選抜高校野球 2018 日大山形のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

今回は36年ぶりにセンバツ出場を決めた日大山形のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 

日大山形について

 
【正式名称】 日本大学山形高等学校

【全校生徒数】1170人(女子411人)

【野球部員数】53人

【主な卒業生】
栗原健太(楽天コーチ)
奥村展征(ヤクルト内野手)
 

 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【荒木準也】

生年月日 1971年10月13日

山形県出身

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【佐藤洸太(3年)】

生年月日2000年11月20日

出身中学・少年野球チーム
中山町立中山中
(山形中央シニア)

身長182cm 体重70kg

右投右打

 

◆捕手◆

【渡部雅也(2年)】

生年月日 2001年9月12日

出身中学・少年野球チーム
福島 相馬市立中村第一中
(仙台南シニア)

身長182cm 体重82kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【鹿野航生(2年)】

生年月日2001年5月24日

出身中学・少年野球チーム
山形市立蔵王第一中
(山形東部ボーイズ)

身長173㎝ 体重64kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【齋藤史弥(3年・主将)】

生年月日2001年2月7日

出身中学・少年野球チーム
鶴岡市立鶴岡第四中
(酒田シニア)

身長176cm 体重75kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【髙橋殿馬(3年)】

生年月日2000年6月19日

出身中学・少年野球チーム
真室川町立真室川中
(新庄シニア)

身長168cm 体重59kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【西島好亮(2年)】

生年月日2001年5月18日

出身中学・少年野球チーム
宮城 仙台市立七北田中
(仙台泉ボーイズ、いわきボーイズ)

身長172cm 体重62kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【竹田空良(3年)】

生年月日2000年4月28日

出身中学・少年野球チーム
高畠町立第四中
(米沢シニア)

身長165cm 体重56kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【橋本魁(2年)】

生年月日2001年9月7日

出身中学・少年野球チーム
山形市立第十中
(山形ボーイズ)

身長173cm 体重66kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【佐藤亘(3年)】

生年月日2000年6月11日

出身中学・少年野球チーム
河北町立河北中

身長184cm 体重80kg

右投左打

 

◆投手◆

【田中涼大(3年)】

生年月日2000年4月16日

出身中学・少年野球チーム
山形市立第一中
(山形ボーイズ)

身長174cm 体重65kg

左投左打

 

◆投手◆

【近藤晧介(3年)】

生年月日 2000年7月6日

出身中学・少年野球チーム
秋田 にかほ市立象潟中
(本荘由利シニア)

身長173cm 体重87kg

左投左打

 

◆投手◆

中坪豪汰(3年)】

生年月日2000年7月24日

出身中学・少年野球チーム
神奈川 横浜市立霧が丘中
(横浜瀬谷ボーイズ)

身長168cm 体重65kg

右投右打

 

◆捕手◆

【水戸隼(3年)】

生年月日2000年10月22日

出身中学・少年野球チーム
東根市立第一中
(寒河江ボーイズ)

身長172cm 体重67kg

右投左打

 

◆捕手◆

【信田拓人(3年)】

生年月日2000年5月1日

出身中学・少年野球チーム
中山町立中山中

身長168cm 体重80kg

右投右打

 

◆内野手◆

【榎本陸人(3年)】

生年月日2001年1月24日

出身中学・少年野球チーム
山形市立第一中
(山形シニア)

身長168cm 体重65kg

右投右打

 
 

◆内野手◆

【吉岡俊英(3年)】

生年月日2000年8月5日

出身中学・少年野球チーム
宮城 角田市立角田中
(仙台南シニア)

身長175cm 体重65kg

右投右打

 

◆外野手◆

【山田一登(3年)】

生年月日2000年8月15日

出身中学・少年野球チーム
山形市立第六中
(山形ボーイズ)

身長173cm 体重72kg

右投右打

 

◆外野手◆

【後藤幹弥(3年)】

生年月日 2000年8月18日

出身中学・少年野球チーム
寒河江市立陵南中

身長173cm 体重69kg

右投右打



スポンサーリンク


 

 

日大山形 戦力分析

 

昨秋は山形県第3代表から東北大会4強で夏春連続甲子園出場を決めた日大山形。
4年ぶりに出場した昨夏の甲子園では明徳義塾に初戦敗退しています。

36年ぶりのセンバツ出場を決めた今大会では、まずは1勝に期待したいです。

【高校野球】秋季山形県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季東北地区大会 速報・結果

 

日大山形のスポーツ紙の評価はコチラ。

≪日大山形 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
続いて昨秋の日大山形の公式戦成績です。
 

≪昨秋の公式戦 日大山形の成績≫

【試合数】  8

【勝利・敗戦】6勝2敗

【得点】   5.6

【失点】   2.4

【打率】   .272

【本塁打】  2

【犠打飛】  14

【盗塁】   9

【失策】   6

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
まずは投手陣から戦力分析。

東北大会で大黒柱となったのが佐藤洸太投手。
最速136キロ、スライダーカーブ、チェンジアップの精度は高く、県大会ではわずか1イニングのみの登板でしたが、東北大会 学法石川との1回戦3回途中からマウンドに上がると無失点に抑える好投。
2回戦では仙台育英に完封勝利、準々決勝でも先発で点を与えず3試合で計22回1/3を無失点に抑えました。

また、1年生から経験を積み昨夏の甲子園のマウンドも踏んでいる左腕 近藤晧介投手や、東北大会でエースナンバーをつけたサウスポー 田中涼太投手、公式戦はまだ1/3しか投げていないものの身体能力の高い中坪豪汰投手らも控えています。

打線は、旧チームでも三番を打った齋藤史弥主将、長打力のある佐藤亘選手、勝負強い渡部雅也選手のクリーンアップを中心に機能。
選球眼が良い六番 西島好亮選手は打率.385、チームトップの7打点をマーク、九番 橋本魁選手も打率.381を残し、一、二番へのつなぎ役として機能していますが、
昨秋の公式戦のチーム打率は.272と高くないことから冬場は攻撃力アップを目指して練習に励んでいるといいます。

冬を越え、どのようなチームになっているでしょうか。楽しみです。

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク

 - Sports