選抜高校野球 2018 三重のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

今回は4年ぶりに選抜出場を決めた三重のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 
【正式名称】 三重高等学校

【全校生徒数】1683人(女子737人)

【野球部員数】97人

【主な卒業生】
水谷孝(元阪急投手)
水谷新太郎(元ヤクルト内野手)
清水昭信(元中日投手)
加藤匠馬(中日捕手)
 
 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【小島紳】

生年月日 1989年4月30日

愛知県出身

2017年8月より監督に就任。
(中村好治総監督は昨夏限りで退任。)

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【定本拓真(3年・(主将)】

生年月日2000年8月5日

出身中学・少年野球チーム
大阪 八尾市立大正中
(大阪八尾ボーイズ)

身長181cm 体重85kg

左投左打

 

◆捕手◆

【東亮汰(3年)】

生年月日 2000年4月19日

出身中学・少年野球チーム
伊勢市立港中
(伊勢志摩ボーイズ)

身長172cm 体重75kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【桐田享弥(3年)】

生年月日2000年8月30日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 神戸市立本山南中
(甲子園シニア)

身長181㎝ 体重74kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【曲孝史朗(3年)】

生年月日2000年6月21日

出身中学・少年野球チーム
松阪市立久保中
(松阪シニア)

身長172cm 体重72kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【前出健汰(2年)】

生年月日2001年5月20日

出身中学・少年野球チーム
松阪市立嬉野中
(松阪梅村シニア)
身長176cm 体重70kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【井上裕斗(3年)】

生年月日2000年10月31日

出身中学・少年野球チーム
京都 木津川市立木津第二中
(奈良シニア)

身長174cm 体重64kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【伊藤陸(2年)】

生年月日2001年11月22日

出身中学・少年野球チーム
松阪市立久保中

身長176cm 体重79kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【梶田蓮(3年)】

生年月日2000年11月22日

出身中学・少年野球チーム
大阪 八尾市立久宝寺中
(大阪八尾ボーイズ)

身長170cm 体重65kg

右投左打

 

◆右翼手◆

【浦口輝(3年)】

生年月日2000年6月11日

出身中学・少年野球チーム
松阪市立鎌田中
(三重ゼッツヤング)

身長174cm 体重67kg

右投左打

 

◆投手◆

【山本大雅(3年)】

生年月日2000年10月10日

出身中学・少年野球チーム
南伊勢町立南勢中
(伊勢志摩ボーイズ)

身長177cm 体重76kg

右投右打

 

◆投手◆

【福田桃也(3年)】

生年月日 2000年4月19日

出身中学・少年野球チーム
大阪市立淀中
(西淀川シニア)

身長177cm 体重72kg

右投右打

 

◆投手◆

【吉井洸輔(3年)】

生年月日2000年6月5日

出身中学・少年野球チーム
松阪市立西中
(松阪シニア)

身長171cm 体重68kg

左投左打

 

◆内野手◆

【大川翔也(3年)】

生年月日2000年5月1日

出身中学・少年野球チーム
いなべ市立北勢中
(菰野ボーイズ)

身長175cm 体重72kg

左投左打

 

◆内野手◆

【古屋陽登(3年)】

生年月日2000年6月29日

出身中学・少年野球チーム
四日市立笹川中
(四日市南ボーイズ)

身長173cm 体重63kg

右投右打

 

◆内野手◆

【田上哲平(3年)】

生年月日2000年7月30日

出身中学・少年野球チーム
松阪市立飯南中
(松阪梅村シニア)

身長163cm 体重60kg

右投右打

 
 

◆内野手◆

【山本祐生(3年)】

生年月日2000年6月10日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 加古川市立別府中
(兵庫 加古川ヤング)

身長170cm 体重68kg

右投左打

 

◆外野手◆

【森敦生(3年)】

生年月日2000年7月4日

出身中学・少年野球チーム
大阪 大阪市立松虫中
(住吉大和川シニア)

身長173cm 体重75kg

右投左打

 

◆外野手◆

【押田果威斗(3年)】

生年月日 2001年1月22日

出身中学・少年野球チーム
伊勢市立厚生中

身長164cm 体重57kg

左投左打



スポンサーリンク


 

 

三重 戦力分析

 
昨秋の県大会は強豪の菰野、いなべ総合を破り優勝した三重。
東海大会準々決勝で大垣西に完封勝ちしましたが、準決勝では東邦を9回二死走者なしまで追いこみながら勝利目前で無念の逆転負けを喫しました。

【高校野球】秋季三重県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季東海地区大会 速報・結果

 
ちなみに三重のスポーツ紙の評価はコチラ

≪三重 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
続いて昨秋の三重の公式戦成績
 

≪昨秋の公式戦 三重の成績≫

【試合数】  9

【勝利・敗戦】8勝1敗

【得点】   7.8

【失点】   3.1

【打率】   .319

【本塁打】  3

【犠打飛】  13

【盗塁】   16

【失策】   12

※ 得点と失点は1試合の平均

 
投手陣は最速145キロ エースの定本拓真投手を筆頭に、低めへの制球が光る右横手の福田桃也投手、キレのあるストレートとスライダーが武器の山本大雅投手、左の吉井洸輔投手とタイプの違う4投手が中心。

福田投手は東海大会準々決勝の大垣西戦で1安打完封して好スタートを切りましたが、準決勝の東邦戦では守備が失策と乱れた上に6盗塁を許し痛い失点を重ねました。
定本投手が救援登板するも19球中ストライクは9球だけで2暴投、1死しか取れず降板。打線が奮起したものの最後は山本大雅投手が逆転2ランを浴びてしまいました。

秋に本調子ではなかった定本投手が気になりますがフォームを修正し本来の球威が戻ってきたといいますからセンバツでは期待できそうです。

打線は、上位から下位まで力のある選手がそろっています。
50メートル走6秒0の俊足の一番 梶田蓮選手はミートに優れた打撃が持ち味で二番 浦口輝選手、三番 曲孝史朗選手は盤石。

しかし秋は四番を固定できずにいました。
四番候補は伊藤陸選手、大川翔也選手、森敦生選手、センバツまでに固定できれば打線の厚みが増します

 
強力打線に加え今年は投手もそろっている三重。
センバツでは上位進出が期待されます。

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク


 

 - Sports