選抜高校野球 2018【優勝候補!?】明秀学園日立のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

例年よりも4校多い36校が出場する今大会では、明治神宮大会王者の明徳義塾(高知)や、史上3校目の春連覇に挑戦する大阪桐蔭が注目を集めそうです。

今大会は明徳義塾と大阪桐蔭が優勝候補の筆頭に挙げられるでしょうが、対抗馬に挙がる有力校にも期待がかかります。

今回、優勝を狙える有力校に挙げたのは明秀学園日立(茨城)。

2012年に就任した名将 金沢成奉監督のもと今秋は関東大会準優勝と大きな成果を挙げ春夏通じて初の甲子園出場を決めました。

ここからは、明秀学園日立のメンバーや戦力分析についてまとめました。


スポンサーリンク


 

 

明秀学園日立について

 

【正式名称】 明秀学園日立高等学校

【全校生徒数】1097人(女子421人)

【野球部員数】69人

【主な卒業生】
細川成也(DeNA外野手)
大原慎司(元DeNA投手)
 
 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【金沢成奉】

生年月日 1966年8月17日

大阪府出身

金沢成奉監督は前任の光星学院(現八戸学院光星)で春夏通じて甲子園に8回導き巨人の坂本勇人選手や阪神の北條史也らをプロに送り出した実績のある名将。

 

 

※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【細川拓哉(3年)】

生年月日2000年4月6日

出身中学・少年野球チーム
北茨城市立中郷中
(いわきシニア)

身長175cm 体重75kg

右投右打

 

◆捕手◆

【髙田光基(3年・主将)】

生年月日 2000年8月2日

出身中学・少年野球チーム
東大阪市立新喜多中
(東大阪布施ボーイズ)

身長170cm 体重70kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【池田陵人(3年)】

生年月日2000年4月2日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 加古川市立平岡中
(神戸中央シニア)

身長180㎝ 体重71kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【芳賀大成(3年)】

生年月日2000年7月21日

出身中学・少年野球チーム
福島棚倉町立棚倉中
(福島南部シニア)

身長170cm 体重69kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【鈴木翔太(3年)】

生年月日2000年9月1日

出身中学・少年野球チーム
福島 塙町立塙中
(福島南部シニア)

身長170cm 体重68kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【増田陸(3年・主将)】

生年月日2000年6月17日

出身中学・少年野球チーム
大阪市立春日出中
(大阪福島シニア)

身長178cm 体重72kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【山口快斗(3年)】

生年月日2000年8月18日

出身中学・少年野球チーム
鳥取市立南中
(鳥取中央シニア)

身長176cm 体重74kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【岩田侑大(3年)】

生年月日2000年7月23日

出身中学・少年野球チーム
大阪市立井高野中
(大阪東淀川ボーイズ)

身長171cm 体重63kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【北野凱士(2年)】

生年月日2001年12月24日

出身中学・少年野球チーム
和歌山市立河北中
(和歌山ボーイズ)

身長172cm 体重66kg

右投左打

 

◆投手◆

【長尾巧(3年)】

生年月日2000年9月30日

出身中学・少年野球チーム
大阪 堺市立浜寺中
(大阪狭山ボーイズ)

身長171cm 体重67kg

右投右打

 

◆投手◆

【上野雄大(3年)】

生年月日 2000年5月7日

出身中学・少年野球チーム
東京 大田区立羽田中

身長187cm 体重77kg

右投右打

 

◆捕手◆

【鈴木慧人(2年)】

生年月日2001年4月30日

出身中学・少年野球チーム
宮城 大崎市立古川中
(宮城仙北ボーイズ)

身長169cm 体重69kg

右投右打

 

◆内野手◆

【砂子流星(3年)】

生年月日2000年5月1日

出身中学・少年野球チーム
大阪 吹田市立第三中
(吹田シニア)

身長165cm 体重51kg

右投左打

 

◆内野手◆

【安田翔梧(3年)】

生年月日2000年7月30日

出身中学・少年野球チーム
大阪市立阿倍野中
(生駒ボーイズ)

身長176cm 体重68kg

右投右打

 

◆内野手◆

【石原亘輝(3年)】

生年月日2000年5月6日

出身中学・少年野球チーム
大阪市立大桐中
(ヤング・大阪球道)

身長171cm 体重71kg

右投右打

 

◆内野手◆

【有住昴大(3年)】

生年月日2000年8月4日

出身中学・少年野球チーム
山形市立第七中

身長176cm 体重73kg

左投左打

 

◆内野手◆

【佐伯尚吾(3年)】

生年月日2001年1月5日

出身中学・少年野球チーム
桜川市立岩瀬東中
(真岡ボーイズ)

身長172cm 体重65kg

右投右打

 

◆内野手◆

【山本純也(3年)】

生年月日 2000年6月16日

出身中学・少年野球チーム
大阪市立井高野中

身長169cm 体重56kg

右投右打

 


スポンサーリンク


 

 

明秀学園日立 戦力分析

 
昨秋は2年連続で県大会を制し関東大会では準優勝を飾った明秀学園日立。

前任の光星学院(現八戸学院光星)で実績を残してきた金沢成奉監督が2012年9月に就任し着実に力をつけてきました。

秋季関東大会では初戦から準決勝まですべて逆転勝ち。
1回戦は5回表に4点、準々決勝では4回裏に6点といずれもビッグイニングを作っています。
そして、準決勝では3点を追う9回表に八番 北野凱士選手の2点適時打に続いて一番 増田陸選手が左翼席へ2ラン、土壇場で試合をひっくり返しました。

【高校野球】秋季茨城県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季関東地区大会 速報・結果

 

まずは、昨秋の公式戦成績から明秀学園日立の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 明秀学園日立の成績≫

【試合数】  10

【勝利・敗戦】9勝1敗

【得点】   8.1

【失点】   3.5

【打率】   .353

【本塁打】  6

【犠打飛】  26

【盗塁】   20

【失策】   6

※ 得点と失点は1試合の平均

 

金沢監督率いる明秀学園日立は投打にバランスがとれたチーム。

投手陣をけん引するのはエースの細川拓哉投手。
同校OB 細川成也選手の(現DeNA)2歳下の弟としても注目を集めています。

細川拓哉選手は中学まで内野手でしたが金沢監督に地肩の強さを買われ高校から本格的に投手に転向。

投球術や細かい制球力という点ではまだまだ課題もありますが最速144キロの直球と空振りを奪えるスライダーを武器に昨秋の関東大会では準決勝までの3試合で先発、準優勝に大きく貢献しました。

また、中央学院との関東大会決勝で先発した上野雄大投手は187㎝、77キロの恵まれた体格から投げ下ろすストレートが武器でこれからの成長が楽しみな投手。

バッターの指導に長けた金沢監督を迎えて強豪の仲間入りをした明秀学園日立。
打線は関東大会で2本の本塁打を放った一番 増田陸選手、三番 池田陵人選手、四番 芳賀大成選手、五番 細川拓哉投手ら強力打線がチームを引っ張ります。

初球から積極的に振っていく一番 増田選手が打線に勢いをつけ勝負強さが光るクリーンアップでランナーを返すのが得点パターン。

左打者の四番 芳賀選手は引っ張りだけでなくアウトコースをレフト方向にミートする巧さを備えヒットゾーンが広いのが強みですが、
二塁から捕手へのコンバートも予定されており打撃にどう影響が出るかが気になるところです。

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪明秀学園日立 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

明秀学園日立のスポーツ紙の評価ですが、スポニチ、サンスポ、中日はと高評価。
 


スポンサーリンク


 

 

まとめ

 
春夏通じて悲願の甲子園初出場を決めた明秀学園日立。

スポーツ紙の評価は分かれていましたが、打撃陣は能力の高い選手が多く優勝を狙えるのではないでしょうか。
選抜でもその活躍が期待されます。

 
3月23日から開催される第90回記念選抜高校野球。
延長12回まで同点の場合、13回から無死一、二塁の継続打順のタイブレークが導入される今大会ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。

 

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!

 


スポンサーリンク

 - Sports