選抜高校野球 2018 星稜のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

今回は北信越大会準優勝の星稜(石川)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 
【正式名称】 星稜高等学校

【全校生徒数】1821人(女子905人)

【野球部員数】50人

【主な卒業生】
湯上谷竑志(元ダイエー内野手)
音重鎮(元中日、広島外野手)
村松有人(ソフトバンクコーチ)
松井秀喜(元巨人、ヤンキース外野手)
山本省吾(ソフトバンクスカウト)
高木京介(巨人投手)
島内宏明(楽天外野手)
西川健太郎(元中日投手)
岩下大輝(ロッテ投手)
北村拓己(巨人内野手)

 
 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【林和成】

生年月日 1975年7月23日

石川県出身

2017年8月より監督に就任。
(中村好治総監督は昨夏限りで退任。)

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【奥川恭伸(2年)】

生年月日2001年4月16日

出身中学・少年野球チーム
かほく市立宇ノ気中

身長182cm 体重78kg

右投右打

 

◆捕手◆

【山瀬慎之助(2年)】

生年月日 2001年5月4日

出身中学・少年野球チーム
かほく市立宇ノ気中

身長176cm 体重83kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【福本陽生(2年)】

生年月日2002年3月21日

出身中学・少年野球チーム
東京 世田谷区立緑丘中
(東練馬シニア)

身長170㎝ 体重75kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【佐々木光希(3年)】

生年月日2000年7月23日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 三田市立ゆりのき台中
(三田シニア)

身長168cm 体重68kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【南保良太郎(3年)】

生年月日2000年11月21日

出身中学・少年野球チーム
私立星稜中

身長175cm 体重74kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【東海林航介(2年)】

生年月日2001年10月24日

出身中学・少年野球チーム
私立星稜中

身長180cm 体重72kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【平野慎太郎(3年)】

生年月日2000年4月7日

出身中学・少年野球チーム
金沢市立野田中
(金沢シニア)

身長174cm 体重74kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【鯰田啓介(3年)】

生年月日2000年8月23日

出身中学・少年野球チーム
宝達志水町立宝達中
(石川ボーイズ)

身長171cm 体重67kg

左投左打

 

◆右翼手◆

【竹谷理央(3年・主将)】

生年月日2000年8月31日

出身中学・少年野球チーム
小松市立松陽中

身長173cm 体重78kg

右投左打

 

◆投手◆

【山口来聖(3年)】

生年月日2001年1月14日

出身中学・少年野球チーム
金沢市立兼六中

身長174cm 体重74kg

左投左打

 

◆投手◆

【河村俊平(3年)】

生年月日 2000年11月20日

出身中学・少年野球チーム
私立星稜中

身長171cm 体重70kg

右投右打

 

◆投手◆

【佐藤海心(3年)】

生年月日2000年12月7日

出身中学・少年野球チーム
岐阜 高山市立久々野中
(飛騨高山ボーイズ)

身長174cm 体重67kg

右投左打

 

◆捕手◆

【西岡秀太(3年)】

生年月日2000年7月20日

出身中学・少年野球チーム
富山 氷見市立北部中

身長177cm 体重77kg

右投右打

 

◆内野手◆

【河井陽紀(3年)】

生年月日2000年4月9日

出身中学・少年野球チーム
私立星稜中

身長175cm 体重75kg

右投右打

 

◆内野手◆

【竹中健太(3年)】

生年月日2000年5月5日

出身中学・少年野球チーム
私立星稜中

身長171cm 体重74kg

右投右打

 
 

◆外野手◆

【国本憲辰(3年)】

生年月日2000年11月10日

出身中学・少年野球チーム
京都市立洛南中
(南山城ボーイズ)

身長178cm 体重77kg

右投右打

 

◆外野手◆

【岡田大響(2年)】

生年月日2001年5月22日

出身中学・少年野球チーム
私立星稜中

身長178cm 体重75kg

左投左打

 

◆外野手◆

【宮村宙(3年)】

生年月日 2000年12月29日

出身中学・少年野球チーム
私立星稜中

身長184cm 体重92kg

左投左打



スポンサーリンク


 

 

星稜 戦力分析

 
秋は県大会で優勝、北信越大会決勝で日本航空石川に0-10で大敗しましたが13年ぶりにセンバツ出場を決めた星稜。

【高校野球】秋季石川県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季北信越地区大会 速報・結果

 

ちなみに星稜のスポーツ紙の評価は、すべて評価。

≪星稜 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
続いて昨秋の星稜の公式戦成績
 

≪昨秋の公式戦 星稜の成績≫

【試合数】  9

【勝利・敗戦】8勝1敗

【得点】   5.7

【失点】   3.1

【打率】   .316

【本塁打】  0

【犠打飛】  11

【盗塁】   19

【失策】   7

※ 得点と失点は1試合の平均

 
投手陣は2年生エース 奥川恭伸投手と2016年夏に甲子園のマウンドを経験し旧チームでもエースで三番を打った主将の竹谷理央投手の2枚看板。

140キロ台前半のストレートをテンポよく投げ込む竹谷投手は県大会中に右有鉤骨を痛めて手術し、準々決勝以降は打撃に専念。
センバツでは巻き返しを誓います。

北信越大会では、竹谷投手が登板できない中、直球に威力がある大型右腕 奥川投手が急成長。
北陸との初戦、富山国際大付との準決勝を完封し、自己最速の146キロをマークし注目されました。

他の投手も制球力が光る右腕 河村俊平投手や右横手投げの佐藤海心投手、多彩な変化球を駆使する左腕 山口来聖投手など実力派ぞろいです。

続いて打線。
県大会決勝では竹谷投手が登板できない中、日本航空石川につけられた最大6点差を逆転し優勝しましたが、主軸の竹谷選手がケガで固定できず打線の編成に苦労したようです。

星稜は竹谷選手の他にも旧チームから公式戦を経験している南保良太郎選手や鯰田啓介選手など主軸を打つ力のある選手がそろっていますが、
秋季公式戦の成績は、チーム打率.316、本塁打と0と例年のような打力が見られませんでした。

13年ぶりのセンバツ出場に向け、打力アップ、チーム力の底上げに取り組んでいる星稜。
冬を越え、どのようなチームに仕上がっているか楽しみです。

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク


 

 - Sports