選抜高校野球 2018 富山商のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

今回は秋季県大会を制し、北信越大会4強入りの富山商のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 

富山商について

 
【正式名称】 富山県立富山商業高等学校

【全校生徒数】829人(女子484人)

【野球部員数】55人

【主な卒業生】
中澤雅人(ヤクルト投手)
浅井樹(広島コーチ)
丸山隆男(元巨人投手)
吉岡悟(ロッテオリオンズほか内野手)
山本栄二(元オリックス野手)

 
 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【前﨑秀和】

生年月日 1977年6月5日

富山県出身

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【沢田龍太(3年)】

生年月日2000年09月19日

出身中学・少年野球チーム
富山市立呉羽中
(富山ボーイズ)

身長183cm 体重81kg

右投右打

 

◆捕手◆

【山本龍也(3年)】

生年月日 2000年4月22日

出身中学・少年野球チーム
富山市立岩瀬中
(富山ボーイズ)

身長168cm 体重72kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【奥井颯汰(3年)】

生年月日2000年6月30日

出身中学・少年野球チーム
富山市立速星中
(富山中央ボーイズ)

身長174㎝ 体重73kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【福島幹(3年・主将)】

生年月日2000年5月23日

出身中学・少年野球チーム
黒部市立桜井中

身長172cm 体重68kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【石黒賢一(3年)】

生年月日2000年9月19日

出身中学・少年野球チーム
射水市立小杉中

身長170cm 体重68kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【石田陸(3年)】

生年月日2000年12月9日

出身中学・少年野球チーム
富山市立上滝中

身長171cm 体重69kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【横尾和樹(3年)】

生年月日2000年4月23日

出身中学・少年野球チーム
射水市立新湊南部中

身長170cm 体重75kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【石橋航太(3年)】

生年月日2000年6月27日

出身中学・少年野球チーム
魚津市立西部中
(富山ボーイズ)

身長179cm 体重82kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【広浜虎威(3年)】

生年月日2000年6月8日

出身中学・少年野球チーム
黒部市立鷹施中

身長165cm 体重67kg

右投左打

 

◆投手◆

【天野匠(3年)】

生年月日2000年6月5日

出身中学・少年野球チーム
魚津市立西部中

身長173cm 体重73kg

右投右打

 

◆捕手◆

【森陽斗(2年)】

生年月日 2001年4月30日

出身中学・少年野球チーム
富山市立山室中
(富山シニア)

身長170cm 体重64kg

右投右打

 

◆内野手◆

【宮腰武(2年)】

生年月日2001年10月24日

出身中学・少年野球チーム
射水市立小杉中

身長176cm 体重75kg

右投右打

 

◆内野手◆

【後藤大明(2年)】

生年月日2001年7月12日

出身中学・少年野球チーム
富山市立和合中

身長163cm 体重58kg

右投右打

 

◆内野手◆

【前田幸輝(2年)】

生年月日2001年12月19日

出身中学・少年野球チーム
富山市立新庄中
(富山シニア)

身長172cm 体重72kg

右投右打

 

◆内野手◆

【三谷岬史朗(2年)】

生年月日2001年10月21日

出身中学・少年野球チーム
富山市立呉羽中
(富山ボーイズ)

身長167cm 体重67kg

右投右打

 
 

◆外野手◆

【中元武志(3年)】

生年月日2000年4月13日

出身中学・少年野球チーム
富山市立奥田中

身長170cm 体重72kg

右投左打

 

◆外野手◆

【亀田眞の介(2年)】

生年月日2001年4月9日

出身中学・少年野球チーム
魚津市立西部中

身長169cm 体重63kg

右投両打

 

◆外野手◆

【田村一稀(2年)】

生年月日 2001年4月25日

出身中学・少年野球チーム
立山町立雄山中
(富山ボーイズ)

身長168cm 体重67kg

右投左打



スポンサーリンク


 

 

富山商 戦力分析

 
昨秋は県大会を制し北信越大会では金沢学院、坂井を下して4強に進出した富山商。
準決勝では優勝した日本航空石川に敗れたものの、最後の一般選考枠の1枠に食い込み9年ぶりのセンバツ出場を決めました。

【高校野球】秋季富山県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季北信越地区大会 速報・結果

 
ちなみに富山商のスポーツ紙の評価はコチラ。

≪富山商 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
続いて昨秋の富山商の公式戦成績
 

≪昨秋の公式戦 富山商の成績≫

【試合数】  8

【勝利・敗戦】7勝1敗

【得点】   5.5

【失点】   2.0

【打率】   .294

【本塁打】  6

【犠打飛】  21

【盗塁】   13

【失策】   8

※ 得点と失点は1試合の平均

 

投手陣は昨秋の公式戦全8試合に先発し7試合で完投したエース 沢田龍太投手が大黒柱。
身長183センチの沢田投手が右オーバーハンドから投げ込むストレートは最速140キロ。
秋季北信越大会では夏の甲子園経験者が多く残る坂井に2四死球1失点完投と制球の良さが光りました。
日本航空石川との準決勝では中盤以降、低めの変化球が見極められて集中打を浴びてしまいましたが北信越大会後からフォームを改良、投球の際にヒジが下がるのを修正したことでボールへの力の伝わり方が良くなったといいます。

沢田投手のほかには、
打線の中心でもある石橋航太選手が県大会準々決勝 新湊戦で1イニングのみを投げ、制球力が武器の天野匠投手は昨秋は登板機会がありませんでしたが右の技巧派として控えています。

打線の軸は高校通算24本塁打を四番 石橋選手。
秋の公式戦でチーム最多の3本塁打を放ち長打力は際立っています。

また、一番 横尾和樹選手は打率.433をマーク、主将の三番 福島幹選手もパンチ力を備えています。

富山商は昨秋の公式戦のチーム打率は.294と高くありませんが、犠打を絡めながら1試合平均で5点以上を奪い粘り強くチャンスをものにしてきました。

今回は9年ぶり6回目のセンバツ出場を決めた富山商の戦力分析をしましたが、投打の柱がきっちり仕事をしていてバランスが良いチームですね。

ちなみに過去5回のセンバツは2回戦進出が最高という富山商、今回上位進出することができるか注目です。

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク


 

 - Sports