選抜高校野球 2018 富島のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

今回は県大会、九州大会ともに準優勝し、創立102年で初の甲子園出場を決めた宮崎県北部の公立校 富島(宮崎)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 

富島について

 
【正式名称】 宮崎県立富島高等学校

【全校生徒数】585人(女子433人)

【野球部員数】36人
 

 

 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【濱田登】

生年月日 1967年12月18日

宮崎県出身

2013年4月から富島を率いる濱田監督は宮崎商OB。
2008年夏に母校を39年ぶり甲子園に導きました。

長らく県内の大会で上位に進むことができなかった富島ですが、2013年に濱田監督が就任してからはチームはメキメキと力をつけ、2015年の秋には県大会で準優勝、九州大会に初出場。
就任6年目を前に富島を初の甲子園出場に導きました。

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。
 

◆投手◆

【黒木将胤(3年)】

生年月日2000年12月12日

出身中学・少年野球チーム
日向市立財光寺中

身長176cm 体重67kg

右投右打

 

◆捕手◆

【黒田直人(2年)】

生年月日 2001年4月25日

出身中学・少年野球チーム
日向市立財光寺中

身長167cm 体重68kg

右投左打

 

◆一塁手◆

【井本健太(3年)】

生年月日2000年11月5日

出身中学・少年野球チーム
日向市立大王谷学園中

身長166㎝ 体重70kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【窪田晃誠(3年)】

生年月日2001年2月22日

出身中学・少年野球チーム
日向市立財光寺中

身長163cm 体重63kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【山下蒼生(3年)】

生年月日2000年11月2日

出身中学・少年野球チーム
日向市立大王谷中

身長174cm 体重68kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【松浦佑星(2年)】

生年月日2001年10月6日

出身中学・少年野球チーム
西都市立三納中
(ドリーム・宮崎スラッガーズ)

身長171cm 体重64kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【中村健星(3年)】

生年月日2000年4月14日

出身中学・少年野球チーム
延岡市立垣富中

身長178cm 体重78kg

左投左打

 

◆中堅手◆

【川添大空(3年)】

生年月日2000年11月18日

出身中学・少年野球チーム
宮崎市立田野中
(宮崎中央ボーイズ)

身長169cm 体重65kg

右投左打

 

◆右翼手◆

【中川大輝(3年・主将)】

生年月日2000年5月18日

出身中学・少年野球チーム
日向市立大王谷学園中

身長163cm 体重63kg

左投左打

 

◆投手◆

【甲斐裕人(3年)】

生年月日2000年4月5日

出身中学・少年野球チーム
椎葉村立椎葉中

身長170cm 体重60kg

左投左打

 

◆投手◆

【黒木拓馬(2年)】

生年月日 2002年2月17日

出身中学・少年野球チーム
延岡市立南中

身長174cm 体重63kg

右投右打

 

◆捕手◆

【甲斐康平(3年)】

生年月日2000年9月15日

出身中学・少年野球チーム
延岡市立東海中

身長165cm 体重62kg

右投右打

 

◆内野手◆

【矢房宜大(3年)】

生年月日2000年5月28日

出身中学・少年野球チーム
日向市立富島中

身長171cm 体重71kg

右投左打

 

◆内野手◆

【古賀優志郎(2年)】

生年月日2001年9月29日

出身中学・少年野球チーム
日向市立大王谷学園中

身長172cm 体重70kg

右投左打

 

◆内野手◆

【安藤陸(2年)】

生年月日2001年5月19日

出身中学・少年野球チーム
日向市立美々津中

身長173cm 体重66kg

右投左打

 

◆内野手◆

【田原優平(3年)】

生年月日2001年2月26日

出身中学・少年野球チーム
日向市立東郷中

身長170cm 体重62kg

右投左打

 

◆外野手◆

【中森京介(3年)】

生年月日 2000年6月1日

出身中学・少年野球チーム
美郷町立南郷中

身長168cm 体重67kg

右投左打

 

◆外野手◆

【中武敬晶(3年)】

生年月日2000年8月3日

出身中学・少年野球チーム
宮崎市立久峰中

身長172cm 体重65kg

右投右打



スポンサーリンク


 

 

富島 戦力分析

 
昨秋、九州大会初戦で熊本1位の文徳に快勝した富島は、準々決勝の長崎商戦を7回コールドで圧勝。
準決勝では市長が応援に駆け付けるなど熱狂する地元の後押しを受け、夏の甲子園出場の東筑に(福岡)に逆転勝ちしました。

創成館との決勝では4-7で敗れたものの最大5点差を一時1点差まで詰め寄る粘りを見せ、初の甲子園切符を手にした富島。

【高校野球】秋季宮崎県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季九州地区大会 速報・結果

 

まずは、スポーツ紙の評価を見てみます。
 

≪富島 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
続いて昨秋の富島の公式戦成績
 

≪昨秋の公式戦 富島の成績≫

【試合数】  9

【勝利・敗戦】7勝2敗

【得点】   6.2

【失点】   4.1

【打率】   .316

【本塁打】  4

【犠打飛】  17

【盗塁】   16

【失策】   12

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
富島のエースは本格派右腕 黒木将胤投手。

最速137キロの直球にスライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜながらの打たせて取る投球が持ち味で宮崎県大会でも好投。
九州大会では初戦、準々決勝、準決勝と3試合を1人で投げきり、東筑との準決勝では5失点ながらも146球を投げて終盤の勝ち越しにつなげました。
救援に回った決勝も7イニングを投げています。

決勝で先発した甲斐裕人投手は技巧派左腕で2年生の黒木拓馬投手は力強いストレートが最大の武器。

富島の快進撃を支えたのは、松浦佑星選手と中川大輝主将の一、二番コンビ。
特に中川主将は163センチ、63キロと小柄な選手ですが九州大会4試合で17打数10安打9打点と大当たり、創成館との決勝では二塁打2本を放つなど長打力もあります。

一番 松浦選手は2年生ながら秋の公式戦打率.375でセンスの良さが光ります。

三番 川添大空選手や四番 井本健太選手らクリーンアップも大柄ではないもののつなぎの攻撃を見せます。
 

創立102年で初の甲子園出場に学校も地域も盛り上がっているという富島。

身長180センチ以上の選手はいない小柄なチームですが、甲子園の大舞台でもひたむきなプレーで勝利をつかんでほしいです。
 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク


 

 - Sports