選抜高校野球 2018 彦根東のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

今回は昨秋の県大会3位から近畿大会で初戦突破して8強進出、9年ぶりのセンバツ出場を決めた彦根東(滋賀)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 

彦根東について

 
【正式名称】 滋賀県立彦根東高等学校

【全校生徒数】961人(女子409人)

【野球部員数】47人
 

 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【村中隆之】

生年月日 1968年5月23日

滋賀県出身

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【増居翔太(3年)】

生年月日2000年5月25日

出身中学・少年野球チーム
彦根市立稲枝中

身長171cm 体重64kg

左投左打

 

◆捕手◆

【髙内希(3年)】

生年月日 2001年2月19日

出身中学・少年野球チーム
近江八幡市立安土中
(滋賀野洲ボーイズ)

身長176cm 体重76kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【山岡右京(2年)】

生年月日2001年5月14日

出身中学・少年野球チーム
長浜市立高月中
(湖北ボーイズ)

身長176㎝ 体重62kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【朝日晴人(3年)】

生年月日2000年12月21日

出身中学・少年野球チーム
大津市立青山中
(草津シニア)

身長170cm 体重66kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【川嶋清太(2年)】

生年月日2001年10月22日

出身中学・少年野球チーム
近江八幡市立八幡東中
(甲賀シニア)

身長173cm 体重62kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【今井怜央(3年・主将)】

生年月日2001年3月20日

出身中学・少年野球チーム
盛山市立明富中
(ヤング・滋賀ヤングスターズ)

身長167cm 体重66kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【岡上士門(3年)】

生年月日2001年1月25日

出身中学・少年野球チーム
草津市立老上中

身長171cm 体重69kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【野嵜重太(3年)】

生年月日2000年9月28日

出身中学・少年野球チーム
日野町立日野中

身長169cm 体重68kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【宇野圭一郎(3年)】

生年月日2000年7月23日

出身中学・少年野球チーム
近江八幡市立八幡東中

身長176cm 体重66kg

右投右打

 

◆投手◆

【原功征(3年)】

生年月日2000年12月28日

出身中学・少年野球チーム
近江八幡市立八幡中

身長167cm 体重65kg

左投左打

 

◆投手◆

【嶋﨑詠(3年)】

生年月日 2000年8月4日

出身中学・少年野球チーム
長浜市立湖北中

身長170cm 体重70kg

左投左打

 

◆捕手◆

【中川響(3年)】

生年月日2000年9月24日

出身中学・少年野球チーム
彦根市立稲枝中

身長174cm 体重65kg

右投右打

 

◆捕手◆

【井上人太(2年)】

生年月日2001年8月22日

出身中学・少年野球チーム
彦根市立中央中

身長168cm 体重68kg

右投右打

 

◆内野手◆

【中谷凌(2年)】

生年月日2001年7月31日

出身中学・少年野球チーム
草津市立新堂中
(滋賀栗東ボーイズ)

身長176cm 体重71kg

左投左打

 

◆内野手◆

【西田乗斗(2年)】

生年月日2001年9月8日

出身中学・少年野球チーム
東近江市立朝桜中
(甲賀シニア)

身長176cm 体重67kg

右投右打

 
 

◆内野手◆

【北村駿(3年)】

生年月日2000年5月9日

出身中学・少年野球チーム
近江八幡市立安土中

身長173cm 体重65kg

右投右打

 

◆外野手◆

【永井結登(3年)】

生年月日2000年7月28日

出身中学・少年野球チーム
彦根市立中央中

身長165cm 体重61kg

右投右打

 

◆外野手◆

【川口瞭介(2年)】

生年月日 2002年4月1日

出身中学・少年野球チーム
福井 敦賀市立松陵中
(湖北ボーイズ)

身長169cm 体重65kg

右投右打



スポンサーリンク


 

 

彦根東 戦力分析

 
滋賀県大会3位、近畿大会で初戦突破して8強進出した彦根東。
昨夏は悲願の甲子園初勝利、今春のセンバツは2季連続で全国のステージに立ちます。

【高校野球】秋季滋賀県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季近畿地区大会 速報・結果

 
 

ちなみに彦根東のスポーツ紙の評価はコチラ。

≪彦根東 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
続いて昨秋の彦根東の公式戦成績
 

≪昨秋の公式戦 彦根東の成績≫

【試合数】  7

【勝利・敗戦】5勝2敗

【得点】   7.1

【失点】   2.6

【打率】   .358

【本塁打】  1

【犠打飛】  12

【盗塁】   6

【失策】   4

※ 得点と失点は1試合の平均

 
投手陣の大黒柱は旧チームから主戦を務めてきた左腕エース 増居翔太投手。
 
小柄ながら球持ちが良くコーナーに丁寧に投げきる投球センスでピンチでも表情をほとんど変えず冷静なマウンドさばきを見せる経験豊富な左腕ですが夏の甲子園以降は不調に苦しみました。
昨秋は制球も定まらない不安を抱えつつ何とか近畿大会へとコマを進めましたが、近畿大会では県内屈指のライバル近江との準々決勝で粘り強い投球を見せましたが1点差に泣きました。
 
同じく左腕の原功征投手も旧チームからベンチ入りし経験値は高く、もう一人の左腕 嶋﨑詠投手は低めに丁寧に集めゴロの山を築いていきます。
 
また、捕手の髙内希選手と二塁手の朝日晴人選手は投手もできるそうで、彦根東では限られた戦力の中で普段から正規のポジション以外に可能性のあるポジションも練習しているそうです。
 
 
さて、昨夏の甲子園を経験したメンバーから残ったレギュラーは、エース増居投手と控え左腕の投手、そして一番打者の朝日選手の3人のみ。
野手はほぼ入れ替わったため新チーム結成時の課題は攻撃面の強化でした。
 

打線の軸となるのは、
昨秋、4割を超える打率でチャンスを作った朝日選手と打率5割超えの二番 宇野圭一郎選手。
そして、三番 野嵜重太選手と四番 髙内希選手の中軸コンビも勝負強さを発揮しています。
 
 

2季連続の甲子園に向けチームの底上げを図る彦根東、センバツではどこまで勝ち進むことができるでしょうか、注目です。

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク


 

 - Sports