市川悠太投手です。

明治神宮大会決勝の前日には右手中指の爪が割れるというアクシデントに見舞われながらも一人で投げ抜きチームを優勝に導いた市川投手。

最多で6試合となるセンバツでも「一人で投げぬいて日本一になりたい」と力強く語っています。

無理は絶対にしないでほしいですが、明徳義塾は市川投手の活躍が勝負の鍵を握っていますね。

3月23日から開催される第90回記念選抜高校野球。
延長12回まで同点の場合、13回から無死一、二塁の継続打順のタイブレークが導入される今大会ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!





スポンサーリンク

 - Sports