選抜高校野球 2018 おかやま山陽のメンバー・戦力分析

      2018/03/22

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

今回は、春夏通じて初の甲子園出場を決めた おかやま山陽のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 

おかやま山陽について

 
【正式名称】 おかやま山陽高等学校

【全校生徒数】1078人(女子465人)

【野球部員数】69人
 
【主な卒業生】
仁科時成(元ロッテ投手)
藤井皓哉(広島投手)
 

 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【堤尚彦】

生年月日 1971年7月26日

兵庫県出身

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【有本雄大(3年)】

生年月日2000年11月27日

出身中学・少年野球チーム
笠岡市立新中

身長177cm 体重80kg

右投右打

 

◆捕手◆

【川上雅稀(3年)】

生年月日 2000年7月28日

出身中学・少年野球チーム
高梁市立川上中

身長171cm 体重81kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【井元将也(3年)】

生年月日2001年3月20日

出身中学・少年野球チーム
倉敷市立真備東中

身長179㎝ 体重80kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【利光康生(3年)】

生年月日2000年10月10日

出身中学・少年野球チーム
浅口市立金光中
(ヤング・倉敷ビガーズ)

身長162cm 体重60kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【宮地翔矢(3年)】

生年月日2000年4月21日

出身中学・少年野球チーム
広島 福山市立大門中

身長170cm 体重72kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【禰元太陽(3年・主将)】

生年月日2001年3月30日

出身中学・少年野球チーム
吉備中央町立加賀中
(早島ボーイズ)

身長172cm 体重62kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【小野凌(3年)】

生年月日2000年9月26日

出身中学・少年野球チーム
笠岡市立笠岡東中

身長163cm 体重58kg

左投左打

 

◆中堅手◆

【小野剛昌(3年)】

生年月日2000年5月21日

出身中学・少年野球チーム
倉敷市立倉敷第一中
(倉敷南ボーイズ)

身長171cm 体重70kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【森下浩弥(3年)】

生年月日2000年5月1日

出身中学・少年野球チーム
総社市立総社東中

身長178cm 体重75kg

左投左打

 

◆投手◆

【林勇作(2年)】

生年月日2001年8月16日

出身中学・少年野球チーム
倉敷市立郷内中
(ヤング・倉敷ピーチジャックス)

身長182cm 体重75kg

右投左打

 

◆投手◆

【小林甲斗(2年)】

生年月日 2001年11月9日

出身中学・少年野球チーム
笠岡市立笠岡西中

身長176cm 体重74kg

右投右打

 

◆捕手◆

【宮本大輝(2年)】

生年月日2001年4月26日

出身中学・少年野球チーム
真庭市立勝山中

身長173cm 体重65kg

右投右打

 

◆捕手◆

【小川皓大(3年)】

生年月日2000年11月7日

出身中学・少年野球チーム
倉敷市立真備東中

身長164cm 体重71kg

右投右打

 

◆内野手◆

【木村龍一朗(3年)】

生年月日2000年8月15日

出身中学・少年野球チーム
福山市立神辺西中

身長180cm 体重77kg

右投右打

 

◆内野手◆

【岡本大佑(3年)】

生年月日2000年4月16日

出身中学・少年野球チーム
岡山市立灘崎中
(ヤング・倉敷ビガーズ)

身長167cm 体重61kg

右投左打

 

◆外野手◆

【池田透生(3年)】

生年月日2000年4月20日

出身中学・少年野球チーム
笠岡市立笠岡東中

身長170cm 体重67kg

右投左打

 

◆外野手◆

【深田大誠(3年)】

生年月日 2000年10月21日

出身中学・少年野球チーム
岡山市立光南台中
(玉野シニア)

身長175cm 体重75kg

右投右打

 

◆外野手◆

【前田陸(3年)】

生年月日2000年5月9日

出身中学・少年野球チーム
倉敷市立倉敷北中
(吉備路ボーイズ)

身長166cm 体重70kg

右投左打



スポンサーリンク


 

 

岡山山陽 戦力分析

 
中国大会決勝で最大9点差を逆転し12-11で延長サヨナラ勝ちした おかやま山陽。
1試合平均8.3得点の強力打線で初優勝を飾り2季連続の甲子園出場を引き寄せました。

近年、急激に力をつけているこのチームの指揮官は、青年海外協力隊員としてジンバブエで野球を教えた経験がある堤尚彦監督。

堤監督は「マット運動がうまくない選手は野球も上手くならない」と練習にマット運動を取り入れるユニークな指導で知られています。

選手たちは冬場はパワーアップに重点を置き、マット運動のほかに外部トレーナーを招いた週1、2回の筋力トレーニング、タイヤ引きなど多彩なメニューで体を追い込んできましたが、その背景には昨年11月の明治神宮大会での経験があるといいます。

おかやま山陽は明治神宮大会1回戦で準優勝した創成館(長崎)と対戦し1-5で敗戦。
春夏通じて初出場だった昨夏の甲子園に続き初戦敗退に終わってしまいました。

堤監督いわく「強豪校と比べると体つきが大人と子どものようだった」そうで、全国レベルの好投手に打ち負けないための土台作りに努めてきました。


【高校野球】秋季岡山県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季中国地区大会 速報・結果


明治神宮大会 2017 (高校の部) 速報・結果

 
 
ここからは、おかやま山陽の戦力をみていきますが その前にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪おかやま山陽 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
どこも評価ですね。
 

 
続いて昨秋の おかやま山陽の公式戦成績を見てみます。
 

≪昨秋の公式戦 おかやま山陽の成績≫

【試合数】  12

【勝利・敗戦】10勝2敗

【得点】   8.1

【失点】   3.8

【打率】   .383

【本塁打】  7

【犠打飛】  31

【盗塁】   25

【失策】   14

※ 得点と失点は1試合の平均

 
おかやま山陽のエースは昨秋の公式戦 全12試合に登板した右腕 有本雄大投手。

140キロ近い直球を軸にカーブにスライダー、チェンジアップを駆使し相手打者に的を絞らせない投球を行い中国大会4試合(29回2/3)で防御率1.52と安定感を見せました。
特に準々決勝では県大会で優勝した岡山学芸館を下した高川学園(山口)を完封。
下関国際との決勝は乱戦になり、7回途中でリリーフして3失点したものの自責点は0。
その後の3回をほぼ完ぺきに抑え劇的逆転勝利を呼び込みました。

課題は2番手以降の投手陣。
ともに2年生右腕の林勇作投手と小林甲斗投手の成長に期待がかかります。
小林投手は鋭いスライダーが武器で中国大会決勝では4回1安打無失点と好投、重苦しい流れを一変させました。
また、左腕では変化球がキレる森下浩弥選手も控えています。
 

続いておかやま山陽の攻撃力を見ていきます。

中国大会では好機で打線がつながりチーム打率.383、計33得点。1試合平均8.1得点と攻撃力が高いです。

小野剛昌選手と利光康生選手の一、二番コンビは、ともに昨秋の公式戦打率が4割超、攻撃の起点となります。

打線の中心は夏から不動の三番 森下選手と四番 井元将也選手。
秋の県大会地区予選では森下選手、井元選手、五番の宮地翔矢選手ら中軸が勝負強さを発揮、3連発をマークしたこともありました。

また、六番 川上雅稀選手と九番 小野凌選手は中国大会で5割をマークするなど下位まで切れ目のない強力打線です。

中国大会 下関国際との決勝、一時9点差まで開いたゲームを追い上げ9回裏に5点差を追いつくと10回裏、途中出場の宮本選手のサヨナラ打で劇的な勝利を飾った おかやま山陽。
どんな逆境でも土壇場で底力を発揮し何か起こしてくれそうなチームですよね。

おかやま山陽は、昨夏の甲子園でベンチ入りした6選手が残っており、今回初出場となるセンバツでは8強入りを目指します。

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク


 

 - Sports