選抜高校野球 2018 下関国際のメンバー・戦力分析

      2018/03/22

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

今回は、昨秋の県大会で優勝、中国大会で準優勝しセンバツ初出場を決めた下関国際のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 

下関国際について

 
【正式名称】 下関国際高等学校

【全校生徒数】291人(女子58人)

【野球部員数】37人
 
【主な卒業生】
宮崎敦次(ロッテ)

 

 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【坂原秀尚】

生年月日 1976年10月11日

広島県出身

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【鶴田克樹(3年)】

生年月日2001年2月9日

出身中学・少年野球チーム
北九州市立早鞆中

身長180cm 体重93kg

右投右打

 

◆捕手◆

【品川優人(3年)】

生年月日 2000年5月1日

出身中学・少年野球チーム
長門市立菱海中

身長168kg 体重71kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【木下尚隠(3年)】

生年月日2000年10月1日

出身中学・少年野球チーム
下関市立豊北中

身長180㎝ 体重87kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【濱松晴天(3年・主将)】

生年月日2000年6月6日

出身中学・少年野球チーム
広島 三原市立三原第三中
(三原中央シニア)

身長170cm 体重66kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【川上顕寛(3年)】

生年月日2000年12月28日

出身中学・少年野球チーム
福岡 飯塚市立穂波東中
(レインボー・嘉麻スピリッツ)

身長172cm 体重73kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【甲山達也(3年)】

生年月日2000年7月23日

出身中学・少年野球チーム
広島市立中広中
(広島西シニア)

身長171cm 体重68kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【西山勇輝(3年)】

生年月日2000年8月31日

出身中学・少年野球チーム
下関市立彦島中
(レインボー・下関ホエールズ)
身長180cm 体重88kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【木村大輝(2年)】

生年月日2001年5月28日

出身中学・少年野球チーム
宇部市立桃山中
(下関ボーイズ)

身長174cm 体重65kg

左投左打

 

◆左翼手◆

【吉村英也(3年)】

生年月日2000年8月27日

出身中学・少年野球チーム
周南市立周陽中
(山口東シニア)

身長178cm 体重77kg

左投左打

 

◆投手◆

【鎌倉弘人(3年)】

出身中学・少年野球チーム
兵庫 加古川市立別府中
(ヤング 兵庫加古川)

身長160cm 体重52kg

左投左打

 

◆捕手◆

【谷本智(2年)】

生年月日2001年7月26日

出身中学・少年野球チーム
山口市立小郡中
(レインボー・下関ホエールズ)

身長165cm 体重63kg

右投右打

 

◆内野手◆

【佐本快(2年)】

生年月日2001年11月24日

出身中学・少年野球チーム
福岡 北九州市立田原中

身長174cm 体重70kg

右投右打

 

◆内野手◆

【宮下仁(3年)】

生年月日2000年8月24日

出身中学・少年野球チーム
下関市立立川中中
(レインボー・下関ホエールズ)

身長164cm 体重59kg

右投右打

 

◆内野手◆

【中尾晴樹(2年)】

生年月日2000年8月15日

出身中学・少年野球チーム
福岡 糸島市立前原東中
(ヤング・西福岡メッツ)

身長175cm 体重66kg

右投右打

 

◆内野手◆

【渡邉陸(3年)】

生年月日2000年4月16日

出身中学・少年野球チーム
下関市立文洋中

身長170cm 体重69kg

右投右打

 

◆内野手◆

【児玉裕大(2年)】

出身中学・少年野球チーム
広島市立口田中
(ヤング UG広島)

身長175cm 体重64kg

右投右打

 

◆外野手◆

【中島隆徳(3年)】

出身中学・少年野球チーム
下関市立東部中

身長170cm 体重83kg

右投右打

 

◆外野手◆

【杉田大和(3年)】

生年月日2000年10月16日

出身中学・少年野球チーム
山陽小野田市立竜王中
(ヤング・下関マリナーズ)

身長169cm 体重60kg

右投左打



スポンサーリンク


 

 

下関国際 戦力分析

 
昨夏甲子園初出場を果たした下関国際は、初戦で三本松(香川)に負けたものの、新チームには全国の舞台を経験したベンチ入り13人が残りエースで四番の鶴田克樹投手を中心に個々の能力の高さを発揮してきました。

ここからは、力強い打撃で県大会を優勝、中国大会で準優勝し初めてのセンバツ出場を決めた下関国際の戦力分析をしていきます。

【高校野球】秋季山口県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季中国地区大会 速報・結果

 

 
下関国際のスポーツ紙の評価ですが、どこも評価ですね。

≪下関国際 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
続いて昨秋の下関国際の公式戦成績
 

≪昨秋の公式戦 下関国際の成績≫

【試合数】  10

【勝利・敗戦】9勝1敗

【得点】   9.2

【失点】   2.4

【打率】   .343

【本塁打】  1

【犠打飛】  12

【盗塁】   21

【失策】   8

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
下関国際の昨秋のチーム打率は.343.
出場校中4位の1試合平均9.2得点と攻撃力が高く山口大会では6試合で60得点、中国大会も4試合32得点。

県大会から犠打はほとんどなく相手バッテリーを揺さぶる積極的な走塁やエンドランを駆使して何度もビッグイニングを作りました。

一番 濵松晴天主将と二番 甲山達也選手が流れをつくりクリーンアップにつなぎ、下位打線の打率も3割を超えるなど切れ目のない打線で着々と得点を稼ぎます。

四番 鶴田克樹選手は身長180センチ、体重95キロの体を生かしたパンチ力が魅力で昨秋の公式戦での打率は.350と好調をキープ。
エースとしても中国大会4試合をほぼ一人で投げ抜きました。

長身から投げ下ろす角度のある最速141キロのストレートに加え、変化球でうまく打たせて取る術も身に着けている右腕は、四死球も少なく自滅しない投球が魅力。

投手陣は他に夏の山口大会でエースナンバーを背負った左腕 吉村英也選手も控えており、春は”右左二枚看板”の活躍に期待がかかります。

また、下関国際はバックの守りも堅く濵松選手と甲山選手の二遊間コンビの守備は鉄壁、昨夏の甲子園にも立っており経験も豊富な選手たちです。

2季連続甲子園出場を果たした下関国際は、全国の舞台を経験したメンバーが中心となり積極攻撃と堅守を武器に県大会、中国大会を勝ち上がってきました。

しかし中国大会決勝では終盤、おかやま山陽の勢いを止められず、あと少しというところで大逆転負けを喫し、悔しい思いをしましたね。

この悔しさを糧にチーム一丸となって、さらなる攻撃力の向上を目指している下関国際。
冬場は1日2千スイングをノルマとし、例年以上に投手の球を打ち込んできました。

また、中国大会決勝で精神面の弱さを痛感し冬場の練習に励んできた選手たちは部員37人がそろって設定タイム内で走り切るまで続けるという800メートル走で苦しさを共有し連帯感が高まったといいます。

甲子園では打力で勝機を探る下関国際、初のセンバツではレベルアップした姿を見せてくれるでしょう。
 

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク


 

 - Sports